マタイによる福音書

Peacemakers

“Blessed are the peacemakers, for they shall be called sons of God.”
Matthew‬ ‭5:9‬ ‭ESV‬‬

(「平和をつくり出す人は幸いです。そういう人は神の子どもと呼ばれるからです。」
‭‭マタイの福音書‬ ‭5:9‬ ‭リビングバイブル‬‬)

「Peacemaker (ピースメーカー)」は紛争の調停者、仲裁人です。

もっとみる

タマシイに安らぎ -マタイによる福音書-

昔、ボクがまだクリスチャンではなかったころ、「神はいると思うか」と尋ねられたことがあった。

ボクはこう答えた。「いるかどうかわからないけれど、いるほうがよいと思う」。

本当に真実で、善で、愛に満ちた神がいるとしたら、いないと考えるよりずっといいじゃないか、と思ったのだ。

でも、そんな風に答えたのも、そのころ、友人からもらった聖書を読んでいたからなのかもしれない。それまでは、神についてのイメー

もっとみる

イエスさまへのプレゼント

『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』

新約聖書 マタイによる福音書 25章40節b (新共同訳)

メリークリスマス(´▽`)ノ☆ くどちんです。キリスト教学校で聖書科教員をしている牧師です。

今日は待降節第4主日。クリスマスを待ち望む期間の最後の日曜日で、各教会では今日クリスマスの礼拝が持たれたことでしょう。かく言う私

もっとみる
なんとお優しい( ;∀;) ありがとうございます!
4

リトル・ドラマー・ボーイの清貧。

この時期になるとあるクリスマス・ソングが耳の奥で繰り返される。

『リトル・ドラマー・ボーイ』

貧乏がゆえに王様にプレゼントを贈れない少年は、代わりに得意のドラムを披露してみせる。

ラパパン パン。

軽快な疑似音に、色彩こぼれるリズムに、虹のようにめくるめく鮮やかなクリスマスを描いてみせる。

曲が終わると。ラジオでもレコードでも、静寂が波紋を広げながら音を飲み込んでいく。ひとときの夢見心地

もっとみる
ありがとうございます! はげみにさせていただきます。
13

神様から離れたがらぬ人生

 神様から離れたがらぬ人生

アメブロに2020年6月30日にあげた記事です。

 大祓~神様から離れたがらぬ人生

 今日は大祓です。半年間たまりにたまった厄を清める日であり、禊の日・生まれ変われる日であります。 

 日本の良いところはこうやって一般人であっても禊の日・生まれ変われる日がたくさんあるところです。

・1月1日→元旦、カレンダー上の年のはじめ。

・2月3日→節分、年の終わり。

もっとみる

舟の中にいた人たち

「舟の中にいた人たちは、『本当に、あなたは神の子です』と言ってイエスを拝んだ。」
「舟の中にいた人たちは」とは、嵐を通過した人たちのことです。その人たちだけがイエスをリアルに礼拝することができます。礼拝は美しく崇高なものであるべきです。しかし、真実はこうです。頭のてっぺんから足の裏まで水浸しになり、寒さに震え、疲れ果てている、そんな嵐を通過した人たちの膝が主の前に折れ、額が地面に付く、そこにほんと

もっとみる

聖愚者・ジェルソミーナ「道」(原題:La Strada 1954年イタリア映画)

1954年に作られたイタリア映画「道」。

とにかく、ジェルソミーナが可愛くて切なくて。いま考えてみると、ジェルソミーナは「知的に遅れのある」女性だ。横暴なアンソニー・クイン演じる旅芸人のザンパノにこき使われる。ザンパノに依存するしかない、無力な人格として描かれている。

ジェルソミーナのしでかす失敗は、旅芸人の親方としては苛々の種だ。しかし、その悪意のなさに思わず笑ってしまう。天然のピエロだ。一

もっとみる
記事に関心をもっていただいてありがとうございます!
5

10/30 ディボーション 幸いな人 マタイの福音書 15:1-11

聖書箇所 マタイの福音書 15:1-11

"そのころ、パリサイ人たちや律法学者たちが、エルサレムからイエスのところに来て言った。
「なぜ、あなたの弟子たちは長老たちの言い伝えを破るのですか。パンを食べるとき、手を洗っていません。」
そこでイエスは彼らに答えられた。「なぜ、あなたがたも、自分たちの言い伝えのために神の戒めを破るのですか。
神は『父と母を敬え』、また『父や母をののしる者は、必ず

もっとみる
スキありがとうございます。あなたに全ての良きものが与えられますように。

裏切り者ユダのためにも マタイ26章14-25節

イスカリオテのユダの名前は、近年とてもポピュラーになった映画「ダ・ヴィンチコード」で有名になりました。ユダといえば裏切り者、というレッテルがついて回ります。そうじゃないかも、というところから出来上がった小説がその原作です。

ユダは本当はどんな運命の下に生まれていたのか。とっても気になるところです。

ユダの裏切り(マタイ26章14-16節);
過越しの食事の席で(26章17-25節);
  A.

もっとみる

聖書の中に「分人主義」を読み取ってみる。

十二使徒の名は次のとおりである。まずペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、フィリポとバルトロマイ、トマスと徴税人のマタイ、アルファイの子ヤコブとタダイ、熱心党のシモン、それにイエスを裏切ったイスカリオテのユダである。

新約聖書 マタイによる福音書 10章2-4節 (新共同訳)

こんにちは、くどちんです。キリスト教学校で聖書科教員として働く牧師です。

もっとみる
なんとお優しい( ;∀;) ありがとうございます!
5