誰かに話したくなる語彙や雑学マガジン

319

「事柄」の性質上

バーナム効果、カリギュラ効果、ツァイガルニック効果にザイオンス効果。心理学効果一覧なんかで検索するともっともっと出てきます。眺めていると飽きません。ずーっと見てられる。それ故でもあるんでしょうけれど、似たような記事がそこかしこに、これ見よがしに。
面白いよ、面白いけれども、もうこれが面白いということは面白くないよ、ということになるくらいしょっちゅう見聞きする、心理学の話。

なのだけれど、話の流れ

もっとみる
うれしいです。

「作話」という創作

「作話」という言葉をご存知でしょうか。

先日、知人が入院している精神科の入院病棟にお見舞いに行ってきました。
映画「カッコーの巣の上で」「シャッターアイランド」「レナードの朝」等を彷彿とさせる、入口に鍵が掛っていて、中からは自由に出られず、入場に許可がいるタイプの病棟です。

入院者の屯する食堂があり、知人とそこでコミュニケーションを取っていると、年の頃50代後半の男性が、話しかけてきました。

もっとみる
スキありがとうございます!

「概念」を定義するから養える

なんて。
そう聞いて、そんなことあるかよって思ったのがいつ頃だったか。

これで2005年か。
いや、もっともっと前だった気もするけれど……。まあいいか。
いずれにせよ、もったいないって概念は割と昔から注目されていて、今では「MOTTAINAI」とアルファベット表記にまでされ、広く浸透しつつあるのだとか。

もったいないって言葉がないと、もったいないって感覚はなかなか養われないと思うんですよね。

もっとみる
よいことありますように!!

ロボットで「生殖」を

「ティファニーで朝食を」的なテンションです。
「○○で▲▲を」って表現を見ると「ティファニーで朝食を」が頭に浮かぶんですよね。優れた表題は後々まで思考に影響を与えます。

で、表題。

AIやらロボットやらの無機物それ自体が生命を持ちはじめるって少しイメージしづらいなーって感覚は、おそらく多くの人も同じように持っていると思います。

ただ、こういう感じで生体ロボットが生殖機能を持つなんて聞くと少々

もっとみる
うれしいです。

自分に「制約」を課して強くなる方法

HUNTER×HUNTERという漫画がとても好きでして。少年ジャンプで連載されていて、これが完結するまではある種、自分は少年を卒業しないでいいって思っています。休載が多いのでHUNTER×HUNTERの掲載があるのは数年の間に数か月だけですが、そのひと時、少年誌を手にしている間は。

HUNTER×HUNTERの物語には「念」という概念があります。聖闘士星矢で言えば「小宇宙(コスモ)」、ドラゴンボ

もっとみる
\わたしも好きです/

「謝る」ことで誇示する度量

質の悪い常連客が多くいる、繁華街の夜のお店で。
スーツで、髪にはつややかな何かが塗りたくられておりオールバックで、そんな機嫌悪くなるなら来なけりゃいいのにと思わせる横柄さで。いや、むしろ機嫌の悪い自分にかまってくれるからこそ、あえて機嫌を悪くして増長しとるんだと、そんなある種の様式美を目の当たりにできる良い機会。

一人のお客に対し、一人の女性が着いてお酒の相手をするという類の店で、繁忙時に女性の

もっとみる
うれしいです。

ノートの端っこに「五月蠅」がどうだとか書きまくっていた子

五月蠅い
五月蠅い
五月蠅い
五月蠅い……

たぶん、こういうことだと思う。中学やら高校時代に知ったら心惹かれる漢字ベスト5には入るだろうこれ。多分に漏れず、冒頭の思い出と共にあたまに残っている。五月蠅い(うるさい)ね。

躑躅って漢字で書くとこんななんだ。かっこいい。

髑髏(どくろ)みたいってググったら同じこと書いてる人もちらほら。語源の共通点としては、諸説。「蜀」にいもむし的な意味があるので

もっとみる
ありがとうございます!

「烏」滸がましいって読めます?

烏龍茶の「烏」が鳥じゃないって知ったのが確か小学4年生くらいだったと思う。プール習っていて、練習の後に飲み物を買う習慣があったんですよね。自動販売機で。ファンタやスプライト、アンバサ、たまにHi-Cを好んで選んでいて、その横に並んでいた仰々しい飲み物。それが烏龍茶でした。茶色いし、漢字だし、怖いし。

鳥の漢字に、なんか棒が一本足りないんで、間違っているんじゃないかって思いながら、違和感。それが「

もっとみる
よいことありますように!!

「何屋」かわからない

なんてことは大小あれど、社会人をしているとタコが耳みたいになるくらいに聞き飽きている訳ですが、これに対する気の利いた返答ってのがいまいち浮かんでこなかったんですよね。

何と言いますか、自嘲っぽく聞こえますが、いわずもがな、これはいわゆる自虐めいた自慢/自虐風自慢です。「俺氏、色々やってんぜすごいだろ」そういうことをあけすけに言うと感じ悪いんで、「何屋かわからん」という自嘲にまぶして自慢をしておる

もっとみる
\わたしも好きです/

「愛されて」育ったんだね

単に褒められているにもかかわらず、他者評価と自己評価のギャップに苛立つなんてなんてこともありましょう。

今日はそういうことに輪をかけたお話でして。

「愛されて育ったんだね」

そうやって投げかけられるシーンってどういう場合があると思いますか。

こんな感じでしょうか。

そう。

褒め言葉でしかないと思っていたんです。
でも、よくよく考えるとそれに限らずでして、例えば。

こっちね。
これの皮

もっとみる
スキありがとうございます!