1年半年のワーキングホリデーから帰国しました。

こんにちは。真夜中のおならを運営している1人、日本人の僕は1年間半のワーキングホリデーからつい先日帰国いたしました。コロナの影響があり、ワーキングホリデービザは1年で切れる予定だったのですが、+6ヶ月ビザの有効期限が延びることとなり、フランスにそのまま滞在していました。人生って何があるか分からないものです。

まず、フランスは外出禁止令が出て、全体的な今までの通常生活はストップ。今の姿も想像できな

もっとみる
ありがとうございます!
1

【コラム】ただいま、日本!

はじめまして、中島葉子です。
大学時代の友人(藤井春樹くん)の紹介で、こちらでコラムを書かせてもらうこととなりました。

自己紹介

まず、自分について少しだけ。
長崎生まれ、横浜育ち。
小学校5年生~中学校3年生のおわりまでと大学の1年間はアメリカに住んでいました。
大学在学中、同級生だった夫と結婚・妊娠。(その後さらに2人出産)
2013年7月~2020年8月まで、夫の転勤に伴いアメリカに暮ら

もっとみる

海外帰国者の入国の行程@成田空港(09/06/2020当時)

久しぶりの投稿になります.
新型コロナウイルス関連情報です.

9月6日に帰国し,現在は成田空港付近のホテルで自粛生活を送っております.なのでこの情報は9月6日のものになります.おそらく現在も同じはずですが,正確な情報は各自,厚労省等のサイトで確認してください.

まず,海外からの入国対象者は,日本国籍・永住権を持つ外国人に限られています.この体制が良い悪いは別にして,その点ご留意お願いします.日

もっとみる
ありがとうございます!
3

無事日本帰国

本日無事日本に戻って来ました。
PCR検査も陰性。

今回持って帰ったサーフボードにこんなメッセージカードが貼ってありました。

手書きといういかにもANAさんらしい気持ちが伝わる粋な演出。次回もANAに乗ろうと思います。

という事で今日から日本を満喫したいと思います。

もっとみる

Welcome back to 人間界

10年振りに日本を拠点として過ごすことを決めたのだが、これは本当にもう、言い換えるなら「人間界」への帰還である。

今まで外国で暮らしてきて一番苦労することは、人にもよるだろうが、大体みんな「語学」でないだろうか。私もそれはそれは「英語」という物に苦労はすることは多々あったものの、途中からむしろこの不便な環境が心地よくなっていった。

なぜならば

頭に入ってこない

からだ。

自分でも本当に自

もっとみる

過酷な日本のアカデミア環境と私 その1

リストラという北風が吹き荒れる中、私は新しいラボに移籍しました。移籍先の前プロジェクトでは数百億(?)という予算を使って、大きな施設、研究棟、数百人に及ぶスタッフを確保していましたが、私が赴任したときにはそれらは不良債権化し、しばらくはプリンターの紙すら買えないような状況でした。まさに研究バブル崩壊といった感じでした。ただ今考えると、この段階でアカデミアを辞めることになった方々はかえってよかったの

もっとみる
どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
2

成田空港にて不手際続出の末出国✈︎必要書類は抜かりなく!

前回は日本に帰国時の成田空港の様子を書いたけれど

今回は

日本を出国する際の成田空港の様子について

空港は普段より少ないけれど、7月上旬のKLIA1のガランガランの様子とは異なり

チラホラ人が

スーツケース大3個+小1個持って必死&その後も不手際続出で写真撮ってなかった😂

まずチェックインカウンターでドキドキして重さを量るも重さはセーフ

むしろビビりすぎて(前回かなりオーバー)

もっとみる

インスタント味噌汁を飲んで泣いたニュージーランド留学の話

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、人々の移動の自粛が求められ、じっとしてられない僕からしてみると、苦しい毎日が続いています。1日でも早い収束を願うばかりです。

コロナウイルスの影響で自粛生活が長引き、これまでの大学生活を振り返ると「ニュージーランド留学」が最も印象深い経験でした。

留学報告会などでは、綺麗事を並べて楽しかった思い出を話しましたが、今回は留学中の苦しかったことをどのよう

もっとみる

コロナに危機を感じながら行動する人とは。

価値観の違いがどうも大きく影響する世の中になってしまいました。警戒し危機を感じながら生活する人とは、どんな人なのでしょうか?そして全く何も考えず今までの生活をし続ける人は、どんな人なのでしょうか?

私がコロナを警戒する理由-カナダでの生活

そもそもこんなにも警戒するのは、(もうこのブログでは何度も話しましたが)カナダでの生活でしっかりと危機感を植え付けられたからです。

そして私は思うに日本社

もっとみる

小説「オーストラリアの青い空」14

8月下旬、感染をほぼ抑え込んできたクイーンズランド州の保健省が突然「公衆衛生上の注意喚起」を発した。
 州都ブリスベンからシドニー経由で日本に帰国した女性が、日本の検疫で新型コロナウイルス陽性と判定された。保健省は女性の立ち寄り先の追跡調査を行い、ブリスベン発シドニー行きバージンオーストラリア航空便の日にちと便名、さらに女性が食事をしたブリスベン郊外のカフェの固有名詞、カフェに滞在した日時などを発

もっとみる
やったー。ありがとう。がんばって面白い記事を書き続けます。