419総裁選で基礎年金議論

419総裁選で基礎年金議論

自民党総裁選の争点として、基礎年金を全額税方式に変える主張をしている候補がいる。「最低保証年金」制度を作り、消費税を財源に支給する。ただし一定以上の所得、資産がある者には支給しないという。 これについて年金制度を実施する厚労省は「税方式の最低保証年金は昔からある議論だ。財源をどうするかに尽きる。生活保護のような救貧政策との関係も整理する必要がある」と評論している(「年金改革総裁選争点に」産経新聞2021.9.24)。 税方式の最低保証年金議論が昔からあるという指摘はそのとお

スキ
2
爺ちゃんとミノル(38)

爺ちゃんとミノル(38)

「ホント変ちくりんだね(笑)」 「これから先もっともっと借金は増えるど」 「なんでそう思うの?」 「働く人口が減り税金を納める人は減るじゃろうが」 「高齢社会って言ってたね」 「高齢者は年金で生活するんじゃけどの。高齢者が増えると年金を支給する金が足らんのんじゃ」 「じゃあ国はどうするの?」 「年金がもらえる年齢を引き上げて高齢者にも働いて税金を払ってもらうんじゃ」 「なんだか死ぬまで働いて税金を払わなきゃいけないみたいじゃないか」     「じゃからの。年金だけじゃあ生きて

スキ
5
金持ち高齢者よ。日本を救ってくれ!

金持ち高齢者よ。日本を救ってくれ!

日本の高齢社会は、まだまだ進む。2017年、日本の高齢化率は27%となった。2035年には、3分の1になると推計されている。 現役を引退した高齢者が増え続けると、年金や医療費が増大し、現役世代だけでは支えきれなくなる。 特に年金は、現役が高齢者を支えるという制度そのものに問題がある。人口が変動すれば、その仕組みに歪みが表れることは必至。 なぜ、予測できなかったのか。 そのせいで、年金の支給年齢が徐々に引き上げられている。 それに対する高齢者の「どうやって生活するんだ

スキ
39
「余命」

「余命」

いつ死んでもいい もうこれ以上は生きられないわ と 91歳の老女はいう でも これが簡単に死ねないのよね とも 90年 91年と長年月をひとりで生きてきた ぼくとは血縁関係はない 妻の伯母 その縁でお手伝いしている 3年前 89歳で逝ったぼくの母も 簡単に死ねんね と こぼしていた 母も 義理の伯母も 末期のがん 余命は半年と聞いた 母はそれから 1年以上生きた 自分の残り時間を聞かされるのは どんな気分か 余命を告げるその声に ぬくもりも温かみもなく きっと乾いた 

スキ
6
未来にどうなりたいのか描けない

未来にどうなりたいのか描けない

個人がどうなりたいか、は描けている場合が多いでしょう。(SNSで教えてくれる人が多いですからね笑) これは国家というか政治というか、主語を大きくしたときの話です。 先日、親よりはちょっと若いくらいのお歳のご夫婦と話す機会がありました。 昨今の世相というか、ニュースに憂いている感じがしましたけれど、「私たちはもうそんなに先はないですからね」と諦めにも近い口調で話されていました。「若い人たちが心配ですよねえ」と。 世界中で混乱している結果、生まれている悩みですね。。 そ

スキ
6
398小さな健康保険

398小さな健康保険

日本人はお風呂好き。ジメジメした気候と関係あるとの説が有力だが、シャワーで事足りるとする在留外国人も少なくないから、国民性とも関係するのだろう。 『職工事情』を読んでいて、東京下町のブルーカラー労働者の家計支出に占める入浴費の比率に驚いた記憶がある。一日の外仕事で得た日当は、長屋の家賃、コメ・味噌などの食材に当てられるが、それらと並んで家族みんなで行く銭湯料金が大きな割合を占めていた。  今は小さなマンション・アパートにも浴槽が設置されているから、銭湯の公衆衛生や社会福祉的な

スキ
8
397同居孤独死3都市552人
+2

397同居孤独死3都市552人

生活の基本は家庭。その意味で独居者、特に独居高齢者への対策が急がれる。それがどれほど急務であるか。 孤独死は普通、独居老人の身に起きることだと考えられる。ところが同居者がいても孤独死が起きているのだ。 産経新聞が3都市(東京23区、大阪市、神戸市)の監察医事務所に、死亡から発覚まで4日以上が経過した遺体の取り扱い状況などについて取材したところ、そのうち同居者がいた者がかなりの数に上ることが分かった。その数は平成29年から令和元年の3年間で552人。東京448人、大阪90人、神

スキ
6
#1 トレーナーに転職した理由①

#1 トレーナーに転職した理由①

 こんにちわ、しばちゃんです。今回は自分自身がトレーナーに志し、転職した理由をお伝えします。 これからトレーナーになろうと思っている方、転職を考えている方、トレーニング、ダイエットを始めようと思っている方への何か役に立てばと思います。 最初に結論から伝えると ①今後の介護予防のためのアクションを起こしたかったから ②尊敬する同世代の仲間に出会えたから ③自分がいつまでも若くイケイケでありたかったから(笑) ひとつずつ深掘りしていきます。 ①今後の介護予防のための

スキ
7
人が減る社会をリアルに意識しよう

人が減る社会をリアルに意識しよう

若者は減って、高齢者が増える。 もう揺るがない、日本の未来だ。 子供の数は増えない。 だって、そもそも妊娠出産する人の数が減っている。今の子供の数が少なくなってきているのだから、つまりそういうことだ。 統計上、わかっている。 ずいぶん前から統計上わかっていたことだけど、人々はこれといった対策ができないままだった。 今が大丈夫ならそれでいい。そんな風に考えたのだろうか? 原因は特定できないだろうし、この先も有効策は生まれないような気がする。 少子高齢化という言葉

スキ
2
高齢者、選挙、人口問題

高齢者、選挙、人口問題

「なんだかうまく歩けないんだわ。家族が見ていて危なっかっしいって。」 「そうですか。少し歩くの見せてもらえますか?」 彼は立ち上がろうにもお尻が上がらない。「あれ?おかしいな。」 勢いをつけて2度3度と気合を入れて立とうとする。 次のタイミングでようやく椅子からお尻が上がった。 立ち上がったと思ったら、次の瞬間尻餅をつくように椅子に座り込んだ。 「おかしいな、調子悪いかな。」 彼はボソッと声に出した。 この場面を見ただけで、「これがこの時初めて起きた現象ではな

スキ
3