小山市

【離婚に徳するお話】同じ「専門家」でも…

【同じ「専門家」でも…】
同じ、「離婚の専門家」でも、実は、人によって、いろいろ異なります。


まずは、専門家の種類の違い。


たとえば、弁護士と、行政書士と、離婚カウンセラー。


弁護士にできることでも、行政書士にできないことがありますし、かといって、弁護士にできないことが離婚カウンセラーにできることがあります。


それから、同じ職業でも、

もっとみる

【離婚に徳するお話】DV・性暴力・虐待

【DV・性暴力・虐待】
インターネットでニュースを読んでいると、最近、これらのワードが気になります。


新型コロナウイルスにより、それまでのお仕事や、勉強、ライフスタイルなど、変わってしまったご家庭も多いでしょう。


特に、私たちは、今までと変わらぬ「安定」を保ちたい、と思いがち…。


だから、今までのことができなくなると、急に不安になる方も多いのです。


そして、不安が、

もっとみる

【離婚に徳するお話】離婚コーチングのメリット

【離婚コーチングのメリット】
一般的には、法律専門家とは、依頼を受け、その依頼に応えるように取り組む、というやり方となりやすいか、と思います。


僕も、行政書士としては、そのようにしております。


しかし、僕の3つ目の「姿」である、「離婚コーチ」としては、依頼人と一緒に考え、依頼人と一緒に頑張って進めていく、という方法をとっています。


するとどうか。


まずはいくぶん、「

もっとみる

【離婚に徳するお話】ネグレクトと離婚

【ネグレクトと離婚】
ネグレクトとは、児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待、患者虐待のひとつと言われているようです。


離婚との問題となりやすいのは、子供や高齢者に対することですかね。


まず、子供に対するものとしては、積極的ネグレクト。その例として、育児を行うのに問題がないにもかかわらず、故意に、子供に食べ物をあげなかったり、お風呂に入れなかったり、などすることが挙げられます。


もっとみる

【離婚に徳するお話】お互いの“カード”

【お互いの“カード”】
カードというと、「クレジットカード」や「キャッシュカード」をイメージするかと思いますが、ここでは、その「カード」ではありません。


すなわち、ここでいう「カード」とは、互いに持っている「事実」のこと。


たとえば、「不貞行為」とか、「DV」とか、「モラハラ」とか、「浪費」とか、「ネグレクト」とか…。


さて、それら事実。相手が困る事実ならば、貴方にとって有

もっとみる

【離婚に徳するお話】家族間のルール

【家族間のルール】
婚前契約書・結婚契約書もそうですが、家族においては、夫婦間・親子間などでルールを定めることも多いかと思います。


しかしながら、そのルールの本当の「趣旨」は、果たして何でしょうか?


たとえば、法律の場合、その法律をなぜ作ったか、という「趣旨」が存在します。そして、法学部生などは、その趣旨も含め、学習時に、調べたり考えたりするわけです。


話を戻しますが、その

もっとみる

【離婚に徳するお話】合わない人

【合わない人】
根本が合わない方と一緒に居ることは、やはり、苦痛でしょう。


なぜなら、イラっときたり、怖かったり、考え方や行動パターンが違ったりすると、ストレスだからです。


ただ、それを貴方が我慢しているから、何とか、平穏な状態なのですね。


対して、根本が合う人とは、ずっと一緒にいても、たとえ全くしゃべらなくても、ストレスを感じません。


新型コロナウイルスのための緊

もっとみる

【離婚に徳するお話】あ、そういえば!

【あ、そういえば!】
不思議なもので、面談には、素晴らしい効果があります。


それは、「あ、そういえば!」


つまり、ひらめき、ですね。


皆様もご経験がお有りかと存じますが、ひらめきは、会話の中で生まれてきます。


しかし、これは、文章でのやりとりではなかなか難しいはずです。


野球のキャッチボールのような、バレーのトスのような、ポンポンとスピーディに会話を交わして

もっとみる

【離婚に徳するお話】専門家として

【専門家として】 
現在は、インターネットを開けば、様々な「情報」が得られます。


離婚協議書や内容証明書の雛形もありますし、インスタグラムや、ツイッター、ブログには、様々な方の経験談もありますね。私も、ときどき、参考にさせていただいております。

. 
しかしながら、それらの「情報」とは、あくまでも一つの結果であり、それらが全てのケースにあてはまるか、といえば、残念ながらそれは断言できな

もっとみる

【離婚に徳するお話】北風と太陽

【北風と太陽】
私たちは、相手に対し、「〜するな」を求めがちですよね。


しかし、貴方が、相手から、「〜するな」を命じられたり、お願いされたりしたら、どんな気持ちですか?


「嫌!」
「ふざけるな!」
「貴方だって〜じゃない!!」


そう。不満や怒りなどが生じますよね。


ちなみに、私も、正当な理由なく、他の方に命じられたり、お願いされたりするのは、好きではないので、やはり

もっとみる