死にかけてから1年で変化したこと | Jul.10

回りくどい文章は、読むのもしんどい。
午前中、とある小説を読んでいて、そんなことを思った。

状況を読み手に文字で伝えるのは難しい。音もなければ匂いもなく、動きも見えない。すべては文字をもとに、読み手の頭の中で再現してもらわなければならない。
描写が細かくなるのは、書き手のサービス精神か、伝わらなかったらどうしようという恐怖心なのか。いずれの場合でも文章の量は増える。

村上春樹がデビューした後の

もっとみる
明日、良いことが起きます!
7

おきあがりこぼしのようにゆらゆらと身体を振って登る坂道

Cheers, mate!
4

名言に触れて強くなろう:強い心、時間管理、節制

名言集めが趣味なので、集めた名言を10個ランダムに書き記しました。座右の銘探しに使ったり話のネタにしたり、自分に合った使い方をしていただければと思います。

他の名言もこちらのマガジンにあるんで、お時間あるときにどーぞ。

古代中国の思想家、孟子の「偉大さ」を解いた名言とは?

子供心を失っていない者は、偉大である

子供が誰もがクリエティブで、そのクリエイティビティを大人でも失わない人は強いです

もっとみる

たとえがユニーク「欠席裁判になるのはよくありません」

知人がこんなこと言っていた。

「『嫌われる勇気』を読んで、前に付き合っていた人と別れた」

『嫌われる勇気』は、出版当時から話題になっていて、私も知っていた。ただ、読んだことはなかった。
対話型で進むスタイルも読みにくそうだと思ったのと、元々嫌われる勇気は持ち合わせているなと思っていたので読まずにいた。

だが、だがしかし、彼の一言でkindleへのダウンロードは待ったなしだった。

内容や考え

もっとみる
今日も適度に頑張ろ。
1

平山夢明『デブを捨てに』。万人には薦めない。どうしようもない薄汚さと狂おしいほどの愛おしさが束になって心を責め苛んで来る感じ。奇想天外な比喩文の宝庫。表題作と、大家族番組を切なく皮肉った作品が良い。平山氏の人柄を知るには東京ローカル「五時に夢中」コーナー「ひら散歩」を。

ありがとさんかくまたきてしかく!
1

例えること-オジサンの不在-について

関西という土壌で笑いをとること。
それは、例えるという技法を体得することにかかっているのかもしれない。
つまり目の前にあるものをいかに似たようなイメージに変換するか、の取得だ。
練っていたフレーズを出すのはもちろんのこと、即興で言えたときの気持ちよさは何ともいいがたいものがある。
とにかく、即興的な演出ができれば良い。これを「大阪的精神」とでも名付けておこう。
例えば自分自身を振り返ってみても、便

もっとみる

知らんぷりしてる自分。

赤信号なのに

知らんぷりして進もうとしていませんか?

あっ、これは

例えです。

トウ(足指)リーディングでは

赤いは『緊急性、直ちに!』

と捉えます。

例えば、セッションの中で

「なんだか、人差し指だけ赤い。」

と、クライアントが話したとします。

そして

「その人差し指が、あらぬ方向を
向いていて、なんだか知らんぷりしてるみたい。」

そんな表現をしたとします。

トウリー

もっとみる
ありがトウございます👣
12

松竹梅はわかりにくい → ×

松竹梅は上中下のランクを示すものとしてよく用いられますが、いつもどれが上かわからなくなります。

全体を総称する「ショウチクバイ」という読みと単体パーツの「マツ」「タケ」「ウメ」の読みが違うことが、ひとつの理由ではないでしょうか。頭の中でマッピングするのに時間を要してしまいます。

また、西洋文明にまみれてしまった現代に暮らす人間にとっては、松の持つイメージと梅の持つイメージがゴージャスさにおいて

もっとみる
ありがとうございます。お勧めの本です。
4

新サイレンス

▶ Spotify ▶ Apple Music

「新サイレンス」は、2018年に配信した『ソラ・アオイデー』の3曲目に入っている曲です。

とても暑い夏の日に 白い雪が落ちてくる
それは輝きを増し 記憶よりさらに白く積もり
映像のなかで 比喩のように沈む夕陽
言葉はなく 薄れてゆくあの空

やがてその光景は すべての線を消し去って
まるで偶然のように 昔聴いたあの旋律が
音もなく不意に 砕け散っ

もっとみる
スキありがとうございます!
4