レジデンシャル・カレッジ

[Monthly HLAB] August 2021
+5

[Monthly HLAB] August 2021

こんにちは、HLABです。 残暑厳しい日々が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?HLABでは、サマースクールの開催にはじまり、SHIMOKITA COLLEGEの卒業式、そして新入生の受け入れなど、8月も盛り沢山のイベントを駆け抜けてまいりました。 今回の「Monthly HLAB」では、そんなHLABの8月のニュースや出来事をまとめて紹介します。 "Monthly HLAB" とは この取り組みでは、HLABに関わっていただいている方や、興味を持ってい

スキ
5
SHIMOKITA COLLEGEのプログラム「ダイバーシティ&インクルージョン編」
+6

SHIMOKITA COLLEGEのプログラム「ダイバーシティ&インクルージョン編」

SHIMOKITA COLLEGEでは、偶発的な学びが生まれる仕組み・多様性豊かなコミュニティ・学びや成長へのサポートの3つの特色に基づいた、様々なプログラムを提供しています。今回は、その一つ「ダイバーシティ&インクルージョン」をご紹介させていただきます。 *プログラムの全体像についてはこちらの記事をご覧ください。 ダイバーシティ&インクルージョン・プログラムとはHLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムが掲げている教育目標のうちの一つが「多様性の中での共創力:身近な違

スキ
14
SHIMOKITA COLLEGEのプログラム「キャップストーン・プロジェクト編」
+10

SHIMOKITA COLLEGEのプログラム「キャップストーン・プロジェクト編」

2021年8月1日(日)に北沢タウンホールにて、SHIMOKITA COLLEGE(以下カレッジ)の卒業式を実施しました。本記事は、卒業したカレッジ生によるキャップストーン・プロジェクトの発表の様子をご紹介します。 キャップストーン・プロジェクトとはSHIMOKITA COLLEGEを卒業するカレッジ生が、HLAB カレッジ・プログラムの総仕上げとして、カレッジでの体験を振り返りまとめる企画です。 卒業するカレッジ生は、卒業式で各々スライドを交えて全体の前で発表する機会が

スキ
3
レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「キャンパスに住む意義」(Pomona College・上原さら)
+4

レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「キャンパスに住む意義」(Pomona College・上原さら)

HLABがキーワードと考えている「レジデンシャル・エデュケーション」。それは単に寮で共同生活を営むということだけではありません。大学や寮ごとに制度や仕組みは特徴があり、独自の文化を築いています。そして寮生活を通した学生の経験や学びは多様です。そこで、今回は「レジデンシャル・エデュケーションの最前線」という連載で、海外の大学に留学している方たちに、自分たちの寮や文化づくりについて寄稿をお願いしました。 今回は、Pomona College(ポモナ・カレッジ)に留学している上原

スキ
17
レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「学校に住むということ」(Knox College・古旗笑佳)
+4

レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「学校に住むということ」(Knox College・古旗笑佳)

HLABがキーワードと考えている「レジデンシャル・エデュケーション」。それは単に寮で共同生活を営むということだけではありません。大学や寮ごとに制度や仕組みは特徴があり、独自の文化を築いています。そして寮生活を通した学生の経験や学びは多様です。そこで、今回は「レジデンシャル・エデュケーションの最前線」という連載で、海外の大学に留学している方たちに、自分たちの寮や文化づくりについて寄稿をお願いしました。 今回は、Knox College(ノックス・カレッジ)に留学している古旗笑

スキ
41
College Conversation #2 岡本翔さん 人を「思いやる」とは?

College Conversation #2 岡本翔さん 人を「思いやる」とは?

College Conversation とは ゲストをお招きし、アカデミックからアート、ライフスタイルなど各回ごとにテーマを設定してゆっくりと話を深める、カレッジ生によるカレッジ生のための学びの場です。 2021年7月24日(土)に岡本翔さんをお呼びし、第3回目のCollege Conversationを行いました。自らが生まれ育った環境以外の多様性を知り、その上で相手を思いやるためのマインドセットを育むために、"人を「思いやる」とは?"というテーマで開催しました。 岡

スキ
12
レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「人と日常的に関われる寮生活の価値」(Wesleyan University・石田智識)
+4

レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「人と日常的に関われる寮生活の価値」(Wesleyan University・石田智識)

HLABがキーワードと考えている「レジデンシャル・エデュケーション」。それは単に寮で共同生活を営むということだけではありません。大学や寮ごとに制度や仕組みは特徴があり、独自の文化を築いています。そして寮生活を通した学生の経験や学びは多様です。そこで、今回は「レジデンシャル・エデュケーションの最前線」という連載で、海外の大学に留学している方たちに、自分たちの寮や文化づくりについて寄稿をお願いしました。 今回は、Wesleyan University(ウェズリヤン大学)に留学し

スキ
7
レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「目指せFacebook! 出会いと学びで溢れる『寮』」(UCLA・森夏音)
+6

レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「目指せFacebook! 出会いと学びで溢れる『寮』」(UCLA・森夏音)

HLABがキーワードと考えている「レジデンシャル・カレッジ」。それは単に寮で共同生活を営むということだけではありません。大学や寮ごとに制度や仕組みは特徴があり、独自の文化を築いています。そして寮生活を通した学生の経験や学びは多様です。そこで、今回は「レジデンシャル・エデュケーションの最前線」という連載で、海外の大学に留学している方たちに、自分たちの寮や文化づくりについて寄稿をお願いしました。 今回は、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に留学している森夏音さんによる

スキ
9
レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「アメリカの高校の寮生活で得た4つの学び」(University of Pennsylvania・村越マイケル)
+5

レジデンシャル・エデュケーションの最前線:「アメリカの高校の寮生活で得た4つの学び」(University of Pennsylvania・村越マイケル)

HLABがキーワードと考えている「レジデンシャル・エデュケーション」。それは単に寮で共同生活を営むということだけではありません。大学や寮ごとに制度や仕組みは特徴があり、独自の文化を築いています。そして寮生活を通した学生の経験や学びは多様です。そこで、今回は「レジデンシャル・エデュケーションの最前線」という連載で、海外の大学に留学している方たちに、自分たちの寮や文化づくりについて寄稿をお願いしました。 今回は、University of Pennsylvania(ペンシルバニ

スキ
18
[Monthly HLAB] July 2021
+5

[Monthly HLAB] July 2021

こんにちは、HLABです。 台風が上陸したり、暑い日が続いたりと、天気に振り回される日々が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。HLABではそんな天気に負けじと7月もオンラインを中心にたくさんのイベントを実施し、学びにあふれる一ヶ月となりました。 今回の「Monthly HLAB」では、HLABの7月のニュースや出来事をまとめて紹介します。コンテンツ盛りだくさんですが、最後まで読んでいただけると幸いです! "Monthly HLAB" とはこの取り組みでは、H

スキ
3