ズブな素人がリングデビューを目指すという大きな夢
+7

ズブな素人がリングデビューを目指すという大きな夢

ほんとは、一回手を出してまんぞくしたら辞めようと思ったけど 実際に、手を出したら、 欲というものは出てくるわけで、 リングの上で、お客様がいる状態で試合をしてみたい!! と思うようになってきました。 昔の自分じゃ考えられないけど 35歳になって、いろんな経験してきたおかげで そう思えるようになったのかなって思います! 次のステージに行かないと納得しない自分の性格。 ここまで来たら、リングの上に立って 試合をしたい! 試合をした時の選手の気分はどんな気分なん

飛び出し☆キッド
+2

飛び出し☆キッド

『飛び出し☆キッド』は、売名ですか?と たまに聴かれます…。 それについて今回は答えて行こうかと思います。 まず『交通安全』に寄与したいと思う気持ちは 真実です。 (活動をより広く知ってもらうためにチラシ作成してみました。) 飛び出し☆キッドの誕生 飛び出し☆キッドは、 『大人が子供達に背中を見せて欲しい!』 との願いから産まれました。 僕には、お金は有りません。 それは、もう 清々しい程にありません。 でも、 助けたい人達が居ます。 サポートしてあげたい

スキ
3
【プロレス】を初体験
+7

【プロレス】を初体験

ファルカ選手(アキラメン)は、プロレスというものを1から教えてくれました。 中でも【受け身】 『プロレスは受け身が大事!』 『受けの美学!』 なんて話は耳にしてたけど、 いざやってみて、まさかここまで大事だなんて。 そして、、、受け身がめちゃくちゃ痛い!!!苦笑 プロレスラーの選手はみんなこれを経験してるんだ。。尋常じゃない。。 少ーしだけ、辞めちゃおう。 …とは、思わなかったです!!! だって、痛さより ”楽しさ”が増したんだもの。 教えてくれた、アキ

スキ
1
【インタビュー】電流爆破トーナメント参戦前・マドレーヌの心境とは「金属アレルギーなんですよ(マド)」
+1

【インタビュー】電流爆破トーナメント参戦前・マドレーヌの心境とは「金属アレルギーなんですよ(マド)」

※メディアから個別インタビューが来ないので、自分でインタビュー記事を捏造する企画※ 女子電流爆破プリンセス・トーナメント  FWM-E主催の「女子電流爆破プリンセス・トーナメント」第1回戦の前半試合が9月12日(日)に鶴見青果市場で行われ、ミス・モンゴル選手とテクラ選手(不戦勝)が2回戦に勝ち進んだ。  同トーナメントは8人制で行われ、1回戦後半の2試合は10月24日(日)に行われる。今回は、この後半戦で鈴季すず選手と対戦が決定しており、電流爆破が初となるマドレーヌにイ

スキ
14
働く絵本②「パパのしごとはわるものです」

働く絵本②「パパのしごとはわるものです」

大人に絵本を読んでもらいたい!そう考えています♪ 「パパのしごとはわるものです」       坂橋雅弘さく吉田尚令え ある日、学校の宿題で、パパの仕事を調べてくることになりました。パパの後をつけていくと…なんとプロレスの試合会場?パパの仕事は〜悪役の覆面レスラーだったのです。そこには、仕事として頑張るパパの姿がありました! 「役割」の話を高校生に伝える時に、この本は力がありました。 学校でも、職場でも、社会においても役割があります。 そんなことも楽しく伝えています🤗

スキ
3
うんちくばかり言わず、自分がやれ!!
+24

うんちくばかり言わず、自分がやれ!!

【プロレスblog⑧】 リングの上で輝いてる選手たちをマジマジと観て、中学生以来にプロレスにどハマり。 スターダム以外にも、 新日本プロレス、 全日本プロレス、 NOAH、 DDT、 大日本プロレス等 いろんな団体へ足を運ぶようになりました。 なんなんだろ?こんなにハマるのは。 花ちゃんが乗り移ってるのか? そう思う時も多々。 とにかく、休みの時はプロレス会場に足を運びました。 時には仕事休みにしていくときも…ww やっぱり映像と現場で観るとでは全

スキ
1
stardom 再スタートを見届けに…そこに居た 木村花選手
+15

stardom 再スタートを見届けに…そこに居た 木村花選手

コロナ禍になって止まっていた針が動き出した スターダム興行復活一発目。 声も出せず、手拍子だけの新しい観戦スタイル。 いろいろと変わった模様ですが、 やはり1番は あの場に居たみんな【木村花選手】の頭でいっぱいだということ。 もちろん、自分もその頭でいっぱいだった。 開始と同時に木村花選手のテンカウントゴング。 全選手、関係者、お客が立って黙祷。 その後は、久しぶりの試合に 選手たちが大暴れ。 中でも、心にきたシーンは 1試合目、花選手の妹分の吏南選手が

スキ
1
幻のNWA世界王者となった不運の電光男【1981年の国際プロレス外国人レスラーファイル/マイク・ジョージ編】

幻のNWA世界王者となった不運の電光男【1981年の国際プロレス外国人レスラーファイル/マイク・ジョージ編】

国際プロレスとは?1967年1月5日大阪府立体育会館大会で東京プロレスとの合同興行として旗揚げされ、1981年8月9日の北海道・羅臼大会を最後に崩壊するも、今なおオールドファンの心に残り続けるプロレス団体・国際プロレス(ここからは国際と形容)。 日本プロレス界においてのの功績は計り知れない。 レスラーとの契約書の作成、巡業バスの導入、日本人マスクマンデビュー、日本人同士の世界タイトルマッチ、金網デスマッチ、外国人留学生の受け入れ、日本初の選手テーマ曲の導入…。 国際は現在

スキ
5
木村花選手の衝撃
+10

木村花選手の衝撃

【⑥】 ニュースで流れたきたこの文字。 【木村花さんが死亡】 ?! 『…嘘だろ。』 木村花選手はレッスルワン時代に 華があって、綺麗な子だなぁってチェックしてて、 スターダムに入ってからの試合で 初めて現場で観ました。 生で観たその姿に 一瞬で惹かれてしまい 試合後のツーショットチェキなんかも おじさま方のかなりの行列の中、 並んで撮ってもらいました。 ※まさかあんなに自分が緊張するとは、、ww 『モファモファ頭で、めちゃいいー!!しかも笑顔もやばい

【百年ニュース】1921(大正10)5月16日(月) プロレスラーのキンジ渋谷が誕生。日系二世としてロサンゼルスで育ち,ハワイ大学でアメリカンフットボール選手として活躍。1952沖識名にスカウトされプロレス入り。のちマサ斎藤とのコンビで多くのタッグ王座を奪取し全米で人気を博す。2010死去,享年88。
+4

【百年ニュース】1921(大正10)5月16日(月) プロレスラーのキンジ渋谷が誕生。日系二世としてロサンゼルスで育ち,ハワイ大学でアメリカンフットボール選手として活躍。1952沖識名にスカウトされプロレス入り。のちマサ斎藤とのコンビで多くのタッグ王座を奪取し全米で人気を博す。2010死去,享年88。

プロレスラーのキンジ渋谷が米国ユタ州で誕生しました。日系二世としてロサンゼルスで育ち,ベルモント・ハイスクールではアメリカンフットボールのオフェンスガードとして活躍、のちハワイ大学でもアメリカンフットボール選手として全米大学オールスター戦であるフラ・ボウルに出場したほか、ホノルル・ポーラー・ベアーズやホノルル・ウォリアーズなどのセミプロ・チームに所属し活躍を続けました。 1952年、沖識名にスカウトされプロレス入りしました。翌年NWA王者ルー・テ―ズに挑戦するなどして注目を