見出し画像

第41回週間映画興行収入ランキング(2019年9月第4週)

【第41回週間映画興行収入ランキング(2019年9月第4週)】



今週のランキングは「天気の子」VS「記憶にございません!」VS「アド・アストラ」VS「HELLO WORLD」。
「天気の子」のV5か?
「記憶にございません!」のV2か?
「アド・アストラ」の初登場1位か?
「HELLO WORLD」の初登場1位か?
また、「見えない目撃者」や「アナベル」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。
「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。



集計期間 2019年9月21日~9月22日

『週間映画興行収入ランキング』
1位 「記憶にございません!」3億6932万円
2位 「かぐや様は告らせたい」1億7473万円
3位 「アド・アストラ」1億7339万円
4位 「天気の子」1億4991万円
5位 「人間失格」1億2345万円
6位 「HELLO WORLD」1億1584万円
7位 「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」9254万円
8位 「ライオン・キング」7779万円
9位 「アナベル 死霊博物館」7557万円
10位 「見えない目撃者」7031万円
11位 「僕のワンダフル・ジャーニー」4927万円
12位 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」4635万円

「記憶にございません!」は先週から2週連続で1位を維持。
三谷幸喜監督の長編監督作品第8作目。
中井貴一主演の話題作。
今週も週間興行収入3億円超を記録。
「清須会議」(興行収入29億6000万円)を上回れるかが焦点。
目標ラインの興行収入10億円を達成。
目標ラインも興行収入20億円に上方修正。
1週目 約4億5700万円
2週目 約3億6900万円
観客動員は137万0000人を突破しています。
興行収入20億円が目標ライン。
興行収入15億6000万円を突破しています。

「かぐや様は告らせたい」は先週から2週連続で2位を維持。
赤坂アカ原作による漫画の実写映画化作品。
平野紫耀主演の話題作。
平野紫耀主演映画最高興行収入作品「ういらぶ。」(興行収入7億8934万円)を上回れるかが焦点。
平野紫耀主演映画最高興行収入を更新中。
目標ラインの興行収入10億円を達成。
目標ラインも興行収入20億円に上方修正。
1週目 約3億1500万円
2週目 約2億4100万円
3週目 約1億7400万円
観客動員は124万0000人を突破しています。
興行収入20億円が目標ライン。
興行収入14億1000万円を突破しています。

「アド・アストラ」が初登場3位。
ブラッド・ピット主演の話題作。
予想よりオープニング成績は伸び悩みました。
1週目 約1億7300万円
観客動員は16万2000人を突破しています。
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入2億2000万円を突破しています。

「天気の子」は先週3位から4位にランクダウン。
「君の名は。」以来となる新海誠監督の長編アニメーション作品。
10週連続TOP10圏内にランクイン。
邦画アニメ監督では宮崎駿監督以来2人目となる2作連続の興行収入100億円を達成。
「アラジン」以来となる今年2作品目の興行収入100億円を達成。
令和2作目の興行収入100億円作品。
来週には目標ラインの興行収入130億円を達成する見込み。
1週目 約11億8500万円
2週目 約10億1200万円
3週目 約7億1800万円
4週目 約6億4500万円
5週目 約5億3200万円
6週目 約4億2000万円
7週目 約4億1600万円
8週目 約2億5300万円
9週目 約2億1200万円
10週目 約1億4900万円
観客動員は982万0000人を突破しています。
興行収入130億円が目標ライン。
興行収入129億8000万円を突破しています。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」は先週4位から5位にランクダウン。
蜷川実花監督の長編監督作品第4作目。
小栗旬主演の話題作。
1週目 約1億6900万円
2週目 約1億2300万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入6億5000万円を突破しています。

「HELLO WORLD」が初登場6位。
北村匠海、松坂桃李、浜辺美波などが声優を務めた話題作。
東宝配給作品としては低調なオープニング成績を記録。
今週はここまでが週間興行収入1億円以上を記録。
1週目 約1億1500万円
観客動員は15万6000人を突破しています。
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入1億5000万円を突破しています。

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」は先週6位から7位にランクダウン。
テレビ朝日系列で2018年4月期に放送された人気ドラマ「おっさんずラブ」の劇場版作品。
田中圭主演の話題作。
5週連続TOP10圏内にランクイン。
田中圭主演映画最高興行収入を更新中。
目標ラインの興行収入20億円を達成。
目標ラインも興行収入25億円に上方修正。
1週目 約3億4300万円
2週目 約2億5900万円
3週目 約1億5900万円
4週目 約1億2100万円
5週目 約9200万円
興行収入25億円が目標ライン。
興行収入は22億0000万円を突破しています。

「ライオン・キング」は先週5位から8位にランクランクダウン。
1994年公開「ライオン・キング」をフルCGで映画化したディズニー作品。
7週連続TOP10圏内にランクイン。
1週目 約7億2800万円
2週目 約6億2700万円
3週目 約4億6600万円
4週目 約3億4400万円
5週目 約1億8900万円
6週目 約1億2800万円
7週目 約7700万円
興行収入70億円が目標ライン。
興行収入64億9000万円を突破しています。

「アナベル 死霊博物館」が初登場9位。
ホラー映画「アナベル」シリーズ第3作目。
前作「アナベル 死霊人形の誕生」(興行収入7500万円)を上回りシリーズ最高興行収入を記録できるかが焦点。
観客動員ランキングは10位。
1週目 約7500万円
興行収入5億円が目標ライン。
興行収入9000万円を突破しています。

「見えない目撃者」が初登場10位。
吉岡里帆主演の話題作。
吉岡里帆主演映画最高興行収入を更新中。
観客動員ランキングは9位。
1週目 約7000万円
興行収入5億円が目標ライン。
興行収入9000万円を突破しています。

「僕のワンダフル・ジャーニー」は先週9位から11位にランクダウン。
2017年に公開された「僕のワンダフル・ライフ」(興行収入9億1500万円)の続編。
来週には目標ラインの興行収入5億円を達成する見込み。
1週目 約8900万円
2週目 約4900万円
興行収入5億円が目標ライン。
興行収入4億9000万円を突破しています。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は先週10位から12位にランクダウン。
クエンティン・タランティーノ監督の長編映画第9作目。
レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット共演の話題作。
目標ラインの興行収入10億円を達成。
目標ラインも興行収入15億円に上方修正。
1週目 約2億2600万円
2週目 約1億2500万円
3週目 約8800万円
4週目 約4600万円
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入10億1000万円を突破しています。


『来週ランクイン有力作品』
(邦画)
「宮本から君へ」
「惡の華」
「任侠学園」
「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章」
「劇場版 そして、生きる」
「ホラーちゃんねる」
(洋画)
「大脱走3」
「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」
「パリに見出されたピアニスト」
「ホテル・ムンバイ」
「WEEKEND ウィークエンド」
「サラブレッド」

来週は9月第5週目を迎えます。
来週のオープニング成績予想
○「宮本から君へ」5000万円~1億5000万円
○「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章」5000万円~1億5000万円
○「大脱走3」5000万円~1億5000万円

詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

noteご購読もお願いします。
5
「芸能人歴代写真集売上部数ランキング」が2020年1月に最も読まれたnoteに選出。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 サークル「エンタメ倶楽部」会員募集中! その他、エンタメに関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。