鈴木優希(すずきゆうき)| LGBTトランスジェンダー(FTM)

LGBT・トランスジェンダー(FTM)🏳️‍🌈41歳 元女性で今は男性に戸籍変更。10代の頃から性別に悩み、ホルモン治療や性転換手術を受けました。これまでの経験からLGBTQやオナベバーのことを書いていきます。 LGBT社会人交流会「BRUSH UP」主催、講師もしています^^

鈴木優希(すずきゆうき)| LGBTトランスジェンダー(FTM)

LGBT・トランスジェンダー(FTM)🏳️‍🌈41歳 元女性で今は男性に戸籍変更。10代の頃から性別に悩み、ホルモン治療や性転換手術を受けました。これまでの経験からLGBTQやオナベバーのことを書いていきます。 LGBT社会人交流会「BRUSH UP」主催、講師もしています^^

    最近の記事

    • 固定された記事

    鈴木優希の自己紹介

    鈴木優希(すずきゆうき) 生まれた時の名前 鈴木英理子(すずきえりこ) 1980.12.21生まれ 愛知県名古屋市中村区で生まれ育つ 豊臣小学校 日々津中学校 山田高校 中退 科学技術学園高等学校通信制課程 名古屋美容専門学校卒業 美容師免許所得 美容学校入学で、一人暮らしを始めるまで 公務員の父 専業主婦の母 珠算塾を営む祖父と祖母  2つ上の姉と7つ下の弟と暮らす。 性別の違和感は、幼稚園の頃。 好きな人は、幼稚園の女の先生だった事をハッキリ覚えている。 そ

      • 大切なものは変わる。

        僕はLGBT。女から男に性別を変えて生きている鈴木優希 1980年生まれの42歳。仕事は同じFTMの子を主に雇用したBARを地元名古屋で2軒経営している。 僕の願いは、 昔は男になること。 その次は、彼女を作ること。 そこからは、長い間恋愛が全てだった。 小、中、高校で出来なかった「青春」を取り戻すべく、 男として遊びたい!モテたい! 23歳くらいの時、やっと家族に「性同一性障害であること」をカミングアウトしたことで、一気にタガが外れた僕は欲望のままに乱れた時期を長く過

        • 人生は修行

          僕はトランスジェンダー。生まれた性別の女から心の性別である男に戸籍を変えて生きているFTMトランスジェンダー 鈴木優希 1980年生まれの42歳。 性別に悩んだ時からの変化 生まれて物心がついてからずっと僕の悩みは性別に関することだった。 性別の違和感。身体を変える為の事。将来の事。恋愛。家族へのカミングアウト・・・などなど 心と体の性別が違う「性同一性障害」の僕は何をするにもこの悩みがついてまわった。 長い長い間そんな時期を過ごした。 カミングアウト後、ガイドライン

          • トランスジェンダーが身体を変えるリスク

            僕はLGBT。生まれた時は女だった。今は戸籍を変えて男として生きるトランスジェンダー。1980年生まれの42歳。 物心がついてからずっと自分の性別に違和感を感じていた。 「男に生まれてきたかった。」から「男になりたい!」へ 男に生まれてきたら良かったと思わなかった日はなかった。 でも僕はそれが出来ないこともわかっていた。 自分が女で存在していることは理解していたから、心の中だけで男だったら..と想像するだけだった。 それが中学生のころ、「オナベ」と呼ばれる人がいる

            去る人、残る人。LGBT水商売事情。

            僕はLGBT。女で生まれて男として生きているFTMトランスジェンダー。1980年生まれ。鈴木優希。 LGBTを取り囲む夜の街の現状僕の世代はLGBTなどという言葉はなく、僕たちトランスジェンダーは「オナベ」「オカマ」と呼ばれていた。 女から男になるFTM。男から女になるMTF。 居場所は「夜の世界」にしかない。そんな時代だった。 僕も自分が性別違和を確信した時、居場所を求めさまよったのは「東京」「二丁目」「歌舞伎町」のオナベバーだった。 小学生か中学生の頃にオナベバーで働

            誰にも否定する権利はない。

            僕はLGBTのT。生まれた時は女だったが性別適合手術を受けて今は男に戸籍を変えて生きている。鈴木優希。 女で生きた頃1980年12月21日 鈴木家の次女として生まれた。上には2個上の姉が居て下には7個下の弟がいる。 生まれた時から当たり前に「女」として育てられた。物心ついたときから僕は何か違っていた。幼稚園の女の先生を好きになったのが初恋だった。 それから好きになるのはずっと「女の子」だった。男の子と一緒に野球をしたり、ラジコンで遊ぶのが好きだった。 それでも幼稚園、小学校

            女っぽいのは性別か性格か?

            僕はLGBTのTであるトランスジェンダー。生まれた時は女だったが、今は戸籍を男に変更して生きているFTM。1980年生まれ42歳。 仕事は「自分らしく生きる場所を提供したい」という想いの元、地元名古屋で同じ性別違和の当事者たちを主に雇用したBARを二軒経営している。 恋愛観は男?女?僕は生まれた時から心は男だった。ままごとよりも野球がしたかったし。スカートよりズボンが履きたかった。当たり前に「男」でいるクラスの男子が疎ましく羨ましかった。 恋愛対象は女の子であり、それは

            先払いの美学

            僕はLGBT。生まれた時は女。今は男の戸籍で生きているFTMトランスジェンダー鈴木優希。仕事は地元名古屋の繁華街錦三丁目で同じLGBTQを主に雇用したBARを経営している。 この街で僕が見てきたものこの街に来て24年。自分の店を持って16年。 お客様やスタッフ、沢山の人と関わってここまで来た。 その中で感じた事を今日は書いてみようと思う。 人に好かれたい。これは誰もが思う事だ。 しかし、みんなそこが上手く出来なくて「人間関係」で疲れてしまう。 僕も人を雇う立場になって余

            人生は変わらない。

            僕は女から男に戸籍を変えて生きるFTMトランスジェンダー。1980年生まれ。名古屋在住。 42歳になった今は、身体と心が違って生まれてきた事について悩む事は少なくなった。悩むとしたら、身体の不具合について位で、なんで女に生まれてきたんだ。とか自分の身体が嫌いとか。そんなことはもう思わなくなった。 僕の仕事はFTMBAR 地元名古屋で、いわゆるオナベバーと呼ばれる店を経営している。 ありのままの自分を「売り」にすることで自分らしく仕事をさせて頂いていることが大きいだろう。

            かっこいいオヤジになりたい。

            僕はLGBT。女から男に戸籍を変えて生きているトランスジェンダー鈴木優希。42歳。仕事は地元名古屋で同じFTM・LGBTQを雇用した飲み屋を経営している。 傍から見たら落ち着いていないと恥ずかしい年齢だが、 僕は今初めて自分で自分の世話をしている。 洗濯、ご飯、掃除、仕事の準備などなど、生きるって大変だとこの歳で実感する毎日。 自分だけは特別何も根拠はないけれど、これまでずっとそんな風に思っていた。 バチが当たるとか、因果応報とか、そんなものも他人事で信じてもいなかった

            時代を変えたものはとてもシンプルだった。

            僕はLGBTのTであるトランスジェンダー。性別を生まれた時の女から男に変えて生きているFTM。 平成から令和。ここのところ一気に多様性を認めようとする世の中の流れが進んでいる。 生きづらかったあの頃。 僕は忘れない。 僕たちのような人間を認めなかったあの頃を。 僕は1980年生まれの42歳。 高校辺りから携帯電話の普及、「ネット」というものが浸透し始めて、調べれば、情報は少なかったし、選べるほどに選択肢はなかったが、同じような人がいる事は知ることが出来た。 僕の症状が

            スタッフはファミリーじゃない。

            僕はLGBTのT。女から男に戸籍を変えて生きているFTMトランスジェンダー。鈴木優希41歳。 仕事は地元名古屋で同じ性別違和、主に僕と同じFTMを雇用した飲食店を経営している。 自分が職場に悩んだからこそ「自分らしく生きる場所」として15年前に開業したこの店。 同じ当事者を雇用するということで僕はスタッフに「ファミリー」を求めた。 同じ悩みを抱えて生きてきたもの同志分かり合える。助け合える。そして自分らしく働いて対価を得られる場所。辛い時も良い時も変わらず一緒に生きてい

            自分の終わり

            僕はLGBTのTである。トランスジェンダー。女から男に戸籍を変えて生きている鈴木優希42歳。 仕事は地元名古屋の歓楽街錦三丁目で同じ性別違和を抱えた子を雇用したBARを経営している。 先日、以前書いた「努力の貯金」でも触れたこの街のレジェントのママがお亡くなりになった。店で突然に。 いつもと変わらず、家を出てその日のうちにこの世からいなくなるなんて想像もつかない。どんな気持ちだっただろう。 僕がお通夜で見たママの顔は僕に言葉をくれたあの時と何も変わっていなかった。

            LGBTQの「Q」の居場所

            僕はLGBTのT。女から男に性別を変えて生活をしているFTMトランスジェンダー。42歳 鈴木優希。 仕事は地元名古屋で同じFTMを主に雇用したBAR Venusを経営して16年が経つ。 9月16日に新しい店舗 JIRO'S「ジローズ」をオープンする。 店長には11年Venusで僕と共に働いてくれた子を採用した。 LGBTQのQとは?実際にこれまで1000人ほどの当事者の話を聞いてきて、このQという存在に対して、僕が感じたのは【枠がない】ということ。 そして、その感覚

            理解のその先

            僕はLGBTのTであるトランスジェンダー。生まれた時は女。今は戸籍を変えて男として生きている。鈴木優希 42歳。 昨年からLGBT社会人交流会「BRUSHUP」の活動をしている。 仕事も地元名古屋でLGBTを前面に出したBARを経営して16年が経つ。 オナベオカマではなく、LGBTという言葉も生まれ、42歳の僕が感じてる中でも今の時代は変わったと体感する。間違いなく僕たち当事者にとって追い風といえる。 否定は差別?性別はない。性別は自分で決められる。LGBTは個性。

            42歳初体験

            僕はLGBTのTであるトランスジェンダー。生まれた時は女。今は戸籍を男に変えて生きている。鈴木優希42歳。 仕事は地元名古屋の繁華街、錦三丁目でLGBT。主に僕と同じFTMを雇用したBARの経営をして16年になる。 僕のこれまで幼い時から、男の気持ちだった。好きになるのは女の子。着たい服は男モノ。 でも周りから見たら女であり、「えりちゃん」だった。 自分以外にこの事に気付いている人は居ない。ボーイッシュだとは言われていたが、まさか戸籍まで変えて性別をトランスすることにな