yuki ota

時短で働く兼業主夫。京大文学部卒、病児保育のNPOとリモートで採用支援を生業に。コーヒーと本、写真、詩。役に立たないものが好き。鬱を経験後、ケアをもっと知りたい、生きづらさを軽くする余白を探したい、と。ご連絡お気軽に。
    • お気に入りのnote
      お気に入りのnote
      • 30本

      何度でも読み返したい、お気に入りのnote。

    • お気に入りのホステル・ゲストハウス
      お気に入りのホステル・ゲストハウス
      • 13本

      訪ねたことのあるお気に入りのホテル・ホステル、ゲストハウスをまとめてみます。

    • 朗読
      朗読
      • 4本
固定された記事

私の好きな全国の小さな本屋さん・ネット書店のまとめ

全国にある小さな本屋さんの棚は、見ているだけで楽しい。 独自の配本を組んでいるところもあれば、直取引で本を取り寄せているところもあれば、古本と新本を合わせて置い…

+1

10年ぶりの二人目の育児が、来年から始まる

来月で、娘が10歳になる。 梅雨の始まる頃、もう10年も経つのかなんて感慨にふけっていると、妻から驚きの妊娠報告。 それからは、我が家はずっと浮足だっている。娘はお…

仕事と子育ての両立がママの個人スキルで成り立っている

いま働いているNPO法人では、ママの忍耐や根性だけで成り立っている両立をどうにかしたい、「社会的な仕組みを作って新しい両立をつくりたい」という想いをで訪問型病児保…

自分が自分の意思に関係なく持っている優位性・特権について

自分が気づかないうちに、努力や意思とは関係なく持っている優位性(特権)というものがある。 肌の色や、喋り方、見た目で、いじられたりしたことがない。自由に恋愛がで…

リモートワークができる、という奇跡

いま、私は病児保育事業を行うNPO法人と採用支援を行う会社に所属しているけれど、どちらもほとんど在宅勤務で働いている。 子どもの学童で感染者が出て、なるべくの自粛…

「しょうがない」を受け入れないために、自分を責めすぎないで

みんなで我慢して、じっとしていても、社会はたぶん変わらない。 「自分はこうしたい、こうありたい。」という気持ちと、社会の側はこういう態度を求めているんだろう、と…