高木高正|東松山バプテスト教会 代表・伝道師

東松山バプテスト教会代表。開拓から10数年牧会に携わる。 その間障害者福祉に携わり、障…

高木高正|東松山バプテスト教会 代表・伝道師

東松山バプテスト教会代表。開拓から10数年牧会に携わる。 その間障害者福祉に携わり、障害者の教育・支援・介助の現場で活動。 現在は高齢者介護施設において、生活介助の支援員として働きながら、聖書の研究を行う。 毎週教会でメッセージとYoutube配信を行っている。

マガジン

  • バプテスト信仰告白 1章 聖書について

    バプテスト信仰告白 THE BAPTIST CONFESSION OF FAITH With Scripture Proofs Adopted by the Ministers and Messengers of the general assembly which met in London in 1689

  • イエスのたとえ話

    今回の連載では、イエス・キリストが語った数々のたとえ話を深く掘り下げていきます。イエス・キリストのたとえ話は、私たちの日常生活に直接関連する普遍的な教えを含んでおり、人間の経験、チャレンジ、そして希望を照らす光となります。 この説教シリーズを通じて、私たちはイエス・キリストの教えの豊かさと深さを再認識し、その智恵を自分自身の生活にどのように適用できるかを学びます。それぞれの説教は、聖書の教えを深く理解し、それを日々の生活に活かすためのガイドとなることでしょう。 イエス・キリストのたとえ話の説教シリーズにご参加いただき、共に学び、成長し、そして神へと近づく旅を共有しましょう。

  • 聖書の山シリーズ

    聖書には、多くの山が登場します。その山々の地理、歴史、聖句からみことばをご紹介します。山という視点を通して聖書を見ていくと、興味深い神の御心がたくさん見つかるでしょう。

  • ペテロの手紙Ⅰ

    ペテロの手紙第一の講解メッセージです。一節一節ギリシャ語本文から解き明かしていきます。非常に長い期間に及ぶメッセージです。どうぞお付き合いください。

  • 2022年アドベント 信仰と希望と愛

    2022年のアドベントとクリスマスのメッセージをお届けいたします。神様の豊かな祝福がありますように。

最近の記事

バプテスト信仰告白 1章 聖書について 6.聖書に基づく教会運営

THE BAPTIST CONFESSION OF FAITH With Scripture Proofs Adopted by the Ministers and Messengers of the general assembly which met in London in 1689 6.聖書に基づく教会運営翻 訳6.神御自身の栄光、人の救い、信仰および生活に必要なすべてのことがらに関する神の全計画は(Ⅱテモテ3:15,16,17; ガラテヤ1:8,9)、聖書に明確に

    • バプテスト信仰告白 1章 聖書について 5.聖書の神聖さとその信頼性

      THE BAPTIST CONFESSION OF FAITH With Scripture Proofs Adopted by the Ministers and Messengers of the general assembly which met in London in 1689 5.聖書の神聖さとその信頼性翻 訳5.われわれは神の教会の証言によって、聖書を高くまた貴く尊重するように動かされ、導かれるようになる。また内容の天的性質、教理の有効性、文体の荘厳性、すべ

      • バプテスト信仰告白 1章 聖書について 4.聖書の権威

        THE BAPTIST CONFESSION OF FAITH With Scripture Proofs Adopted by the Ministers and Messengers of the general assembly which met in London in 1689 4.聖書の権威翻 訳4.聖書を信ずべきものとしているその権威はいかなる人や教会の証言にも依存せず、全くその著者である(真理そのものであられる)神に依存している(Ⅱペテロ1:19-21;

        • バプテスト信仰告白 1章 聖書について 3.外典や偽典(アポクリファ)の扱い

          THE BAPTIST CONFESSION OF FAITH With Scripture Proofs Adopted by the Ministers and Messengers of the general assembly which met in London in 1689 3.外典や偽典(アポクリファ)の扱い翻 訳通常、外典とよばれている書物は神の霊感によるものではなく(ルカ 24:27,44;ローマ3:2)、聖書の正典(または規範)の一部ではない。 した

        バプテスト信仰告白 1章 聖書について 6.聖書に基づく教会運営

        マガジン

        • バプテスト信仰告白 1章 聖書について
          6本
        • イエスのたとえ話
          2本
        • 聖書の山シリーズ
          15本
        • ペテロの手紙Ⅰ
          55本
        • 2022年アドベント 信仰と希望と愛
          6本

        記事

          バプテスト信仰告白 1章 聖書について 2.聖書は神によって書かれた

          THE BAPTIST CONFESSION OF FAITH With Scripture Proofs Adopted by the Ministers and Messengers of the general assembly which met in London in 1689 2.聖書は神によって書かれた翻 訳 2. 聖書には、または記録された神の言葉という名のもとに、今や旧新約の全部の書が含まれており、それらは次の通りである。 旧約聖書 創世記、出エジプ

          バプテスト信仰告白 1章 聖書について 2.聖書は神によって書かれた

          バプテスト信仰告白 1章 聖書について 1.聖書は救いの規範

          THE BAPTIST CONFESSION OF FAITH With Scripture Proofs Adopted by the Ministers and Messengers of the general assembly which met in London in 1689 1.聖書は救いの規範翻 訳 聖書は救いの知識、信仰、および服従のすべてについての唯一の、十全で、確実また誤りない規範である(Ⅱテモテ3:15-17; イザヤ8:20; ルカ16:29,

          バプテスト信仰告白 1章 聖書について 1.聖書は救いの規範

          赦せないことについて

          イエスのたとえ話シリーズ No.2 仲間を赦さない家来 2024年6月9日マタイによる福音書18:21-35 18:21 そのとき、ペテロがみもとに来て言った。「主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。」 18:22 イエスは言われた。「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います。 18:23 このことから、天の御国は、地上の王にたとえることができます。王はそのしもべたちと清算をしたいと思った。 18

          あわれみを閉ざしてはならない

          イエスのたとえ話シリーズ No.1 良きサマリヤ人 2024年6月2日ルカによる福音書10章25節-37節 10:25 すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスをためそうとして言った。「先生。何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」 10:26 イエスは言われた。「律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」 10:27 すると彼は答えて言った。「『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である

          自己顕示とキリストの愛

          2024年5月26日Ⅱコリント5章11節―15節 5:11 こういうわけで、私たちは、主を恐れることを知っているので、人々を説得しようとするのです。私たちのことは、神の御前に明らかです。しかし、あなたがたの良心にも明らかになることが、私の望みです。 5:12 私たちはまたも自分自身をあなたがたに推薦しようとするのではありません。ただ、私たちのことを誇る機会をあなたがたに与えて、心においてではなく、うわべのことで誇る人たちに答えることができるようにさせたいのです。 5:13

          ペンテコステ礼拝 この曲がった時代から救われなさい

          2024年5月19日使徒の働き2章1節ー42節 使徒の働き 2:40 ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい」と言って彼らに勧めた。 2:41 そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日、三千人ほどが弟子に加えられた。 タイトル画像:Betty VerheijによるPixabayからの画像 はじめに今回は、ペンテコステと呼ばれる聖霊が降臨した日について語っていきます。『この曲がった時代から救われなさ

          ペンテコステ礼拝 この曲がった時代から救われなさい

          キリストの昇天にあって

          2024年5月12日 礼拝使徒の働き1:3-9 1:3 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現れて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。 1:4 彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。 1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」 1:6 そこで、彼らは、いっしょに集まっ

          私たちの願いはなにか Ⅱコリント人への手紙5:8-10

          2024年5月5日 礼拝Ⅱコリント人への手紙5:8-10 5:8 私たちはいつも心強いのです。そして、むしろ肉体を離れて、主のみもとにいるほうがよいと思っています。 5:9 そういうわけで、肉体の中にあろうと、肉体を離れていようと、私たちの念願とするところは、主に喜ばれることです。 5:10 なぜなら、私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです。 タイトル画像:Gerd Altmannに

          私たちの願いはなにか Ⅱコリント人への手紙5:8-10

          信仰の旅 Ⅱコリント人への手紙5:6-7

          2024年4月28日 礼拝Ⅱコリント人への手紙5:6-7 5:6 そういうわけで、私たちはいつも心強いのです。ただし、私たちが肉体にいる間は、主から離れているということも知っています。 5:7 確かに、私たちは見るところによってではなく、信仰によって歩んでいます。 タイトル画像:Pixabayからの画像 はじめに信仰の旅は、見えるものによってではなく、信じる心によって歩むものです。この道は、時には不確かで、目に見えるものが全てではないことを教えてくれます。今回はパウロ、

          信仰の旅 Ⅱコリント人への手紙5:6-7

          産みの苦しみにうめく        Ⅱコリント人への手紙5:1-5

          2024年4月21日 礼拝Ⅱコリント人への手紙5:1-5 5:1 私たちの住まいである地上の幕屋がこわれても、神の下さる建物があることを、私たちは知っています。それは、人の手によらない、天にある永遠の家です。 5:2 私たちはこの幕屋にあってうめき、この天から与えられる住まいを着たいと望んでいます。 5:3 それを着たなら、私たちは裸の状態になることはないからです。 5:4 確かにこの幕屋の中にいる間は、私たちは重荷を負って、うめいています。それは、この幕屋を脱ぎたいと思う

          産みの苦しみにうめく        Ⅱコリント人への手紙5:1-5

          表面的なことに目を留めてはいないか Ⅱコリント人への手紙4:16-18

          2024年4月14日 礼拝Ⅱコリント人への手紙4:16-18 4:16 ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。 4:17 今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。 4:18 私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。 タイトル画像:rony michaudによるPixaba

          表面的なことに目を留めてはいないか Ⅱコリント人への手紙4:16-18

          最初の主日礼拝

          2024年4月7日 礼拝タイトル画像:Sebbi StrauchによるPixabayからの画像 ヨハネによる福音書20章19節―23節 20:19 その日、すなわち週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて戸がしめてあったが、イエスが来られ、彼らの中に立って言われた。「平安があなたがたにあるように。」 20:20 こう言ってイエスは、その手とわき腹を彼らに示された。弟子たちは、主を見て喜んだ。 20:21 イエスはもう一度、彼らに言われた。「平