心の豊かさ

人は良くも悪くも順応する生き物

私がまだ高校生程の歳の頃はインターネットはごく一部
にしか浸透していなかったのではないかと思う。そんな
ある日テレビ番組で、将来的には人はコンピューターの
モニターに表示された商品を家にいながら購入する事が
可能だと云うコーナーを観て、少し驚きつつまさかそん
な事が可能になるものか?と笑ってしまったのだけれど

2020年の今、どうなっただろう…今ではスマホでネット
サーフィンをしつつ「何か新作は

もっとみる
照れるー!
1

【心の豊かさはどこにいってしまったのだろう?】

1945年に第2次世界大戦が終結してから約75年経過した現代。

物質的にはとても豊かになっていると思う。

だけど人と人との繋がりが希薄になり心の豊かさが失われていると思う。

なぜこんなにも繋がりが失われ分断してしまっているのだろう?

とても悲しい。

少しずつでも人と人の繋がり、そして心の豊かさを取り戻せるきっかけを作っていきたい。

どんな人と繋がるか

人が大嫌い。

1人で生きていきたい。

そう思ってた時期があった。

華の20代前半のころ😂😂

もともと人が大好きだった。

小さいころから人懐こかったらしく、

乗り合わせた飛行機の前後の席の人からアメちゃんをもらったり、通りすがりの工事現場のおじさんにニコニコ近づいてジュースもらって帰ってきたりしてたそうな。

人が好きで、笑顔が見たくて

人の役に立ちたくて、

医療の仕事を選んだ。

もっとみる
スキ返し×1000倍!!!
5

物欲を封じ込める

節約なんて虫唾が走る。

それほど苦手な節約をせざるを得なくなった状況から、身の回りがモノで溢れていても心が幸せとは限らないと知った。

買い物中毒かと疑うほどの抑えられない物欲と戦い、一切をスルーすることで"欲しいモノ"に向き合わないようにした過去がある。

必要なものを極めることで見えてくる大切なことの話。

必要なものと不必要なものの区別

家具やブランド品といった特別な買い物とか、非日常で

もっとみる
優しさに乾杯!
11

「ぽたぽた焼きの正しい食べ方」

仕事中に小腹が空いた時に、女性社員から差し出されるチョコやクッキーは、たまらなく心が満たされる。

それが美人な社員からオシャレなスイーツなんて差し入れてもらえると…
(もしかして?)なんて淡い期待すらしてしまう。
それくらい男子の三大欲求はシンプルに発動する。

ある日、PCの画面とにらめっこしていた私に派遣社員のNさん(♀)が
「ぽたぽた焼き食べます?」と、なんともレトロなお菓子を差し出してき

もっとみる
ありがとうございます。また書くので、よろしくお願いします。
10

ウィルスが本質を運ぶ

唐突だが、私は就職氷河期世代の人間だ。

学生から社会人へステップアップする時によく言われた言葉が、「即戦力」。2003年当時、新卒採用人数5名の企業に100人以上(中小企業でも)が集まることなど、数多にあった。

せいぜいバイトやボランティアくらいしか経験したことのない学生に、社会人の先輩たちは口を揃えて、成果主義のプレッシャーをかけた。更には、入社後の強制的に退職へ追いやろうとする言動の数々は

もっとみる
ありがとうございます!!
12
のんびり生きてるんでドキッとしました。
4

きっと、欲が深すぎたのです

様々な美しい植物や花が生い茂る中に身を置くと、私の頭の中によぎる、この台詞。

「きっと、欲が深すぎたのです…」

映画クレヨンしんちゃんに登場した、お姫様の台詞。

大きな木を見て、抱き愛でる者いれば、
倒れてきたら危険だと毛嫌いする者あり。

綺麗に咲く花を見て、うっとり安らぐ者いれば、
花びらが地面を汚すと文句を垂れる者あり。

落ち葉を拾って、にっこり微笑む者いれば、
いくら掃いても、きり

もっとみる
ありがとうございます!!
19