+13

【イチからDX】zapierを使ってnoteの更新通知をSlackで受け取る方法

今回ご紹介する方法は、noteに限らず「RSS」が取得できるサイトやブログ等で活用できますのでぜひお試しください。 *今回の目的ロカリアのスタッフ達で始めたnoteですが、誰かがマガジンに記事を追加したとき、自動で情報共有できる方法を検討していました。それ以外にも、注目している投稿者が記事を公開したとき・お気に入りのマガジンが更新されたときにSlackで通知が受け取れたら、記事を見逃さずに済みますよね。 *今回のゴールzapierを使ってnoteの更新通知をSlackに飛

スキ
4

ノーコードでAI開発!画像認識AIの開発を支援する「タクミノメ」

▼おはトピ・「タクミノメ」とは、ノーコードでAI開発の内製化を可能にするAI・画像認識ワークステーション。 ・同製品は画像分類に加えて、異常検知、物体検出、領域検出の4つのタスクに対応可能であり、画像認識に関する幅広い需要をカバー。 ・製造業における異常検知や検品をはじめ、さまざまな企業でAI画像認識モデル構築を迅速に行えるように支援し、AI技術を活用した業務変革と新規事業開発を後押しする。 ▼サイトリンク(画像引用)・タクミノメ サービスページ https://www

+12

【W6】最大共通部分構造_05_解析条件変更

【W6の目的】 化合物セットが共通してもつ最大の部分構造を計算する方法を学びます。 【MCS解析の体験】 前回まででW6のworkflow (WF)全体像とデモデータを見てきました。 一通り体験は終わっているのですが、WFの左下に、TeachOpenCADD開発者のVolkamer研からのメッセージがあります。 そこで今回はRDKit MCSノードの設定を変えてみましょう! 【WFの複製】 と、その前に。 これまではデモデータを見るだけ、あるいは既存のWFにノードを

スキ
3

アプリ開発の内製化が進んでいる??

企業が自社で利用するアプリの開発内製化を進めています。 米ガートナーによると、2025年までにビジネスで利用されるアプリの70%がノーコード/ローコード開発になると予測されています。 実際たしかに、ノーコードでのアプリ開発で事足りてしまうケースが増えてきています。 一番の理由としては、テンプレートが豊富になってきているからですね😀 様々なビジネス利用用途を想定したテンプレートが登場してきています。 テンプレートを選択し、データを入力、デザインを少しいじったりして即日

スキ
17
+14

新機能「チョイスコンポで複数選択」:でもデータはどう保存される!?【ノーコード・ツールGlide】

最近のGlide Updatesから気になる機能を確認してみましょう! すぐに使いたくなった新機能はこれです。「チョイスコンポーネントで複数選択可能になりました!」というものです。そういえば、いままで1つしか選択できなかったですね😅 そして、チョイスコンポーネントに新たに加わったChipsというスタイルを使うようです。 どう動くか見てみましょうよ! さくっと作ったアプリで確認「何を食べたいのか、選択して送信する」という単純なアプリを作りました。これで試してみますか!

+12

Teamsでリアクションした人をPowerAutomateで一覧作成し取得する

PowerAutomateでTeamsのリアクション取得を自動化したので、紹介したいと思います。 ノーコードでできますので、非エンジニアの方も是非試してください! 今回の流れ Teamsでリアクションを取得したいメッセージ選択 メッセージ詳細を取得 2を処理して、リアクション者を取得 CSVに吐き出す OneDriveにCSVを格納(他サービスに代替え可能) 準備するもの PowerAutomate Temas Office OneDrive(他サービス

スキ
1
+11

【W6】最大共通部分構造_04_Step2

【W6の目的】サイズの大きい化学データのクラスタリングとクラス分類は、医薬品探索の化学を利用する広範な領域において、研究を導き、分析し、知識を発見することにとって不可欠です。 一つ前のトークトリアルで、化合物をグループ化する方法(クラスタリング)を学び、一つのクラスターに含まれる化合物がお互いに似通っており、共通の骨格(scaffold)を共有していることを見つけました。視覚的に調べることに加えて、ここでは化合物セットが共通してもつ最大の部分構造を計算する方法を学びます。

スキ
2
+4

Glide Updates:機能や外観が変わって戸惑う皆さまへ【ノーコード・ツールGlide】

ノーコード・ツールGlide。使うたびに、「なんかユーザーインターフェイスが変わってない?」「こんな機能あったけ?」と思うことはありませんか🤔? そう、実際、ノーコード・ツールGlideは、ものスゴイ勢いでパワーアップを重ねてきました。 紹介した内容が1年以内に古くなる… 私がGlideを使い始めてから、1年経過していません(私も1年生です😄)。しかし、この1年足らずの間だけで、だいぶ機能が増えた気がします。 その影響もあり、過去記事や過去のYouTube動画が、すでに

機械学習に関する記事まとめ #8

次の記事ではAIの種類を紹介しています。 定義やそれぞれの違いについても詳しく解説しています。 ITベンチャーのAI insideがノーコードAI開発支援サービス「Learning Center」のユーザーを増やしているそうです。現在は画像認識モデルの開発のみに対応しており、専門知識を不要にした点が評価されているみたいです。

スキ
3