クロール

個人メドレーのレース戦略 各種目の特徴と対策〜18th FINA World Championship2019レース分析〜

第1、序論

1、はじめに

”平泳ぎを制するものは、個人メドレーを制する”

個人メドレーの選手は、平泳ぎの選手がなる。

と言われています。でも本当にそうなのでしょうか?

日本では、大橋選手、萩野選手、海外では、ラーキン選手、リザーランド選手、フェルプル選手、ロクテ選手、ホッスー選手,,,etc。平泳ぎ以外を専門とする選手が個人メドレーで活躍してます。

もし、平泳ぎ以外に個人メドレーの戦略

もっとみる

初心者水泳塾|力を抜いて、大きく泳げるようになるための近道

こんにちは、

森せんせーです!

理想の泳ぎとは、

趣味と楽しむのならば、

速いだけが理想ではないと思います。

オリンピック選手など、

大きな大会のテレビ中継で、

選手がサブプールでアップしたり、

クールダウンしている様子が映ることがあります。

その時の選手たちの泳ぎは、

実にゆったりしているように見えます。

(実際はかなりのスピードですが…)

その大きく・ゆっくり・きれいな

もっとみる
嬉しいです!
3

初心者水泳塾|クロールのキャッチ

皆さん、こんにちは。

水泳塾長の森せんせーです。

本日の授業は

初心者方に向けた

クロールの授業になります。

それでは、初めていきます。

内容は

クロールのキャッチ動作についです。

まずは、クロールキャッチの理想論です。

・キャッチの理想論肩を支柱に腕全体を動かす中、手首や肘の角度を微妙に調整しながら、肩→肘(二の腕)よりも肘→手首を、少し早めに動かすイメージで、手の平(できれば

もっとみる
励みになります!
3

キックとプルと○○のタイミングを合わせる

キックだけならプルだけなら速いのに、スイムになると、、、という方は呼吸のタイミングが合っていないかもしれません。呼吸は「はく」「吸う」「とめる」の3つで構成。酸素と二酸化炭素のガス交換だけでなく、水泳においては浮力のコントロールに大きな影響を与えます。推進力の頻度が比較的少ない平泳ぎやバタフライにおいては重要な要素となります。

例えば息を水中で吐ききったところから顔を上げて息を吸おうとした時、ど

もっとみる
スキを押してくれてありがとうございます!

紀州鉄道クロール 2012年夏頃、懐かしいです。

この動画でクロールを泳いでいます。
紀州鉄道軽井沢ホテルのロイヤル館では懐かしいメロディーを流しています、彼女と昭和のホテルで泊まり、バーベキューをして、息子、娘とプールで遊びました。

実績 スイム 50m -18秒(3ヶ月) 1分5秒→47秒

水泳って

小さい頃やっていれば、、

そんな話よく耳にします。

そして、水着になるのが恥ずかしい、、

勇気振り絞って、レッスンに受けに来てもらいました。

最初は、溺れながら50m完泳。

顔は青ざめてました。

『呼吸がきつい』
『前が見えない』
『ばちゃばちゃ泳ぎでよくウォーキングの方に注意される』

(最後のはどうかと思うが)

僕の指導はいい意味で

『しつこい』

できない事を明る

もっとみる

20200226 プール〜嫌いなのか、悔しいのか。

本日はSRのプール。
ここ2ヶ月くらいだろうか。0歳から始めていたプールが大嫌いになったようだ。
これまで、一度も嫌がるようなことはなかったが突然嫌いと言うように。

理由を聞くと楽しくない。難しい。この2点くらいしか言わない。
毎週、大泣きしてから出発している。

今日、久しぶりにレッスンの様子を観覧してみた。「難しいことやってんなぁ」。
これが正直な感想。

クロールの練習だった。一人ずつ泳ぎ

もっとみる
え、嬉しすぎる。ありがとうございます。

バタフライとかまではやらないけれど、クロールで1時間泳いでさっさと帰るのとか理想なので、それをやるのがいいと思う、辛いレッスンでも、自分のためになるのであれば&ウザいババアに気を使わない場所希望、

水泳スピードアップ・プログラム【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組 特典付レビュー

レビューまとめ

速く泳ぐには、水の抵抗を減らす・自分の力を推進力に変えることが重要だが、この2つをとことん追求している
間違った泳ぎ方してると、速く泳げないだけじゃなくて無駄に体力消耗してすぐバテるが、これを修正できるメリットもある
小5の息子が少し手の動きを直したらスムーズに泳げるようになったと言ってた
子供でも理解・実践しやすいってのはいい
確かにわかりやすい
これなら簡単に問題点を見つけて

もっとみる

「泳力アップ教室」、3回目。

クロールで長距離を泳げるようになるのが夢である。
 というわけで、杉十温水プールの「泳力アップ教室」に行ってきた。毎月あるので、これで3回目である。
 講師の先生はいつも同じ。
 最初はキックだけで5メートル進む。姿勢をみるためだろう。
 それからビート板を使って、バタ足。25メートルを2本。これが意外とキツい。
「足をバタバタやっていても進みません」
 と言われる。太ももから足先まで直線だと、後

もっとみる
またよろしくお願いします。
4