徳川秀忠

南関東の石造物⑫:伝通院宝篋五輪(伝通院の墓)

名称:伝通院宝篋五輪

伝承など:伝通院の墓

所在地:東京都文京区小石川

小石川の伝通院は、徳川将軍家菩提寺の一つで徳川家康の生母の法号に由来する。

境内の広大な墓域には、一際目を引く巨大な石塔があるが、これが伝通院の墓である。

墓塔には伝通院の没年の慶長七年銘が刻まれているが、石塔は宝篋五輪と言う特殊な形式である。

なお、同じ墓地内には千姫の墓(二枚目)を始めとする徳川将軍家ゆかりの女

もっとみる

南関東の石造物⑩:増上寺徳川家霊廟宝塔群

名称:増上寺徳川家霊廟宝塔群

伝承など:徳川秀忠、崇源院、徳川家宣、徳川家継、徳川家重、徳川家慶、徳川家茂、和宮の墓

所在地:東京都港区芝公園 増上寺

芝の増上寺は徳川将軍家の菩提寺として知られる名刹で、かつては多くの塔頭を有した大寺院であった。

現在も東京タワーの眼下に大門や本堂などの伽藍が建ち並んでいるが、その一角に徳川家霊廟がある。

歴代徳川将軍とその夫人達の墓所は上野の寛永寺と芝

もっとみる

雑記:高野山の諸伽藍

この所、度々高野山の石造物について書いてきましたが、それも一段落。

せっかくなので、石造物以外の高野山の諸々について紹介。

壇上伽藍の金堂。

壇上伽藍の中門。

壇上伽藍の根本大塔。

壇上伽藍の西塔。

根本大塔から愛染堂、大会堂、東塔を望む。

愛染堂(左)、大会堂(右)。

壇上伽藍の不動堂(国宝)。

壇上伽藍の東塔。

東塔側がら根本大塔を望む。

徳川家霊台(南院の北側)、秀忠廟

もっとみる

徳川将軍家の解体新書

徳川将軍職に就任した15人の将軍をまとめます!

どの将軍も魅力的な人物です。
今回は将軍たちのセンセーションな部分をお届けします!

1.徳川家康

まずは、江戸幕府を開いた大偉人、徳川家康をまとめます。
家康の認知度は高いですが、敵役として描かれることも多いです。

三英傑(信長・秀吉・家康)の中では、ファンが少ないです。
とはいえ、「結果的に天下を取った家康が1番評価できる」という層もいます

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます!
1

【近世】坂崎出羽守直盛(1563〜1616)

歴史に名を残さない、こんな武士がいた。信念に生きた、豪放な武士がとても好きです。

【千姫事件】

 1615年、大坂夏の陣。ついに大坂城が落ちる。しかし、大坂城には豊臣秀頼の正室にして、徳川家康の孫娘である千姫がいた。父は二代目将軍秀忠である。総大将の秀忠は、父家康の強い意向もあり、千姫奪還を訴える。秀忠は家臣を集め、千姫を救出した者に千姫を再嫁させると言い放った。家臣たちは目の色を変えた。千姫

もっとみる
励みになります!
9
ありがとです、私も大好き
1

真田丸32話描きました。やだぁ、父上こわいっ!(秀忠)の巻。

No20.「善人と交われば、善ならざるはなし。悪人と居れば、悪ならざるはなし。」 徳川幕府二代将軍 徳川秀忠

「良い人と一緒にいると良い人にならないわけない。悪い人と一緒にいると悪い人にならないわけない。」という意味です。

No18.「サービスマンはお客の悪口を言っちゃダメ 接客態度に出るから」でも似たような事を書きましたが、
人は見たものや聞いたことを無意識に取り込んで影響を受けてしまいます。

できるだけ自分にとって良い影響を与える人と付き合いたいですね。

●人物紹介
徳川秀忠
武家諸法度を制

もっとみる