seiko

アーティスト/アートマインドコーチング・アドバンスコーチ/チャイルドアートカウンセラー 色+布+アート https://seikomatsunami.com/ 想像力・創造性・オリジナリティを最も好んで暮らしています。

seiko

アーティスト/アートマインドコーチング・アドバンスコーチ/チャイルドアートカウンセラー 色+布+アート https://seikomatsunami.com/ 想像力・創造性・オリジナリティを最も好んで暮らしています。

    最近の記事

    息子の変身を目の当たりにした日

    少し前の話。 2歳からインターナショナルキンダーに通っていた息子が小学生になり、いよいよ英語環境から卒業。妖精から人間へ。現実世界へやってきました。 幼稚園では愛情たっぷりに育ててもらい、親の目からも先生の目からもいつでもすぐ近くで思い切り自分のすべてをさらけ出して暮らしていた息子は、その温かい環境からポーンと飛び出し、この辺りでは珍しい一学年5クラスのマンモス小学校へ入学しました。 ご近所の一年生たちと(息子だけ)大きな声を出しながらねり歩き、我が家まで帰ってくる。大

    スキ
    14
      • 教育投資のリターン

        気圧の変化が激しい今日この頃。 頭が痛い。息子はロボット制作に熱中し、うまく出来なくて泣いたり騒いだり。「何回でもやってごらん」という私の声が全く届かないほど、大声で泣きながら悔しがる。そんなエネルギーで溢れる息子に全てのパワーを吸い取られているんだ・・・と思いながら、頭を横にしてみる。治らない。食べれば治る!と食べてみても治らない。お風呂で温まれば治る!と入浴しても治らない。そんな頭痛と格闘しながらやっと就寝。 そして今朝、起きてもまだ痛い。これは熱中症かもしれない。

        スキ
        3
        • ピンク色の飛行機

          暑い暑い一日。夕方、夫が息子を習いごとに連れて行ってくれたスキマ時間。思いがけず家の片付けが始まった。 あれも捨てる、これも捨てる、でもどうやって処分しようと悩むようなものばかり。そしてまたそれがいつの間にかもとに位置に。 そんなことを繰り返しながらもようやく少し片付いてきたなという実感が湧いてきた頃、「お夕飯どうするか問題」に気づいた。 ぬぐってもぬぐっても落ちてくる汗。もういいや。今日は「ほっともっと」のお弁当にしよう。 夫たちが帰ってくる前に買ってこなければ。と

          スキ
          3
          • 楽な道を行く

            山登りの話題はまだ続きます。 ハイキングは好きだけど、段差のきつい山登りは苦手。 ひたすら歩くのは苦にならないけど、走り続けるのはムリ。 先日、ふとしたきっかけで、家族で山登りをすることになりました。 岐阜には金華山という山があります。岐阜城が山頂に聳え立ち、その麓には一級河川の優雅な長良川がゆったりと流れます。山々の中にある山でなく、河原の景色の中にドーンと鎮座する金華山なので、岐阜市内どこからでも目につきます。高すぎず、低すぎない。 山頂の岐阜城は夜になるとライト

            スキ
            2

            瞑想の効果

            ランドセルをポーイと投げたり、踏んづけたり、引きずったりは当たり前。 効率的とは真逆の、軽快で大胆で無駄な動き。 宿題は、体操着を脱ぎ捨て裸で立ったまま。なぐり書く文字は、上手い下手の判断ができないほど芸術的。普段コトバに気をつけようと努力している私でも、「うるさい!」と言ってしまうほどの大声。 ある日、そんな元気な息子がいつものようにお風呂でご機嫌に歌を歌ったり独り言を叫んでいた。 そのご近所中に響き渡る大声が、突然パタ、、、と止まった。 ご近所さんもきっと不思議に

            スキ
            4

            ティーンエイジャー

            娘は今、ティーンエイジャーの真っ只中。難しい年頃かもしれない。毎日感情がコロコロ変わり、髪の結び方はもちろん、前髪の向きから量から長さまで気になるお年頃。 ずっと娘の成長を楽しみにしながらも、恐れていたのは彼女の思春期がどんなものであるか。私は親として正常に対応できるか、乗り越えられるだろうか。可愛い、可愛い我が子が、どんなふうに変貌するのか、と悪い方にばかり想像していました。 なぜなら、私自身がティーンエイジャーだった頃、親に反抗的な態度を取ったり悪いことを企てたり、イ

            スキ
            3

            運動会

            この春一年生になった息子の運動会を見に行ってきました。この辺りでは人数の多いマンモス校。1学年5クラスあるのですが、コロナ禍ということで6学年が半分に分かれて時間差での運動会。  参加する種目は6年生との合同レースと1年生の玉入れ、二つのみ。そして見学は各家庭から一人のみ。なんだか寂しいなぁ。。。と思いながらも、雨で延期されたけど予備日には晴れて、開催できたこと。全校生徒じゃなくてもとにかく開催できたこと。見られるのは家族でたった一人でも、まずは「見られた」ということに感謝

            スキ
            4

            キラキラと惨めさ、幸せと罪悪感

            私はEd Sheeranの曲が大好きです。娘にも彼の曲をたくさんリクエストして、ギターで弾いてもらいます。 2 月号のEJ(ENGLISH JOURNAL2月号)を開いて大喜び。Ed Sheeranのインタビューが載っていました。 内容があまりにベストタイミングだったのでここにまとめておきます。 思春期の娘が不調な理由は少しこんな理由もあるんじゃないか、と思い始めていた今日この頃。 最近、このようなSNSの見過ぎによる弊害が新聞にもよく掲載されますが、若い人たちは特に

            スキ
            5

            得意な分野で力を発揮して支えあうこと

            この時期になると、娘の学校では体育の授業で毎日のように、3キロ走らされます。 毎回ゴールが最後か最後から二番目の娘は、雨降らないかな、雪降るかな。体育がなくなってほしい。と、毎日お祈りをしています。雨が降っても体育は延長になるだけで、ノルマがなくなることはないのに。 その昔私も、決まってこういう寒い時期に学校の外周を走ったのを思い出します。娘とは違い運動は大好きでしたが、娘のように真面目ではなく、先生に見えないところに隠れて1周なかったことにするような悪い子でした。 「

            スキ
            2

            ピタゴラス

            最近、娘は勉強熱心です。何かと学校を休むことも多いですが、「勉強が楽しい」と夜中までやっていることもしばしば。聞いたところによると、同世代のYouTuberがアップしているオシャレな机周りや勉強方法やその環境を見てやる気が出たらしいです。さらにはこちら。 このトライイットが娘のやる気を爆発的に押し上げました。これが無料なんて、一昔前なら考えられなかったけれど、本当に世の中に役立つことをしているな、と感心します。 小学生の頃は通信教育のタブレットにお世話になりましたが、おや

            スキ
            9

            新聞の切り抜き

            ここのところ忙しいのを言い訳にしてサボっていたので、すっかり文章を書く能力が衰えていると感じます。ここで言う「文章を書く能力」は、「文章を分かりやすく伝えることができる能力」とは異なります。いつもどんな言葉を使ったら伝わりやすいかな?と考えながら書いてはいますが、はっきりいって、そこはど素人なので、鍛えなければいけないところです。 文章を書こうとして、まずキーボードに手を置き、さてどんな言葉から始めようか・・・と取り組む瞬間の心の筋肉みたいなものが完全にゆるんでしまっていま

            スキ
            6

            サプライズってこういうことか

            遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 この年末年始は、長く続けてきたお店をたたむということで、例年とは少し違っていました。最大級に忙しかったのはもちろんですが、なんとなく目の奥の方に清々しい気持ちがただよっていました。 そんな中、久しぶりに伊豆の両親の家に行くと、そこには見知らぬ車が停まっていました。小さな白いバンで、カラフルな配線みたいなものとか、ゴツゴツした工具みたいなものがたくさん積まれているのが外からでも分かります。「職人さん?」首を傾げながらも一度、「

            スキ
            11

            羽ばたく日

            前日の夕刊をサラッと見ていた、爽やかな朝。映画の紹介をする紙面で、勝手に目に飛び込んできて、いきなり涙が込み上げてきた文章がある。 誰にも壊されず、羽ばたけ!(朝日新聞11月19日夕刊) ここのところ、娘の壊れそうな心を必死で支える毎日。自分自身が苦しい時代とは全く異なる世界をさまよっている。 映画リトル・ガール サシャは男性の肉体で生まれたが、2歳のときから性別違和を感じ、7歳となった今、学校や所属する社会から女性として認められたいと強く希望している。 まだ映画は

            スキ
            9

            違いを認めること

            息子はお風呂が大好きだ。水中メガネをして潜ったり、曲がったストローを口に加え、忍者のように何分間も水中に浮いていたり。鼻歌を歌いながら、レゴやダイナソーのフィギュアでずっと遊んでいる。戦いの実況中継をしながらずっとずっと一人で(正確には妄想の相手と一緒に)しゃべり続ける息子。「もういいかげんに・・・」と言おうとする頃、ようやく出てくる。 最初は一緒に大人が入るけれど、そのまま彼に付き合っていると、ふやけて体がシワシワの梅干しのようになってしまう。大きな歌声が耳について離れな

            スキ
            14

            選挙に行こうと思ったきっかけ

            今日は、3年前に亡くなった愛犬モコの誕生日。リメンバーミーの映画でも見ながら、亡くなった人(犬)を思い出してピザでも食べようか。 そうだ、息子が幼稚園で作ってきた衣装を来て、近所のおばあちゃんのおうちに行く予定だった。おやつをたんまりもらいに。 特に予定のない日曜日。娘のお弁当作りもない。息子の幼稚園もない。久しぶりに目覚ましをかけずに寝られるー!と昨晩はウキウキして寝付きが悪かったな。 そして雨予報なのにスッキリ晴れた秋晴れ。(今現在) コーヒーを飲みながら新聞を広げ

            スキ
            7

            金曜日のケンカ

            幼稚園に迎えに行くと、大汗をかいて園庭で遊んでいたであろう息子が柵によじ登り、駐車場で車のドアを閉める私に向かって叫んだ。 「まだ来ないで!まだ来ちゃだめー!」 そうか、そうか。まだまだ遊び足りないよね。緊急事態宣言を受けて、夕方の延長保育が無しになり、早朝の延長保育も無くなり、園庭での遊びタイムもかなり減ってしまった。「わかった、わかった」と身振り手振りで合図を出して、息子は前歯が数本ないスカスカの笑顔で友達のところに走って行った。 数分でもいいから長く遊ばせてあげよ

            スキ
            3