バベットの晩餐会
+1

バベットの晩餐会

僕が20代後半の頃、ある女性と3年間同棲していたが、ある日のこと、その女性は僕の腐った性根に堪えかねて、自分の荷物を置いたまま出て行ってしまった。その後、彼女は良い伴侶に恵まれて2人の子どもを産んで幸せに暮らしてことを風の便りに知った。彼女には生涯幸福であってほしいと願っている。 それはともかく、その女性と最後に観たのが「バベットの晩餐会」だった。 「バベットの晩餐会」は、1987年に公開されたデンマーク映画。アイザック・ディネーセン(カレン・ブリクセン)の同名小説を映画

スキ
8
おもしろすぎる名作3行紹介。『世界名作”ひとこと”劇場』ジョン・アトキンソン

おもしろすぎる名作3行紹介。『世界名作”ひとこと”劇場』ジョン・アトキンソン

最近、教えてもらったイラストメインの本なのですが、これがすごく笑えました。原作は英語で、『ABRIDGED CLASSICS』。これを『世界名作”ひとこと”劇場』と邦題つける役者様(?出版社様?)のすばらしさよ。 作者のジョンさんは、カナダ在住のグラフィックデザイナー兼漫画家だそうで、あるとき友人から携帯のテキストメッセージで、本のあらすじを訊かれたけれど、太い指で詳しい内容を打ち込むのが面倒だったので、「悲しくてオモロい」とだけ返信しました。友人の爆笑顔文字がきっかけに、

スキ
2
神秘の泉

神秘の泉

小さい頃から無意識に寂しさと友達で いることを選びがちだった。 両親は共働きで、日中の世話は祖母がしてくれていた。 ひとりっこで周りが大人だらけだから 一人で遊ぶ時は空想力が必要だった。 そんな私の楽しみのひとつは、デパートに 連れて行ってもらえることだった。 デパートにつくと私は決まって 子供広場に走っていった。 祖母からもらった100円玉を強く大切に握りしめて、いつものところに100円玉を入れた。 私は久しぶりに望遠鏡を覗きこむ。 恐らく、「白鳥の湖」だった

大好きな映画監督
+5

大好きな映画監督

皆さん一押しの映画監督っていますよね 私もかつてブライアン・デ・パルマ監督が大好きでした サイコスリラーの第一人者(個人的見解)です もちろんアルフレッド・ヒッチコックも好きなんですが 少しB級っぽい所が良いんです B級映画といえばジョン・カーペンター監督がいました「ハロウィン」「ニューヨーク1997」「遊星からの物体X」など面白かったなー      ブライアン・デ・パルマ監督の作品には他にも「アンタッチャブル」「ミッション・イン・ポッシブル」「ファム・ファタール」「ブラ

スキ
3
Creepy Nuts「Case」(今日の音楽と徒歩と私 2021/09/15)
+3

Creepy Nuts「Case」(今日の音楽と徒歩と私 2021/09/15)

今日は歩いて来ました。 3日ぶりです。 雨続き。今日はお天気。 歩いて来ました。 涼しくなりました。 秋の虫の鳴き声もよく響く。 心地良いウォーキングです。 今日の音楽。 新作シリーズです。 Creepy Nuts「Case」をききながら。 サブスクで新譜検索で出てきたアルバムです。 聴くことないジャンルですが肩でリズムを刻んでしまう音楽。 嫌いではないです。 1.Lazy Boy 2.バレる! 3.顔役 4.俺より偉い奴 5.風来 6.のびしろ 7.デジタルタ

スキ
1
名作とはなんだろう

名作とはなんだろう

名作とはなにか。 東京都美術館の学芸員の稲庭彩和子さんに聞いた。 絵が上手な人はたくさんいるし、 立体つくるのが上手な人もたくさんいる。 曲を生み出すのが上手な人はたくさんいるし、 楽器を弾くのも上手な人はたくさんいる。 名人や上手はたくさんいるけど、名作名画はその数に比べたら、 圧倒的に少ない。 名作とはなにか。 観たり聴いたりすると、いろいろなことをいいたくなる。 「!」や「?」がたくさん浮かんでくる。 会社の中でキョロキョロしてみる。 論理的思考ができる人はい

スキ
12
映画の歴史で欠かせないのがスターウォーズ
+6

映画の歴史で欠かせないのがスターウォーズ

映画の歴史を語る上で欠かせないのはやはりスターウォーズ 私の映画人生でもやはり10%は占めるのではないかな? ジョージルーカスってこれ以外あまりピンと来ないんだけど 強いてあげるならインディージョーンズとか古いのならアメリカングラフィティーかな 今思えばキャリーフィッシャーとかマークハミルって全然大した事ないよね ナタリーポートマンやディジーリドリーはとても綺麗だけど このストーリーを考え出したのって凄いと思う ロードオブザリングより壮大なストーリー 僕もこの時代に

スキ
1
テレビで、「古畑任三郎」の傑作選があり、視聴する。
三谷幸喜と田村正和と1990年代の空気が醸し出す1990年代を代表するドラマでした。
三谷幸喜の書く計算された脚本と俳優陣の演技、田村正和の古畑任三郎の惚けながらも犯人を追い詰めていく捜査と犯人との一進一退の駆け引き。名作である

テレビで、「古畑任三郎」の傑作選があり、視聴する。 三谷幸喜と田村正和と1990年代の空気が醸し出す1990年代を代表するドラマでした。 三谷幸喜の書く計算された脚本と俳優陣の演技、田村正和の古畑任三郎の惚けながらも犯人を追い詰めていく捜査と犯人との一進一退の駆け引き。名作である

スキ
25
Gacharic Spin「Gacharic Spin 」(今日の音楽と徒歩と私 2021/09/12)
+4

Gacharic Spin「Gacharic Spin 」(今日の音楽と徒歩と私 2021/09/12)

今日も歩いて来ました。 今日は昼間蒸し暑かったですね。 湿気が失敬でした😆。 夜もまだ湿気を感じるウォーキングでした。 今週はウォーキング出遅れた感じでしたが結果的に、 CokeOnアプリノルマ達成出来ました。 さて今日の音楽。 単発音楽です。 Gacharic Spin「Gacharic Spin 」を聴きながら。 1.I wish I 2.MindSet 3.Dear_____ 4.何者にもなれなかった僕たち 5.ミライ論争 6.Forever 9teen 7

スキ
2
「三冊目」名刺代わりの10冊

「三冊目」名刺代わりの10冊

ポエムみたいな僕の度々の投稿から、 大人は大変 大人は忙しい 大人は変だ みたいなことを多く語っていることに気づきました。 それもこれも僕自身が、童心を忘れることなく 今現在も生きて居られている証拠なのだなぁと、常々感じます。 両親からすれば不安でしかないことと思いますが、 この視点から世の中を見させてもらえているのは、 本当に感謝でいっぱいです。 このタイトル、表紙を見た時は ディズニーランドやユニバーサルスタジオみたいな テーマパークを連想しました

スキ
1