切り札

鳥たちのアパート探し

あのまちの不動産屋さんたちは、口をそろえて言った

セーシンショーガイ者の方には、一切物件をお貸しできないんです
あるけど高いよ
セーカツホゴ証明書がなければだめです

駅前に飛んでた鳥が、あのひとの声でげんきに言った
おいでイオちゃん、川に行こ ビール買ってさ ちょっとやすもっか
そして川へと私をみちびいてく

私はね、でもあなたが中で笑ってくれてたから
何を言われてもにこにこし

もっとみる
はい魔法をかけました。今からあなたの瞬間は、ハッピー♡
6

どうなることやら。

ボクの中にあるのは、父と母の遺伝子。

むかしから母に「あんたは、お父さんと一緒で情けないね」と言われた。

「私がお父さんで、お父さんがお母さんだったらよかったね」
「お父さんは、あんたに甘すぎる。私はあんたにお金を上げたくない」
「普通の家はお父さんは、お金を渡さなくて
お母さんが内緒で渡すけど、うちは逆」ともよく言った。

父は元・波商のエース。
体はがっちりとしていたが、自分がこうと決めた

もっとみる
スキルアップできそうです。

ボクは違う。

母の教えは自分の中に記憶されている。
それを人のために生かすことに、何のためらいもない。
母は、人にものを教える職業だったから、
そこで培ったことをボクにも教えてくれた。
正座をしたときに、「足が痺れにくくなる方法」も聞いた。
ボクには効果はなかったが、地元のラジオに投稿したら、
すぐ実践した人がいて「全然痺れなかった」と投稿してくれた。

父は野球部のエースだった、しかも名門校のエースだ。
だが

もっとみる
さようなら、さようなら。好きになった人~。
3

切り札

0.
「いつでも切り札を持っておけよ」と死んだ父親がよく言っていた。父親がどんな切り札をもっていたのかは、ついぞ知ることがなかったけれど。

1.
「なんで怒ってたの?」
 少しの後、既読マークがついて、彼女から返信がきた。
「なんで? なんでってどういうことですか?」
「理由がわからないんだ」
「でしょうね」
「怒らせたんだね、ごめんね」
「理由がわからないのに、ごめんね、って言うんですね」
 

もっとみる
これからもよろしくお願いします!!
3
自由律俳句集『待ち受け画像がちらし寿司』好評発売中!
16