心の豊かさ

豊かさが物質から精神へと移りゆく中で知るべき2つのこと

2020年、誰も予期していなかったコロナウィルスが世界的パンデミックとなり、社会、政治、経済、環境、ライフスタイル、そして人の価値観まで変え始めている。

東京にこびりついて取れなかった満員電車や残業文化や仕事後の一杯という憩いの文化までこのコロナウィルスは一掃してしまった。

「世界恐慌以来」「戦後初」「100年ぶりの世界的な」なんていう強烈な形容詞がニュースを彩る中、変化を好まない日本人にも変

もっとみる
スキをいただきありがとうございます^^
4

極めて極端な世を渡り歩く

人の思惑というものは、

時に狂おしいほど空間を明るくし、人混みを形成する。

だが、危急な事情が世に蔓延ると、

一挙に気鬱が支配し、人は影を潜める。

何としてでも明るさを灯そうとする、健気な姿を疎らに見ていると、

ちょっぴり勇気づけられもするが、どこかに違和感もある。

海や山、自然には極端な思惑はそこにない。

故に美しさも常に自然と灯るものだが、

雑踏を糧に明るさを灯す空間は、

もっとみる
ありがとうございます!!
2

魅了させる方言

僕は茨城県出身ですが、僕の生まれ育った場所では特に訛りがあったわけでもなく方言にあまり馴染みのない人生を送っていた。

今年から移動生活をして間もないが、行く先々でいくつか方言を話す方との出会いが多くなった。

そして毎日のように方言と触れ合っていく中で僕は、その魅力に惹きつけられるようになっていった。

よくテレビなどで可愛い方言ランキングなどが紹介されているが、僕の場合方言に対しての感じ方が少

もっとみる

言葉や文字の重さ

以前こんな記事を書いた。

テラスハウスの話。

僕は『テラスハウス面白い!』と
このnoteでも記事にした。

PV数も僕の記事のnoteの中でも
トップ10に入るほど読まれている。

今回の木村 花さんが亡くなった
ことに対して何のアクションも起こさないで
いることもできたのだけれど
たくさんの人に読まれているnoteで
ましてや言葉を残しているこの
コンテンツで
何も残さないというのは
違う

もっとみる
ありがとうございます!僕ページにお邪魔させていただきます!
12

金運が良くなる、と自分が信じられる行ないこそ

私は毎日、朝起きるとお財布の中身を整理し、財布全体を白いおしぼりタオルで水拭きする習慣がある。そうするとなぜか、お金に対する前向きな姿勢、認識が宿り、変な罪悪感が心から取り除かれるから、やめられない止まらないの「かっぱえびせん」状態である。(このネタは、もう古いか…)

明日も明後日も、習慣的に行なう自信はかなりある。

入念に…、入念に…、かなり真剣。

私はギャンブラーではないが、ちょうど昨日

もっとみる
ありがとうございます!!
18

木村花さんを通じて省みる、Sense of Distance

悲しいニュースが飛び込んできた。女子プロレスファンなら、ロッシー小川氏の「スターダム」は誰もが知っているはずだ。

彼女の逝去という事実はもはや受け止めるしかないことだが、今回の一番の注目点となるのは、ネットの誹謗中傷だろうと思う。それに加えて、ネットを通じた人間同士のそれぞれの真意を問う必要があるのかも知れない。

だが真意とは、表向きの言語的メッセージの空間において、いくらでも弁明や修正、隠匿

もっとみる
ありがとうございます!!
2

日々の泡

今日は豊かさについての話

木村花さんの件でSNSでの色んな意見が飛び交っていて

僕が思うことを書こうと思います。

そもそも人によって「豊かさ」の定義が違いますよね

□時間がある

□仕事がある

□お金がある

色々あるとは思いますが、ないよりかはあるほうがいいですよね。

あとは何に重きをおくか

もちろん上に書いたもの全てあるに越したことはないと思います。

でも僕の中で一番大切だと思

もっとみる

ポチッと押してしまう衝動

コロナ禍で自粛の中、アルバイトであっても出勤できる幸せ、というものを痛感しながら、本日もJR北海道へ乗る。

JR北海道では朝の通勤時に、通常指定席となる車両が自由席へ豹変し、指定席券を買わなくても、リッチな気分を味わえることがある。

指定席は、指定するだけに、かなり優雅な空間である。

そして、あの衝動が私の体内を駆け巡るのだ。

ポチッと押す、その衝動…

なんというか…、こんなご時世に不謹

もっとみる
ありがとうございます!!
1

【24日】憎しみは豊かさで水に流す

怒りや憎しみを周りへぶつけている人は

分かってもらえないことが
ただただ悲しかったり苦しかったり…

怒りや憎しみを利用して

自らを痛め続け
感情のうねりに囚われているだけだ

怒りと憎しみでねじ曲がったこんな世界は

やわらかなお水でサラッと流すんて〜

心豊かに 愛に生きるぞ

(撮影場所 新潟県 出雲崎の海岸にて)

***

貧しさを感じる状態を減らして、豊かさを感じた時には、心の

もっとみる
心が和らぎます〜!
9