人生すべてマル

こんにちは! 和花です。

昨日は、大阪⇔甲府(山梨県)
往復日帰りで行ってきました。
いや~、遠かったです。

朝6:00すぎに家を出発して、帰宅は夜中の1:00。
19時間コースです。
本来ならもう1時間早く帰る予定でした。

甲府→静岡 に向かう特急電車が、
シカと衝突して緊急停車。

安全確認して、再出発するまで約15分の遅れ。
このため、静岡から新大阪へ向かう
新幹線の乗り継ぎが間に合わ

もっとみる
スキありがとうございます \(^O^)/ あなたもスキです!
5

I'm diamond

globalstrategyさんの画像。

綺麗。素敵。

私は、自分主体の自分の人生を歩んでいくと決めた。

逃げてもいい。

私は私。

他人を納得させなくてもいい。

そして、

自分の大切な仲間が助けられるよう、

自分の言葉や行動に力が欲しい。

不当なことや権力に振り回されたくない。

自分が人生の主体であり、

信念を貫き通せる人生。

これが私の目標です。

人々に不安や恐怖心を煽る報道

おはようございます。

東京などで再び感染者が増えておりますが、いやいやこれが収まる訳がないのです。もはや、これほどまでに感染力が強く進化して自然界で発生し得ないウイルスなのですから、ロックダウンやら緊急事態やら発令しようが地球上からこのウイルスが完全になくなる事は無いと私は推測しております。(何百年先は知りませんが)

だって、風邪が地球上から無くなる事は無いですよね?そして、タイトルにも書きま

もっとみる
スキ有難うございます!宜しければフォローもお願いします(^^)
2

舗装された道よりもオフロードでいこう!

バイクの運転って人生と似てるな、とつくづく思うのです。

私はタイで初めてバイクの免許を取ったのですが、タイで免許を取るのは簡単で、原付が運転できる人なら誰でも合格することができます。
バイクの免許を取ってしまえば、オートマに乗るもマニュアルに乗るも自由です。
それまでマニュアルバイクというものを運転したことがなかったのですが、なんとなく憧れがありマニュアルバイクを購入しました。
バイク屋で契約を

もっとみる

作っては壊すあそび

子供の頃よくレゴブロックで遊んだ。

気が付けば親が買ってくれたものが身近にあった。

作るのが楽しいので、お年玉なんかでも大きめのキットを買うようになってた。

キットのレゴは作って眺めるて遊んで楽しい。見たこともない新しいパーツが使われてたりもする。そのパーツの使い方を学ぶと、今度は自分がもともと持ってるパーツで同じようなものを作ったりしてた。

でも、専用のパーツが使われてるキットのものより

もっとみる
ありがとうございました!

大事なのは自分が一旦決めたことをとにかく試み続けること。

失敗しようが成功しようが、自分の見定めた道を歩く。歩き続ける。

それが大事。その道程で何かが見つかることがあるから。

しかし何がいつ見つかるかは、何も保証されてない。

何も見つからないかもしれない。

でもそれでも、行ってみないことには、本当に見つからないのかどうかすらわからない。

自分の人生を生きたいなら、やることはそれだけだ。

だから自分の道を歩くほかない。やってみるほかない

続け

もっとみる

ガキ論 3おわり

前回のつづき(独断的に切り取られたガキイズム)

 「ガキ姿勢」を取り除く理由とはなんなのだろうか。なぜ、あってはならないものだろうか。心の安寧秩序を乱さないためにこれがあってもいいものではないだろうか?

 私は、その理由としてこれ挙げる。「自己内省のきっかけを得るため」だと。経験の失敗が「ガキ姿勢保険」により、思考を放棄させ言い訳にし、人間的に大きく飛躍する成長する機会を手放してしまっているの

もっとみる

いつまでも忘れたくない気持ち。

私に夢なんてなかった。
何か成し遂げたいと思うこともあったけど、具体性もなければ、なぜやるのかもわかっていないから、長続きはしなかった。

そんな私が今日、始めて「やりたい」ときちんと言葉にした。
話しながら、涙が出た。
話を聞いてくれていた友達も、涙を流しながら聞いてくれた。

今まで、一度も言葉にして言ったことはなかったし、自分にそんな気持ちがあることも認識できていなかったから、言いながら少し

もっとみる

「命の選別」を否定する人の「無意識の選別行為」

「命の選別」に嫌悪感や拒絶反応を示す人達は多い。
本来は、命に差異などはなく、誰しも平等であり尊ぶべきものである。

しかし、人間界では常に命の選別が行われている。‪例えば法律だと、どの国の成文法でも不文法でも、深刻な危機に国が瀕した場合は自国民を優先することは認められていたり、暗黙の了解となっている。そして、命の選別の議論には、命の選別に向き合う人々は存在していない。常に、「選別をする」立場の人

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアしてもらえたら(@_@;)
22