【何故人は不安がるのか?】

「神はなぜ戦争をお許しになるのか」からの学びです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新約聖書によれば、真の幸福、あるいは真の喜びは一つしかない。

それは、神と正しい関係に立つことに基づいた幸福、神がご自分の御子イエス・キリストを通して私たちにお与えになる義の結果としての幸福である。

私たちは、幸福について間違ったとらえ方をしており、幸福を偽りのまた不安

もっとみる

最近はZoom会議の前と後で机に現れるサビの子。私のほうは短髪にしたおかげでピアスのおしゃれが楽しくなり、大きめのフープピアスを買いました。〈また、鼻に飾りの輪を、耳には耳輪を、頭には美しい冠をかぶらせた。〉(エゼキエル書16:12 聖書新共同訳)聖書の時代も耳輪はあったのですね

どうか素敵な1日を!
41

人はパンだけで生きるのでなく、物語で生きる

人はパンだけで生きるのでなく、物語で生きる。。。

NetflixのCMに出て来そうなコピーだけど、たべものに対する飢えと同時に、物語に対する飢えが、人間にはあると思う。

わたしたちの小さな日常は、一瞬で新鮮さを失って、古びていく。ありきたりのものとなった個々バラバラに存在する出来事が、無数の断片になって、過ぎて行く。たまには、断片と断片を組み合わせて、意味を作り出そうと試みるけど、そんなことが

もっとみる

やすらぎの言の葉 NO3100

もし、「そうなる」って確実にわかっていたら、
ちょうだい、ちょうだい〜というよりも、
ありがとう!ありがとう!ありがとう!!
ってなるもんね。

もっとみる
なんと?! またがんばれるよ~
1

やすらぎの言の葉 NO3099

わたしのエンジンは超ポンコツだし、
すぐにエネルギー切れを起こします。

しかたないから、
自分が走れる速さで
どうにかたどり着ける距離だけ進む。
それでいいと思えるようになってから楽になりました。

もっとみる

【自分の行動の原因とは?】

「思考というの名の戦場」からの学びです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メアリーの問題は、夫のジョンを家長として認められないということです。
つまり、彼女は何でも自分で仕切りたいのです。

家計についても、子どもの教育についても、すべて自分で決めたいと思っています。
また、自分が自由に使える「自分だけの」お金を持つために、外で働くことを考えています。

もっとみる

今借りている本、と猫。松本俊彦編『アディクション・スタディーズ』、山岸涼子の漫画『ヤマトタケル』(梅原猛原作)。そして今市子の漫画3冊『五つの箱の物語』『笑わない人魚』『楽園まであともうちょっと』。ここ数か月取り組んできた原稿がただいま大詰め。就寝前に漫画を読んで息抜きしています

とてもうれしいです!
57

マルクスの遺言???

疎外って、実は、共産主義の父であるカール・マルクスが考え出した概念なんだけど。。。クリスチャンである自分も、よく考えもせず、なにげに使ってしまっている。。。

疎外。。。生きている自分が、なんか、本来あるべき自分ではないように感じられて、心が満たされないから、何か別の代償を求めてしまう状態。

多くの人は、心のすきまを埋める代償を、商品購入に求めてしまう。マルクスによれば、こうして商品が「物神化」

もっとみる
THANK YOU !
6

コーヒーを飲みながら考える

今の家に住むようになって約一年が経った。
知り合いのクリスチャンから、低額の家賃で貸してもらって住んでいる。
長い間空き家で取り壊すことも考えていたという。

蜂やムカデや蟻、雑草や庭木との戦いがあった。
夏は涼しい半面、冬の寒さは酷かった。窓にプチプチを貼って冷気を凌いだ。
通勤時間が長くなったので、残業時間を減らすことに苦心した。通夜の晩、お客様のことよりもどうやったら早く帰れるかということで

もっとみる
励みになります٩( ‘ω’ )و
4

終わりの時代に備える 黙示録3章

いろいろ不安な気持ちにさせる出来事が多いと、どうしても「世界の終わり」を考えてしまいますよね。そんなとき、黙示録を読むと、恐ろしいことが書いてあるので、よけいに不安になってしまいます。しかし、黙示録を読んで、心の平安を得る方法があるのです。今回は、黙示録3章からそれを見ていきましょう!