コンマリ

君はドイツ人?コンマリはドイツでも人気。7月2日。

7時起きは寝坊

6時過ぎには歩き始めようと決めていたのにもかかわらず、目が覚めたら7時。そして10台あるベッド部屋にもう誰もいない。

寝坊したこともあって、今日は20キロのカリオン・デ・ロス・コンデスまでにする。というのも、その先は18キロの間町も売店も無いらしく、ちょうど暑い時間帯に当たってしまう。

毎日保湿クリームを塗りたくっても手も足も日焼けでボロボロ。皮がむけて来て見苦しい。最初にう

もっとみる

キッチンと食品庫の「片付け祭り・断捨離」のコツ(片付けられない歴30年以上、卒業の瞬間)

引越し3日目、1人でコツコツ、同じアパート内の4階から最上階ペントハウスのお部屋へ、カートで荷物運んでます。コロナで知らない運送屋さん頼むの、気が引けたから。

でも私は、
こんまりさんブームな「お片付けの魔法」、
その前の、こぐれひでこさんのブームの「断捨離」、
さらに知る人ぞ知る片付けの草分けカリスマ、イギリス系のカレン・キングストンさんの「ガラクタ片付けて運気を上げる」風水的方法も、

お片

もっとみる
ありがとうございます😊質問等ありましたら、コメントへどうぞ。
4

いまさらコンマリメソッド

今回はあの有名な近藤真理恵さんの『人生がときめく片付けの魔法』を読んで学んだことについて。

今までは引き出しの中であるにもかかわらず

アパレル店の店頭に置いてあるような陳列方法で収納していた下着類に対し

コンマリメソッドである縦置きを採用した
(※とにかくなんでも縦で収納。本の中に畳み方も文章で説明あり)

すると写真の通りにまとまった

(右側の収納はオマケです)

もっと早くこの本を見て

もっとみる
貴重な時間をありがとう!
5

習慣を変えてみて 『物との向き合い方』

コンマリさんこと、近藤麻理恵さんの『人生がときめく魔法の片づけ』

施主さまが収納に悩みがある場合、読んで取り組まれた方は効果絶大です。

僕も数年前に読み、1年かけ、じわじわと部屋がスッキリしていき、物の向き合い方がかなり変わっただけでなく、心身共に軽くなりました。

住宅に限らず店、お店やオフィスでも応用が効きます。

本がなかなか読めないという方でも最近はオーディオブックもあるようで良いです

もっとみる

名翻訳家も、ネットの見過ぎで失業の危機に⁉ 『デジタル・ミニマリスト』訳者・池田真紀子氏インタビュー

話題作『デジタル・ミニマリスト――本当に大切なことに集中する』(著者:カル・ニューポート)の翻訳者、池田真紀子さんのインタビューをお届けします。チャック・パラニューク『ファイト・クラブ』やE L ジェイムズ『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』など数々の話題作を手がけてきた池田さんですが、実は数年前にネットの見すぎで“失業の危機”を感じたことがあるとか。はたして、その状態からどのように回復を果たし

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
47

コンマリしすぎちゃった人へ。

最近よくコンマリメソッドに影響されて、クローゼット整理をした結果、

やっぱりあれ捨てなきゃ良かったな。

ということを呟いている人をよくみる。

おそらく、それって自分の人生が豊かになるために必要なもの。がよくわからない。ということが原因かな。と思う。

コンマリさんのいうときめくかどうか。というやつですね。

人それぞれ人生の豊かさというものは違っていて、私は絶対ファッションは大事だから、クロ

もっとみる

捨て本

書名:捨て本
著者:堀江貴文
出版社:徳間書店
発行日:2019年7月30日
読了日:2019年8月3日
ページ数:312ページ

おはよう〜☀️。先週からずっと
大阪出張で全然アップできてなかった❗️
今日、連続投稿します。

まずは「捨て本」堀江さんの新刊。

結構共感できるところありました。

私もモノに執着しないので家がスッキリしています。
最近は物欲も本当にないです。
(それでもまだモノ

もっとみる
ありがとう!嬉しいです!
8

「アメリカで人気」と日本で紹介されるのは、わりと誇張w でも、片付けの魔法のコンマリさんは本当。私がインターンをしてたブルックリンの映画製作会社の女社長も、熱狂的ファン(写真は私のデスク)。黒ラブがいるおしゃれなオフィスでした。夏は自由の女神を望むルーフトップで、アフター5飲み!

I appreciate your interest.
8

ダサイかもしれない。でも。世の中の流れを作る側になるために。

昨日、初めてタピオカティーを飲みに行った。今までも、近所に新しくできたGongchaの店舗がいつも行列しているのは知っていた。でも、なんとなく横目で通りすぎてしまっていたのだけれど、こんなnoteを読んだこともあり、やっぱり流行っているものは一回経験しないと!と思い直し。

1月に韓国・ソウルに行った時にも皆飲んでいた。太いストローにキラキラ光るタピオカ。若者が飲みたがるのもわかるような気がした。

もっとみる
ありがとうございます!感謝です^ ^
5

ミニマリストを目指すなら

「不要なものから解放され、本当に必要なもののみに囲まれて生きる人たち」をミニマリストと言うらしい。

身辺に置くものを必要最小限にとどめることで、生活の豊かさやスリムなライフスタイルを目指す動きがアメリカではじまり、そのブームが日本にも上陸してきたとか。

大量生産・大量消費時代と言われて久しい。モノがあふれる現代社会において、モノに囲まれる生活は豊かさの象徴みたいなムードがあった。

しかしその

もっとみる
とてもうれしいです!
6