学生スポーツ

就職せずに自立したスポーツ選手が増える理由

どうも!水球のさとしです。前回の「筑波大学の未来eSportsの新しい道」の続きです。今回は前回の話であった「5年以内に筑波大学体育会にeSports部が出来ます」という話を前提に進めていくのでまだ読んでない方はぜひ読んでみてください。

今回の内容は体育会にeSports部ができたあとの話です。これから話す内容は現実で既に起きていますが、着目していない学生が多いと思います。なのでなるべく噛み砕い

もっとみる
めっちゃ嬉しいです!僕の笑顔が一つ増えました^^
1

大学生になってまで体育会部活に所属する意味を考える

こんばんは。肥田です。

サムネイル画像は、第77回早慶バスケットボール定期戦で優勝した際の
試合後の集合写真です。みんな良い笑顔をしていますね。

今日のnoteは、本当にたくさんの人に読んでいただきたい!
特に、体育会部活に所属している大学生や、これから大学に入学し、何かに挑戦しようとしている人に読んで欲しいです!

今回のnoteを書こうと思った経緯

「大学生になってまで体育会部活に所属す

もっとみる
ありがとうございます!
14

コミュニケーション力と準備の大切さ②

こんばんは。肥田です。

今回は、前回触れることのできなかったコミュニケーションの方に触れていきたいと思います。
ちなみに、今回の投稿のサムネイル画像は僕が小学生の時に出演した
「信さん 炭鉱町のセレナーデ」という映画のDVDパッケージです!

この映画は、昭和30年代の福岡県の炭坑町を舞台に、貧しいながらも明るく必死に生きる人々の日常と、やがて訪れる過酷な運命を描く骨太なヒューマンドラマとなって

もっとみる
ありがとうございます!
9

コミュニケーション力と準備の大切さ①

こんばんは。肥田です。

前回のnote初投稿に対して、たくさんの方から感想や応援メッセージを頂きました。
とても嬉しかったです!
今回もぜひ、感想を聞かせてください!

という訳で今回は、前回予告していた通り、
私が小学生のころにしていた芸能活動を通して学んだ
コミュニケーション力と準備の大切さについてお話ししたいと思います!

芸能活動について

まずは、芸能活動をはじめたきっかけや、その内容

もっとみる
ありがとうございます!
15

コロナと闘う学生スポーツ

コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの学生スポーツが中止を余儀なくされた。その代表的なものが甲子園を目指す高校野球だろう。

誰もが憧れる甲子園。その出場を夢見て高校生活が始まるのだろうが、突然の中止。ここまで血のにじむような努力をしてきた3年生にとってみたら、絶望的な状況であったに違いない。

私からも安易に励ましや労りのコメントは見つかりません。しかし、今行われている各地の大会では、彼らの頑張っ

もっとみる

noteはじめました

はじめまして。

慶應義塾大学総合政策学部2年 ならびに
體育會(たいいくかい)バスケットボール部所属の肥田大輝です。

自分で言うのもなんですが、
20年ちょっと生きてきた中で、
なかなか人が選ばない道を選んで突き進んできた自分の経験を通じて、
何かを伝えたい!と思い note をはじめました。

また、私の投稿を読んだ方からも、
多くのことを学んでいきたいと考えています!
ぜひ感想を聞かせてく

もっとみる
ありがとうございます!
53

【考察】「カッコいい先輩」の条件

先日、「カッコいい先輩」をいろいろな業界の視点から分析してみたら面白そう!、という話をしていたので、先んじて自分のこれまでの経験から考えてみることに。

まずは、それぞれの時代において自分が「カッコいい」と感じた先輩・上司の特徴を振り返っていくと…

【学生時代(主に部活)】
・熱いことを真顔で言い切る
・背中で見せる
・後輩のことを良く見てくれている

【銀行員時代】
・「スマート」に仕事をこな

もっとみる

勘違い

皆さんこんばんは
Ryoです。

今日は僕が高校時代に勘違いしていたことについて話します。

以前の投稿で、
僕が高二の冬から高三の夏にかけて、
結果的に両肘の靭帯を痛めたことを書きました。

靭帯を痛めたきっかけは、
シュート練習でセーブした際に腕を持ってかれたことです。

しかし、僕は肘の靭帯を痛めるのは、
投げすぎや身体に負担のかかるフォームだと、
野球のピッチャーが痛めることが多いことから

もっとみる
ありがとうございます。これからも読んでいただけるように頑張ります。
2

「目標設定に失敗した」と思った時に振り返って欲しいこと

ようやく仕事と執筆作業が落ち着いたのでnoteの更新に戻れます…
毎日noteに投稿していたこともあって、文章を書くスピードが上がってきているような気がします!!

本日は、プライベートでお手伝いをしている大学生向けリーダーシップ養成講座の運営団体の学生と午後の時間を(オンラインで)過ごしました。本日は継続的に取り組んでもらっている、メンタルトレーニングに関して、この1か月間実践してきた内容を振り

もっとみる

スポーツビジネスこそ行動経済2

大義を持つ

吉田行動経済研究所の母体となる吉田エンターテイメント(株)は、
高校スポーツ(サッカー)の価値向上を図るために、
動画メディアで情報発信を仕掛けています。
ちょうど1カ月前の6月18日に書かせて頂いた記事、
スポーツビジネスこそ行動経済に書かせて頂きましたが、
(↑クリックすれば前回の記事が見れます。)
全国に先駆けて行われた佐賀県のインターハイ代替試合である、
佐賀SSP杯2020

もっとみる
ありがとうございます(^^)
3