0104

8時頃起床。母が駅に来てくれて、トマトジュースの差し入れをくれる。そのあと、実家まで行くが、めまいがしてくる。なんとか昼食をとるが少ししんどい。

その後夕食をとるがめまいと不安感で泣く。殺せ、死にたいと言ってしまう。一番聞かせたくない人に。

楽しくない。嫌なことばかりだと決めつけていたけど自分がそうしていたのだ。青い目のこねこという絵本で、おもしろいことをしてみよう。なにもなくても、げんきでい

もっとみる

【記録】0101

25歳。パニック障害4年目。最近症状がひどく、めまいや不安感が強くなり今の私を忘れたくないことから記録を始める。

 元旦。気分良し。だがイライラが止まらず、実家から一人暮らしの家に逃げる。動悸と不安が強くなる。おそらく本日は入浴が難しい。先日会社の人と仕事の話をしていたら症状が出て、仕事が今の私の病状を悪化しているのかと考える。昨年は身内に不幸があったのでひっそりとしたお正月。お正月感がない。

もっとみる

恋人同士ではない彼とのセックス@25歳都内在住の女のリアル

最近、考えることがある。

大学生の頃は、そういうサークルに入っていたので、ナイトクラブに無理しながら通っていたり、

共依存に陥りながらも冷めてしまっていたであろう彼氏がいながらも、それ以外の人と添い寝を繰り返したり、

そんないわゆる、純粋とは程遠い「破廉恥」なことをやっていたけど。

でも、そんなに簡単に一線を超えることを許さなかった。

添い寝の彼は、ベッドインしても、手を出してこないチキ

もっとみる

わたしにとっての、沖縄

どうしても観光地としてみれないから、夏場に帰りたくてもLCCですら片道3万するの解せない

出身地は福島県です。北のうまれです。大学進学のために4年間だけ、住んでいました。

なので、出処を説明するのがめんどくさい。時もある。

なんで沖縄に進学したとかは深い意味はないし、その辺りは私も人生についてなにかしたいことがはっきりしていなかったのもあって、うまい言葉で答えられません。

とにかく資格とっ

もっとみる
気に入っていただきありがとうございます♡
8

ワンナイトのリスクを考えない男の話。

そんな男に引っかかった話をします。若干怒りが混じった記事を、ぜひ鼻で笑って読んでみてください。

と共に、男と女の恋愛観についても、持論と推測を立てていきたいと思います。

■ワンナイトのリスクとは

「ワンナイトはそもそも計画的に行うものではない。」なんかそんな意見がありそうですがさておき。

仮に、仮に、皆さんが(超強調)ワンナイトをするとしたら。もしくは、してしまったら。

皆さんは何を考え

もっとみる

年末年始、家族との団欒を選択できない奴だっている。(前編)

選択、「できない」。

もしくは、「最優先事項ではない」。

恋人との旅行や、向こうの実家への帰省(あれは悔やまれる。これはまた別の記事で書きます)、友達との鍋パ、そういう温かく優しい話ではなく。

「お金を稼がなきゃいけない」。生活のために。生きるために。そのミッションを達成するために。

そのため今年は人生で初めて、一人で。元旦に工場でワークする予定を抱きながら。年を越します。

そんなことに

もっとみる

仕事で成し遂げたいことなんて、なんだそれ。

転職活動中。
お次は正社員雇用で2社目。学生時インターンでもう1社。

新卒の時は、
「やりたいことはなんですか?」
社会に出たこともない人間にそんな質問をするなんて野暮だと思ってたし、
採用する側になって一層そう思った。超絶agree。

さて、社会人歴3年目に達した今。
社会をほんの少し実体験ベースで感じた今。
「第二新卒」もいけてしまうが中途枠の今。

私は一体、何をしたいのか?

誰かが言

もっとみる

巷の25歳症候群

もうすぐ25になる
そして
四捨五入すると
30という現実に
勝手に恐れおののく

→まったく必要がないんだけど

25にもなると
やたらと

結婚式に呼ばれることが多発し
仕事では思ったほど

役に立ってない現実に直面し
未だやりたいことになど
到底届いていない状態に辟易する

要は

なんじゃこりゃぁぁぁ!

と自分の人生に辟易する
状態のことである

典型的な若者がかかる
流行病みたいなもの

もっとみる

転職は逃げ?

ここ最近、転職について考え始めました。
きっかけは、友人と飲みに行ったと思いました。軽い感じで自分の給料を話したところ
「その仕事量でこの給料はマズイよ!」
言われました。
はい、まさしくそうです。
結構少ないです。と言うか僕より上の方も
多分そんなに貰ってないような事も知ってます。
厳しい業界なのも知っていますし(多分どこ行っても厳しいと思いますが…狭い世界にいるのでご容赦を)確かになーと思いま

もっとみる
やったね!
1

何を信じるにも貴方の自由と責任

最近世間を賑わしている女優さん関連で
あるミュージシャンの不倫問題が発覚しましたね。

僕はそのミュージシャンの音楽は聴いたことも無いので何とも言えませんが、好きな人にとってはかなりインパクトだったと思います。

私の友人もそのミュージシャンの音楽が好きだと言った事をふと思い出しました。

それはともかく、最近問題が起こるとファンは
手のひらを返すように叩きます。

「ショックだ…」
「信じられな

もっとみる
もっと書けるように頑張ります!