投資日報社

業界と投資家の信頼を受け半世紀。 投資家の皆様の分析の一助となるべく、日夜励んでおります。 【オフィシャルホームページ】 https://www.toushinippou.co.jp/ 【BASE 】 https://toushinippou.official.ec/
    • 投資日報α

      商品版投資日報(Daily)は、商品先物取引の市場参加者に向けた日刊紙として、1964年に産声を上げました。 以降57年、発行号数は1万5千号を突破。相場分析に特化した日刊紙として、多くの読者の皆様のご指示を頂いておりました。 ただ、この50余年でマーケットも取引形態も市場参加者も変化。弊社もこの動きに向けてアップデートしなければなりません。そこで弊社は、2009年5月より発行していた「金融版投資日報Weekly」と紙面を統合し、金融市場全般を取り扱う週2回発行の「投資日報α(アルファ)」として始動する事になりました。

    • 週刊 金相場展望

      投資日報社の代表取締役社長であり、サイクル分析の大家でもある、鏑木高明が毎週執筆を行っている金相場展望のレポートとなります。

    • 投資日報社 勉強会

      日本橋人形町に本社を構える創業半世紀(56年)を超える老舗の投資専門出版社、"投資日報社"が四半期に一度開催している勉強会の動画となります。 投資日報社【オフィシャルホームページ】 https://www.toushinippou.co.jp/ 勉強会を全編収録致しましたDVDは、当社サイトからお申込み可能です。 https://www.toushinippou.co.jp/products/list.php?category_id=16 【BASE 】 https://toushinippou.official.ec/ 【Twitter 】 https://twitter.com/toushinippou

    • すべてのマガジンを表示
  • 商品の画像

    マンデーン2022電子版【PDF版】

    マンデーン2022電子版【PDF版】 レイモンド・A・メリマン著 秋山日揺香 訳 『マンデーン2022』【日本語版】 ※本書は、2021年末に発行致しましたレイモンド・A・メリマン著『フォーキャスト2022』に掲載されているマンデーン(社会占星学)パートの記述部分に、参考資料として「付録:各サインの集合的心理傾向」、「用語解説集」を加えてPDF版に再編集したものです。また、以前のマンデーンシリーズに掲載されていた「星座宮別個人の運気予測」の掲載はございません。 2022年は4月12日の魚座での木星・海王星コンジャンクション(0度)、2023年は5月18日の木星・冥王星スクエア(90度)と、木星以遠の外惑星間で形成される天体位相がそれぞれ一度しか出現しない稀有な年であると言えます。また2022年は2021年2~12月まで都合3回形成された土星・天王星ウェイニングスクエア(270度)のような「正確な90度」ではなく±1度の“広義のスクエア”が出現します。 これらは、相場分析の世界では「点」であり「面」に過ぎないのですが、社会面では何を示唆しているのでしょう。この本は相場とは離れてマンデーンアストロロジーに特化したものです。 著者のメリマン氏はアナリストだけではなく、世界各地で講演する著名なアストロロジャーとしての顔をもっています。この本は相場分析よりもアストロロジーにご興味がある方々にお読みいただきたい一冊です。 なお、2015年~2021年のマンデーンシリーズは、Amazonよりkindle版で販売しております。 「Amazon メリマン マンデーン」でご検索をお願いいたします。 こちらの商品はご入金確認後、メールにてPDFファイルをお送りたします。PDFの開封時にご登録を頂いておりますメールアドレスをご入力ください。
    1,760円
    投資日報社
  • 商品の画像

    フォーキャスト2022  日本語版

    レイモンド・A・メリマン著 秋山日揺香・投資日報編集部訳 《主な内容》 マンデーンアストロロジーから見た2022年の天体位相と世界経済動向 『新時代の始まり:中庸と分断』 『ザ・グレート・ミューテーション』 『木星/土星:中庸、中道、法、そして教育』 『木星・土星の新サイクルと経済についての概略』 『牡牛座の天王星:銀行業務の変化、米ドルをはじめとする世界の通貨の地位向上と再評価への取り組み』 『COVID-19に関するアップデートと土星と海王星の関係』 2022年各マーケット予想と重要変化日 ・米国株、日経平均株価 米国債(Tノート) ・ドル円、ユーロドル、ドルスイスフラン ・貴金属、原油、穀物相場と天候予想 ・上記銘柄のジオコスミック重要変化日 ※お詫び:「フォーキャスト2022」も星座宮別個人の運気予測の掲載はありません。 ※ご入金確認後、12月24日以降に発送いたします。
    8,250円
    投資日報社
  • 商品の画像

    (電子版) フォーキャスト 2021 日本語版

    金融占星術の大家レイモンド・メリマン氏が、株式、為替、コモディティや天候を分析する”フォーキャスト2021”の電子版となります。PDFでのご提供となる為、気になるページを気軽に印刷してご使用頂けます。 ※ ご購入後に、ファイルおよび、ファイルを開く為のパスワードを、メールで送信致します。 ☆ フォーキャストのポイント解説動画をYouTubeで公開中です ☆ https://youtu.be/2Zi1ry1jLP4 マンデーンアストロロジーから見た 2021年の天体位相と世界経済動向 ・《水瓶座での木星・土星ザ・グレート・ミューテーション》 ・《水瓶座の土星と牡牛座の天王星のスクエア》 ・《加給の度数とパンデミック》 * 現時点でタイトル及び内容は変更する可能性があります。 2021年各マーケット予想と重要変化日 ・米国株、日経平均株価 米国債(Tノート) ・ドル円、ユーロドル、ドルスイスフラン ・貴金属、原油、穀物相場と天候予想 ・上記銘柄のジオコスミック重要変化日 * なお今回、2021年の「星座宮別個人の運気予測」は本書に掲載されません。 『フォーキャスト2021』【日本語版】のご案内にかえて 「サイクル」「アストロロジー(占星学)」「テクニカル」の3本柱で市場経済を読み解く分析集団MMA(メリマン・マーケット・アナリスト)。その創設者であるレイモンド・メリマン氏が、毎年発行する予測本『フォーキャスト』。今年もその2021年版をご案内する季節がやってまいりました。 本書は、上記の3本柱から米国及び国際情勢を予測。これに付随した各金融・商品市場(米国債、日米株式、ドル、ユーロ、円、スイスフラン、貴金属、原油、穀物)の動向を予測したものです。 アストロロジーに関しては2021年の水星及び金星逆行の解説に加え、米国大統領やFRB議長など、政治面や金融面で今後の世界情勢を左右しかねない要人の出生図や、FRB、NYSE(NY証券取引所)、そして米国の始原図から2021年の動きを予測。時には主要天体位相の発生時間と上記の始原図とを重ね「何故この時期は重要なのか」を解き明かして行きます(なお、今回からその年の「星座宮別個人の運気予測」は掲載されなくなります)。この分析は資料的価値が高く、それ故に過去の『フォーキャスト』を遡って購入される読者の方もいらっしゃる程です。 昨年、筆者は『フォーキャスト2020』をご案内する際、『フォーキャスト2012』を引き合いに出し、現在が一種の“ルネサンス”であるとし、“…この十数年の革命的な技術革新の裏で、世界はいま、これまで以上に血生臭く、不穏な空気に包まれている”と述べました。そして現在、『フォーキャスト2021』をご案内するにあたり筆者が思い描くのは、たびたび『フォーキャスト』の本文にも登場する経済学の巨人、ジョン・K・ガルブレイズ【1908~2006年】の遺した仕事です。 第二次大戦中は官僚として米国のインフレ抑止に動き、戦後はハーバード大学教授として活躍。1929年の世界大恐慌の研究本『大恐慌(The Great Crash, 1929)』は世界中で読まれ、1960年代までの合衆国大統領の政権運営に影響を与えた彼が、『不確実性の時代(The Age of Uncertainty)』を発表したのが1977年。それから40余年が経過した現在、これほど“不確実性”が高まっている場面を筆者はこれまで見た事がありません。各国で様々な“分断”によって人心は乱れ、“ピーク”が何処なのかは誰にもわからず、現時点で勝者は不明ですが、コロナ禍も相まってアメリカ大統領戦は大混迷。この混迷もまた、間違いなく世界の“不確実性”を高めている要因となっています。 メリマン氏は、数年前から『フォーキャスト』の中で“ザ・グレートリセット”と名付けて警報を鳴らしていました。『フォーキャスト2020』では「山羊座のステリウム」をメインテーマに、「倫理」「責務」「説明責任」を意味する惑星サインの山羊座内で、同じく「説明責任」を意味する土星や「負債」や「暴露」を意味する冥王星、「拡大」「バブル」「パニックとヒステリー」を意味する木星が各々コンジャンクション(0度)の関係になる点を解説。想定される事態を予測(フォーキャスト)。2020年中に起こった種々の事象は、上記の関連ワードの組み合わせると腑に落ちる―と感じるのは筆者だけでしょうか。そして、新たな時代の「変化日」は(米国時間)2020年12月21日になるかも知れません。この時、木星と土星は山羊座から水瓶座へと移り、そこで年内最後のコンジャンクションを形成します。水瓶座は風のサイン。地のサインである山羊座とは要素(エレメント)が違うのです。これは、ほぼ全てのアストロロジー学徒における関心事であるといっても過言ではありません。そして2021年になると、上記のキャストに加えて「予期せぬハプニング」を意味する天王星が参加。現在牡牛座に入居中の天王星は、2021年1~12月までの間で計4回、水瓶座の木星とスクエア(90度)の関係になります。はたしてそれが“Show me the money! ”となるか“Go ahead, make my day.”となるか…。そのドラマのエンディングは、まだ誰にもわかりません。 投資日報出版株式会社
    8,250円
    投資日報社
  • もっとみる

投資日報α 第15532号 2022年5月26日 リップサービスに留まる国連改革

投資日報α  本日の注目記事! ・リップサービスに留まる国連改革 ・需給面からは下値余地は限定的か  武石礼司 ・2022年ダボス会議(世界経済フォーラム)が開催 …

550
10時間前

MMA Gold Report 《NY金相場》   Raymond Merriman May.23 2022

重要変化日:以下の変化日は全ての市場に影響を与える。それは天体位相のクラスターの中心点前後3営業日である。時として前後5営業日に延長されることがある。従ってこの…

2,200
  • 2021.03.01 No 031 100バガー…
  • マーケットの旬を解説する!月刊 投資日報 動画版…
  • 投資日報α 2021.04.01 【2021年長…

MMA Currency Report May.23 2022     Raymond Merriman

重要変化日:以下の変化日は全ての市場に影響を与える。それは天体位相のクラスターの中心点前後3営業日である。時として前後5営業日に延長されることがある。従ってこの…

3,300

週刊 金相場展望 2022年5月23日号

株式会社投資日報社の代表取締役社長であり、サイクル分析の大家でもある、鏑木高明が毎週執筆を行っている金相場展望のレポートでございます。 ------------------------…

550

中原駿レポート ナスダック&マザーズ No.071  2022年5月23日

・ ポイント <ナスダック> 中長期見通し(6.9 年と26 カ月サイクルはまだボトムアウトしていない) 2016 年2月から6.9 年サイクルがスタート、3つの26 カ月サイクル…

2,200

中原駿レポート          No.153 2022年5月23日

・ポイント<NYダウ> 中長期見通し(2020 年3月からの24 カ月サイクルボトムに向け下落中) 変更なし 4年サイクル、12 年サイクルは2020 年3月にスタート。第一4…

2,200