オーストラリアは多民族国家。共通の言語はもちろん英語。ただ、英語が話せるのと、ネイティブ英語は別の次元の話。言葉では説明出来ないのですが、そこには高くて広い「英語」の差が存在。オーストラリアに移民をしてきた、他の国々の人も英語は話せるけど、ネイティブ英語でない人も多くいるのです。

よろしければフォローもお願いします!
3

テラハは人生の教科書だ。

ほんとはここでブログ作ってワーホリ公開日記みたいにしたいなー、と思っていたのですが、結局インスタで全部済ませちゃったので、帰国するまでこのサイト一切使わずというね。。(笑) 

インスタって手軽で便利だねっ!!(ワーホリのためにインスタアカウント作った奴)

・・・さて、最近は、というかコロナのせいでオーストラリアで職を失った3月下旬から、ひたすらNetflixのテラスハウスを観続けています。

もっとみる

ワーキングホリデー記録#3 in メルボルン

2018年9月〜2019年9月の約1年間(360日)メルボルンで過ごしたワーキングホリデーの日々を残しておこうと思い、noteに綴ることにしました。

このnoteは、海外長期滞在は初めてのアラサーワーホリ経験者の記録です。
ワーキングホリデー記録#2の続き、2018年11月(3ヶ月目)の生活記録をここに綴っていこうと思います。雑記ですが今回は写真多めです。

メルボルンおすすめのバーも記載してま

もっとみる

【ミュージシャン紹介】増田真吾(Kanun)From ベルリン

現在、拠点を日本からベルリンへ移し、
欧州にて中東音楽を演奏活動。
どんな時も身体からカーヌーンを離さず、
いつでもどこでも弾き始めてしまう、
<カーヌーンを愛しすぎる男>増田真吾さん。
中東との出逢いから、ベルリンでの生活まで取材しました。

もっと幅広い音楽を求めて

奈良県で育ち、幼少よりクラシック・ピアノを始め、学生時代は吹奏楽や軽音部でドラムも担当。ポップスやロックのバンドに入り、ヒップ

もっとみる
すきありがとうございます!
4

ほうれん草いただきました。

田舎ふたり暮らしはじめました。

6月よりスイカ農家さんの元でお仕事させてもらってます。

お隣の畑はほうれん草畑。

今日は大量にほうれん草いただきました!

ありがたい。

ほうれん草の栄養

鉄分豊富(貧血予防に)、βカロチン豊富(美容効果あり)、ビタミンC豊富

効果よく食べるためには、

あんまり湯がかないこと、油で炒めたら良いって事。

今日は仕事で疲れていたのでパパッと

レシピはこ

もっとみる

ワーホリ初日ボクは誰にも相手にされなかった

20歳の私がワーキングホリデーでニュージランドに到着したその日。

ゴールドコースト経由でオークランドの空港に到着した私は、空港のスタッフたちも戸惑うほど英語ができませんでした。

やっとの思いで予約したゲストハウスに到着すると、受付にいた男性スタッフがとてもフレンドリーに対応してくれました。

なんとかチェックインの作業を終えると彼は言いました。

「今夜みんなでバーに行くんだけど、君も一緒にど

もっとみる
カムサハムニダ!
29

語学学校選びでの失敗談⁉こうした方がよかった後悔ポイント

こんにちは。

Kannaです。

私はワーホリでバンクーバーに来て2日後からすぐ語学学校に通い始めました。

日本にいる時にホームステイや語学学校、海外保険など全てを決めました。

準備万端で留学に飛び立った私が実際に感じた

語学学校のここがよくなかったという所を今回はお話しようと思います。

1、語学学校に求めていたこと

私が語学学校選びで重要視していたのはこの二つ。

クラスの人数が少な

もっとみる

第1章「人生の転機になったいくつかの話」#12そして今、私は滝に飲み込まれた

「0を100にする事は出来ない。でも、1やりたいことができれば、それはきっとあなたの糧となり力となる。」

2011年10月
カナダ・トロント
ワーキングホリデー ビザでカナダに来て1ヶ月、ホームステイでフィリピン人の家族の元で生活した。
ろくに英語もできず、結局最後も言いたいことをうまく伝えきれずに終わってしまった。

そんなホームステイファミリーが一度だけ遠出してくれたことがある。
そこで訪れ

もっとみる
ありがとうございます!今日も良い日になりますように:)
5

英語が話せることのメリット

こんにちは、ななです。

本日は、英語が話せると人生が変わる..?英語を取得するメリットを書いていきたいと思います。

不思議なことに、話せる言語が1つ増えたら、何百との国の人たちと話すことができるようになります。特に英語は、世界の共通言語になっています。

今、世界中で英語を話せる人は20億人を超えているそうなので、すなわち、英語を取得したら、たくさんの人たちとコミュニケーションがとれるよう

もっとみる

お客様の声 vol.2

ルームメイトと回線をシェアできてお得!

28歳まで都内でOLをしていました。なんとなーく毎日を過ごしていたのですが、現状に満足できず思い切ってイギリスのワーキングホリデーを申請してみました。競争倍率は非常に高いみたいで、「ま、宝くじみたいなものだよね」と思っていたのですが、なんと申請が通ってしまいました!!とっても嬉しかったのですが不安も大きく、本当にできるかなーと思っていたのですが、そんな時に

もっとみる
わたしもスキです💛
2