オーディオテクニカ

自分の趣味マニアックすぎて話せる人いないの辛い…さっき腕時計についてつぶやいたけど、あともう一個趣味なのが、イヤホン集めなんだよなぁ…イヤホン5000円~40000円ぐらいので計7本あるけど、さらに欲しいとか言うと、奥さんに怒られる…まぁ、当たり前だけど(´・ω・`)

とても嬉しいです(*'ω'*)
1

イヤホン選びって

昨日、Appleから新しいイヤホンが出た。
その名も「AirPods Pro(エアーポッズ プロ)」。
お値段は、税抜27,800円ということでまあイヤホンというのは本当にピンキリなので、高くもなく安くもない部類なんじゃないかと思う。

以前イヤホンオタクの男性と付き合っていたこともあり、少しだけイヤホンに対して敏感なのである。

わたしの周りの人でも、何人もAirPods Proを買っている人が

もっとみる

サマソニの企業ブースを見てきた!の巻

今回は、2019年8月16日(土)~17日(日)、千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催された日本有数の大規模音楽フェス「SUMMER SONIC 2019」(通称サマソニ)の東京会場に行ってみました!(大阪の舞洲SONIC PARK・舞洲スポーツアイランドでも同日に開催しています)

もちろん、ただ遊びに行ったわけではなく、サマソニではどんな企業がどんなブースを出展しているのかを見て周り、気になっ

もっとみる

コンデンサマイク使ってみた❗️

どうも駆け出しサウンドクリエイターのステキヒニコです。今回はAT2050を使ってみた感想を書きます。

まずは自分の声を録って見ました。
「こんにちわ。」とりあえず挨拶からはじめるのが礼儀だと自分に挨拶してみました。
ん?綺麗に録れてると思ったと同時になんか照れ臭い感情がわいてきました。

どんどん録っていきます。いろんな声を出してみたり、ポーズをかえたり、軽く踊ってみたり、、、。

使ってみた感

もっとみる

コンデンサマイク買いにいこう❗️

コンデンサマイク使ってみようと思い、いろいろ調べた結果とりあえずオーディオテクニカの ATシリーズがベタで良さそうだったのでお店へレッツゴーして陳列ケースに顔擦り付けて、「あった、あった、これ、これ」と見ていました。
なんせ駆け出しなものですから予算もあんまりないのでAT20シリーズにする事にしました。

AT2020、AT2035、AT2050さぁどれにする?

悩んだ結果AT2035に決めて、

もっとみる

連載「音響ワークショップ」第5回

こちらでのお知らせはあまりしていませんでしたが、ビデオサロンでの連載も5回目を迎えました!今回のテーマは「ハンディレコーダー活用術」です。Web版では実際に録音した音声ファイルもDLできますので、興味のある方は是非ご覧になってください♪

もっとみる

オーディオ用インシュレーターは感動のアイテム

スマートスピーカーが騒がれるこのご時世ですが、自宅はONKYOの割りとデカ目のスピーカーで音楽を聴いてます。これはこれで音の鳴りとかが好きなものの、そのスピーカーにインシュレーターを付けると格段に音質が上がりました。なんで今までやらなかったんだろう...というぐらい。

インシュレーターはスピーカーから発生する振動を床とかの設置する面や、近くに置いているものと干渉しないようにするアイテムです。

もっとみる

今日は子供用のヘッドフォンを買いに来ました。良く壊すのであまりコストは掛けられないのですが、その中でこのオーディオテクニカのATH-S100は出色の出来でした。ボーカルも前に出ますし1900円でこれだけ鳴ればもう十分な感じです。日本一売れているヘッドフォンらしいですが納得です。

『ラ・ラ・ランド』メモ。最後の着地が見事すぎてうろたえた。ネタバレあり【点数:1312点】

★一言メモ

※ゴズリングが人をひとりも殺さないどころか、殴りもしない良い男だった。

※エマ・ストーンにとっては『バードマン』のB面的であり、ゴズリングにとっては『ブルーバレンタイン』のB面的な作品でもあったかも。

※エマ・ストーンは、本人の人生にもミアを重ねてたかもしれない。エマストーンのエマストーン性が全開でした。

※シモンズ出番これだけかー。と思ってたらラストシーンで大活躍してた。

もっとみる

また大好きなヘッドホンを買っちゃいました。

まいど、黒井です。

ぼくはいつも音楽を聴きながら作業をしています。そのため(とういワケでもないけど)オーディオ機器が好きで、とくにイヤホンやヘッドホンはかなりの数、持っています。

メインブログではヘッドホンやイヤホンの記事だけで20本近く書いてるんですよ。なかでもぜひ読んで欲しいものをいくつか紹介しますね。

1.高音質ヘッドホンのおすすめをドーンとまとめます。

こちらはぼくがはじめて書いた

もっとみる