ふうまくんに恋して-風磨くんの引力と余韻-

ふうまくんに恋して-風磨くんの引力と余韻-

気持ち的に解放されたら涙が出ます。笑 だから今日は雨。 雨の日にしっぽり風磨くんを語ろうかな。 定期的に書きたくなる風磨くんのこと。 絵/春香 肌触りとか聞き心地とか感触とか自分なりのゆったり感とかそういうのほんまに大事。  香りとかもね。 そんな部分が合う人とか同じように大切にしてる人を好きになりやすい。 私にとっての心地良いにフィットするのが風磨くんです。 それから彼は、 自然体でいて人間の本質をよく分かってる人。 人間の本能的にちょっとえちぃ方が好きになるし見た

8
【死語現禁】3.アンニュイ

【死語現禁】3.アンニュイ

(仏:ennui)心が晴れず、けだるいこと。倦怠。(広辞苑第六版) <用法> 雲の多い日の午後。生暖かい風がそよぐ海辺のコテージで、彼女は紅茶を飲み終えた。 昼食の片付がある。それが終わると、やりかけの翻訳の仕事にとりかからないと。 でも、なんだかやる気がしない。時間が膿んでるようだ。 体を動かすのも面倒。もう少しこの半端な時間を愉しみたい。 彼女は、フッと息を吐き呟いた。 「アンニュイ、ね」 <解説・思い出> 倦怠して空虚でやるせないのですが、微妙に心地も良い。といった感

9
人見知りなんだよね。

人見知りなんだよね。

東京うまれ東京育ち悪そうなやつに友達になれない僕は人見知りだ。 仕事だと全く話せるが、プライベートだと相手を犯罪者か盗っ人と思いながら接してる。 友達は欲しいし知り合いは増やしたい。 でも昔から、向こうから来るやつは詐欺師、人を見たら泥棒と思う東京育ちの性分ではなかなか疑わずにはいられない。 でもこれが僕にとっての普通であって当たり前。 なんらおかしいことではない。 そんな僕が社会人になり所属不明の人間と接する機会がふえた。 今まで、あいつはこの学部で〜部活が〜

2
くたびれたおやじの倦怠期

くたびれたおやじの倦怠期

看護師から毎日様子を聞かれる。 「お変わりはありませんか?」「倦怠感はありませんか?」 今まではあまり気にしていなかったが、治療終盤になって疲れを感じるようになってきた。 からだが長い治療に耐えてきたストレスは小さくなかったようだ。体の疲労と共に気分的にも倦怠感が現れてきたようだ。終わりが見えてきて、気持ちの抑制が弱っているのもあるだろう。 倦怠という熟語は、倦む(うむ)と怠ける(なまける)という字で構成されている。物事に飽きてほとほとイヤになる状態を意味する。よく見るとす

17
【毎日2枚猫写真】ノラ猫ポチと自由猫 今日の過去猫写真2424
+1

【毎日2枚猫写真】ノラ猫ポチと自由猫 今日の過去猫写真2424

26
ジャにのちゃんねるのスパイス菊池風磨

ジャにのちゃんねるのスパイス菊池風磨

久しぶりに風磨君のことを書こうかなって思って 色々あって何から書こう? 風磨君YouTuberになりましたね。 まさかYouTubeで風磨君を見られる日が来るなんて、、、時空変わったん? メンバーに風磨君を選んでくれた二宮くんに感謝しかないです。 あと毎回、面白く可愛く編集をしてくれている中丸君にも感謝です。 山田くんと風磨くんの絡みが見れるのも嬉しくて何か萌える。笑 山田君って風磨君に結構グイグイ行くなって思って、風磨君はそれが嬉しいんやろうなぁって見てます。笑 そ

3
モダンガールのイラスト・noteアイキャッチ画像

モダンガールのイラスト・noteアイキャッチ画像

フリーイラストをアップしました。 モダンガールなイラスト(PNG) 下記ページよりダウンロードしてご利用下さい。 イラストをダウンロードしていただければ記事画像にご利用いただけます。 ご利用の際は、リンクしていただけると嬉しいです。 みんなのフォトギャラリー登録のイラストは 「アトリエはなみ」で検索! 前回のイラスト 関連記事

1
アンニュイなイラスト・noteアイキャッチ画像

アンニュイなイラスト・noteアイキャッチ画像

フリーイラストをアップしました。 アンニュイなイラスト(PNG) 下記ページよりダウンロードしてご利用下さい。 イラストをダウンロードしていただければ記事画像にご利用いただけます。 ご利用の際は、リンクしていただけると嬉しいです。 みんなのフォトギャラリー登録のイラストは 「アトリエはなみ」で検索! 前回のイラスト 関連記事

1
自己紹介

自己紹介

こんにちは。あんにゅいです。 先ほど、住まいであるワンルームの掃き出し窓から、始発が走っていくのが見えました。ほとんど無人で、人工の明かりがうそ寒いです。 でもそれが、なんとも朝方の空気に馴染んでいて、つい車体の尻を目で追ってしまいました。その先には青白い空が広がっていました。 さて、第一回目の投稿ということで、今回は自己紹介に終始いたします。短めですので、できれば最後まで読んでいただけると嬉しいです。 まず手短に。わたくし―「あんにゅい」について。 アンニュイな日常。

19
日々の感想

日々の感想

特になにかあるわけでもないけど、でもだからといって何もしないのもなんとも言えず、だからなにかに書こうと思ったのだ。 僕がこうやって今書いているときでも時間は無慈悲に進むし、楽しいときは過去へと落ちていく。 もちろん楽しいことも来るかもしれないが、それはまったくもって未知のことだから、僕はそういった曖昧なものに期待はしない。 未知のものだけではない。確定していることもある。それらは無慈悲に落ちる過去と一緒で、無慈悲に落ちてくる。必ず僕に当たる。避けることもできるが、それは