真帆沁 MAHOshin(文筆家)

アンデルセンのメルヘン大賞受賞他。文筆家、詩人。雑誌編集長を経て独立。本名の後藤しんこで編集・校閲・記者30年、アドバイザリーも。1968年札幌生まれ、北海道大学農学部卒。超教派で行動するクリスチャン。所属教会は改革派。横浜でIMAKIRI〈いまどきのキリスト者〉の暮らしを発信。
固定された記事

食前の祈り

洗礼を受けてから、食事の前に祈るようになった。  クリスチャンが、みんなそうしているとはかぎらない。ふだんの生活で、いちいち食前には祈らないという人もいるだろう…

「家族」は正しいことをするための場所ではない。大切なのは、安心できること ~信田さよ子さん出演のオンライン相談会より

10代のための相談窓口まとめサイト「Mex(ミークス)」が、「親が重い。逃げたい。親との関係どうしたらラクになる?」と題して、ZoomとYouTubeを使ったオンライン相談会を…

料理中の私の背後で、何か期待している2匹。〈あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。〉(ヨハネ15:7 聖書新共同訳)私は神さまではないけど、猫達の望みはできるだけかなえてあげたいなあ

人が人を想う気持ちは、どうしてこんなに切ないのだろう ~私の好きなSF&ファンタジーの名作マンガ【後編】

「#マンガ感想文」というお題を見つけたので、SFやファンタジー系の好きなマンガについて書いてみることにしました。たくさんあるけれど、6作品に絞ることに。  3作品…

「アーメン」は賛意をあらわす、簡潔で優しい響きの言葉 ~クリスチャンになってから毎日使っています

ノンクリスチャンでも、「アーメン」という言葉を知っている人は多いでしょう。日本の一般社会では、実際にはほとんど使われないのに、こんなに周知されている言葉は珍しい…

聖書の上が好きな猫。開いていると時折このようになってしまいます。昨日の私の腸の不調は一歩ずつ回復傾向。〈人間の心は自分の道を計画する。主が一歩一歩を備えてくださる。〉(箴言16:9 聖書新共同訳)早く活動したくてつい無理しがちですが、大事に休養するのが結局近道かなと思っています。