からあげ速報に寄稿しました

ヒロアカ騒動のことで色々思うところがあったので、思い切って「からあげ速報」でその思いをぶつけることにしました。
ヒロアカはその後でもなんか色々あったみたいだけど、どっちにせよ日本の教育に問題があることの証明になってて草が生えませんよ!

↓から読めます

ヒロアカ騒動で思ったこと~HNの由来と731部隊~

もーそうやって私を喜ばせるー
2

毎日更新でnoteを書くみなさんへ

どうも、私です。

毎日更新もそこそこの日数が続けばしんどくなりますよね。

私は今までそんな日が来たら、適当に書いてしまったり、暇な時に書いた書置きを投稿していました。

毎日新しいイベントがあるわけじゃないし、毎日新しい発見があるわけでもないのです。

学校行っただけの日とか、バイトしてただけの日とか、会社で仕事してただけの日とか
そんな日の方が圧倒的に多いですよね。

そんな中でも毎日更新を

もっとみる
ありがとうございます♡
6

メディア掲載・寄稿・登壇情報をお知らせいたします。

青山社中筆頭代表CEOの朝比奈一郎のコラム、青山社中の掲載記事、講演情報などを随時更新していきます。

論考(メルマガ、各媒体)

JBpress

アゴラ

フジサンケイビジネスアイ(SankeiBiz)

The Japan Times

2020年1月

報道ステーション(コメンテーターとしてフル出演)

ウェークアップ!ぷらす(コメンテーターとしてフル出演)

2019年12月

羽鳥慎一

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
2

「研究開発リーダー」
発行:技術情報協会
https://www.gijutu.co.jp/doc/magazine/R_2020_01.htm
1月号(2020年1月20日刊行)に寄稿致しました。
【社内業務の効率を上げ時短を実現する仕事術】

嬉しいですね!

褒められると伸びるタイプ

こんにちは。ちゃんゆかです。

今日は仕事でした。

昨日東京に行ってた割に疲れや眠気もなく、テキパキと動けました。

明日明後日はお休みです(休みの間隔が短くて嬉しいような後半のシフトが怖いような…)。

今夜は読書して寝ます。

勉強は明日と明後日に集中してやります。今夜はエネルギー温存です。

さて去年の暮、ある新聞に寄稿しました。

デートDVについて書きました。

昨日の研修で「せっかく

もっとみる
他の記事も読んでみてね!
2

伝説の歴史を味わう!「MUSIC LIFE」元編集長・増田勇一氏による『QUEEN in 3-D』最速レビュー

増田勇一

 正直に白状すると「時間がかかっても構わないから、これは原書で読みたい」などと思って購入しておきながら、読みかけのまま本棚の飾りになってしまっている英語の書籍が、我が家にはいくつかある。『QUEEN in 3-D』がそうなりかけている、という方も実は少なくないのではないだろうか。もちろんこの本は、フォト・バイオグラフィと銘打たれていることからも明らかなように、写真の豊富さと貴重さ、しか

もっとみる
嬉嬉嬉嬉嬉!!
3

最新著書『親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる』刊行に寄せて

友田明美

発売後反響を呼び、12万部を突破したNHK出版新書『子どもの脳を傷つける親たち』の著者・友田明美先生による待望の最新作『親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる』が2019年11月11日に発売予定です。脳研究に携わる小児精神科医の立場から、脳とこころを傷つけずに子どもと向き合う方法を最新の科学的知見に基づいて解説する本書。その一部を抜粋してご紹介します。

誰も救えなかった命

 お父さんに

もっとみる
ありがとうございます! さらに楽しい記事をお届けできるよう頑張ります!
7

いちばん旨いマグロとは何か? 後編 「なぜ「大間の一本釣り」は旨いのか」

中原一歩

和食にとって特別な意味を持つ魚、マグロ――。晩秋から冬にかけて「旬」を迎えます。マグロ取材歴10年を超える気鋭のノンフィクション作家が「いちばん旨いマグロ」とは何かを追究します。
※本記事は、2019年12月に刊行されたNHK出版新書、中原一歩『マグロの最高峰』の内容から一部を抜粋したものです。

「大間」とはどこか

「ここ本州最北端の地」
 大間町の突端は大間崎と呼ばれ、そこに立つ

もっとみる
よかったら記事のシェアもお願いいたします!
8

いちばん旨いマグロとは何か? 前編

中原一歩

和食にとって特別な意味を持つ魚、マグロ――。晩秋から冬にかけて「旬」を迎えます。マグロ取材歴10年を超える気鋭のノンフィクション作家が「いちばん旨いマグロ」とは何かを追究します。
※本記事は、2019年12月に刊行されたNHK出版新書、中原一歩『マグロの最高峰』の内容から一部を抜粋したものです。

 本当に旨いマグロは人生観さえ変えてしまう――。
 そんな迷信めいた話を耳にしたのは、ず

もっとみる
今後ももっともっと「スキ」していただける記事をご用意します!
3

12歳からはじめよう 学びのカタチ 優くん式「成績アップ」5つの秘密

佐藤 優(さとう・まさる 文)
+西原理恵子(さいばら・りえこ 絵)

 最初に自己紹介をしておこう。
 ぼくの名前は佐藤優。職業は作家、文章を書くことを仕事にしている。新聞や雑誌にも文章を書いているから、毎日がしめきりの連続だ。最近は作家としての仕事以外に、高校生や大学生に勉強を教えることも多い。
 でも、最初から作家だったわけじゃないんだ。ぼくは大学院を終えると、外務省の専門職員(外交官)にな

もっとみる
多謝! 励みになります。涙
5