マガジンのカバー画像

日本ベッドを語ろう

12
日本ベッドは昔ながらの「宣伝下手」。「よき製品はよき宣伝也」、よいものをつくっていれば自然に皆さまに伝わると信じて長年マットレスをつくって参りました。でもこれからは、少しずつ自分… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事
日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その1「フレックスアセンブリ」

日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その1「フレックスアセンブリ」

日本ベッドのマットレスのつくり方には、大きな特徴が4つあります。
ひとつずつご紹介して参りましょう。

point1:フレックスアセンブリ

フレックスアセンブリは、横になるときの体を均等に受け止めるユニット成形の技です。
ユニット(スプリングユニット)というのは、ポケットコイルマットレスの芯の部分、ポケットコイルスプリングがまとまりになったもののことを言います。

日本ベッドは、独特の方法でこの

もっとみる
ご存知ですか?マットレスの「ローテーション」

ご存知ですか?マットレスの「ローテーション」

皆さま、お使いのマットレスの向きを、入れ替えたことがおありでしょうか。
日本ベッドでは、マットレスのローテーションをおすすめしています。

ローテーション、つまり「回転させること」「交替すること」。
マットレスの前後(頭の方と、足の方)、表裏(上にして使っていた面、下になっていた面)をひっくり返すことをいいます。

ホテル業界では当たり前のように行われている作業ですが、一般のご家庭で、まめにやって

もっとみる
日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その2「ロールガード」

日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その2「ロールガード」

日本ベッドのマットレスのつくり方、4つの大きな特徴のうち、二つめは「ロールガード」です。

point2:ロールガード

日本ベッドでは、マットレス本体のサイドを ロールガード と呼ぶ方法で仕上げます。この方法で仕上げると、マットレスサイド(つまりマットレスの「へり(縁)」の部分ですね)の、体への当たりは格段にやわらかくなります。

一般にポケットコイルマットレスは、大きく分けると次のような各部分

もっとみる
日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その3「まっすぐなテープエッジ」

日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その3「まっすぐなテープエッジ」

日本ベッドのマットレス製造法、三つめの特徴は「まっすぐなテープエッジ」です。

point3:まっすぐなテープエッジ

日本ベッドのマットレスは、ふちがまっすぐです。

といっても、今時、ふちがうねうねと波打っているような頼りないつくりのマットレスはそうそうありません。たいていのマットレスは皆、きちんとしっかりした姿で綺麗に売り場に並んでいます。まっすぐ仕上がっているからというだけではあまり自慢に

もっとみる
日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その4「千鳥組みのポケットコイル」

日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その4「千鳥組みのポケットコイル」

日本ベッドのシルキーポケットマットレスシリーズには、ポケットコイルが「千鳥組み」の形で組み入れられています。

point4:千鳥組みのポケットコイル

前回、日本ベッドのマットレスはふちがまっすぐです、とご紹介しました。

ところが、中を見てみると、シルキーポケットマットレスのポケットコイルは、単純にまっすぐ並んでいるわけではありません。蜂の巣のように交互に並ぶ「ハニカム配列(千鳥組み)」になっ

もっとみる
日本ベッドの歴史(1):創業前夜

日本ベッドの歴史(1):創業前夜

宇佐見竹治、創業前年に秩父宮殿下の白馬買付に

下の写真は、日本ベッドの創業者 宇佐見竹治が、創業の前年である1925年(大正14年)に、秩父宮殿下の白馬買付に随行申し上げたときのものです。

その頃、宇佐見竹治は商社マンとして英国に赴任していました。
英国赴任の裏には、竹治の向上心と弛みない努力がありました。

竹治が語学習得に励んだ帝国ホテル時代

明治末期、創業者の宇佐見竹治は、帝国ホテルに

もっとみる
日本ベッドの歴史(2):初期のカタログ ─1920年代から1930年代─

日本ベッドの歴史(2):初期のカタログ ─1920年代から1930年代─

日本ベッドの創業者 宇佐見竹治は、若い頃、帝国ホテルのページボーイとして働いていました。 この経験は竹治に「快適な睡眠」の重要性を意識させるきっかけとなります。

帝国ホテル時代に英語を習得し、能力を生かして商社マンとしてイギリスへ渡った竹治。
日本では見られなかった「ベッドで眠る」ライフスタイルに感銘を受け、帰国すると早速、寝具の商いに取り組みました。
日本ベッドのマットレスメーカーとしての歴

もっとみる
日本ベッドの歴史(3):戦後の本社工場

日本ベッドの歴史(3):戦後の本社工場

1946(昭和21)年、日本ベッドは社名を「羽根工業社」から現在の商号「日本ベッド製造株式会社」に改めます。

戦後の住宅不足は著しく、戦災復興院(1945(昭和20)年設立の政府機関)の発表によると、全国での不足数は420万戸にも及んでいたようです。
日本ベッドは進駐軍を筆頭に、官庁、ホテル、船舶運営会などに製品をお納めしていました。

戦後、池上の本社工場

写真は戦後間もない頃、大田区の池上

もっとみる
日本ベッドの歴史(4):戦後~高度成長期のカタログ

日本ベッドの歴史(4):戦後~高度成長期のカタログ

手づくりのポケットコイル

1946(昭和21)年、社名を「日本ベッド製造株式会社」とした日本ベッドは、進駐軍、官庁、ホテル、船舶運営会など、大口の取引先を得て、地道に商いを広げていきました。

まだ生産設備機械が凍結されていた時代で、マットレスの中身のスプリングはほぼ全て手づくり。スプリングユニットは、糸で刺してまとめる方式でした。

ポケットは農業用の寒冷紗と呼ばれるような平織りの綿布を糊付け

もっとみる
1970年の大阪万博「未来のベッド」

1970年の大阪万博「未来のベッド」

今回ご紹介するのは、1970(昭和45)年開催の大阪万博に出展した「未来のベッド」。
三洋電機グループのサンヨー館に展示されました。

三洋万国博企画実行委員会がプロデュースした「サンヨー館」は、大阪万博の目玉パビリオンでした。

「未来の生活空間」を演出した「ファミリー・コーナー」には、当時の最新技術を駆使した展示品が並べられました。
人間洗たく機(ウルトラソニック・バス)、フラワーキッチン、万

もっとみる
日本ベッドの歴史(5):茨城工場の完成

日本ベッドの歴史(5):茨城工場の完成

全国へと発展した1960年代

日本ベッドは高度成長期の波に乗って、発展しました。
1960(昭和35)年には大田区久が原にも工場を建築。続く数年の間に、大阪、名古屋、九州にも営業所を開設しました。

1965(昭和40)年には、大田区池上の本社工場を建て替え、6階建ての新社屋を完成させました。
1階から3階はショールームとして、お客さまをお迎えするスペースに。
この頃、カタログに掲載されていたの

もっとみる
日本ベッドの歴史(6):迎賓館納品とJIS規格 ─1970年代半ば─

日本ベッドの歴史(6):迎賓館納品とJIS規格 ─1970年代半ば─

迎賓館赤坂離宮に納品

日本ベッドは1970(昭和45)年、茨城県常総市に敷地面積 58,000 平方メートルの自社工場を完成させました。日本ベッドのマットレスは、この自社工場で一枚一枚丁寧に製造されています。

同年開催された大阪万博では、三洋電機グループのサンヨー館に「未来のベッド」を展示。日本ベッドは次々と、様々な挑戦を行っていました。

1974(昭和49)年には、東京都港区に迎賓館赤坂離

もっとみる