越境学習

越境学習の「わからない」について

越境学習・留職などといわれる、異業種出向のなかで、自覚した「わからない」のステージについて。

当初、私の中では、わからないのステージは大きくわけて
①何がわからないかわからない(わからないことがあることはわかる)
 =具体的な質問ができない
②分からないことはあるが、なにがわからないかはわかる。
 =具体的な質問ができる
の2つだと思っていました。

異業種出向で、前提知識の仕組み、産業構造の知

もっとみる

出戻りや越境学習について

このnoteでは、日経COMEMOの募集をうけて、出戻りや越境学習

について、越境学習中の身から書いてみようと思います。

簡単に自己紹介から。
40代自動車会社の生産・製造の技術者で、会社の越境学習出向プログラムで、HR系スタートアップに出向中です。

越境学習を希望した理由の一つは

に影響をうけ、自分のキャリア・学習機会も内容も既存の延長線上だけとすることに危機感をうけたためです。
具体的

もっとみる

越境からの学びとは?〜成長につながる問いかけコーチング#69

越境学習という言葉、聞いたことありますか?自分の組織や領域を超えて学ぶことが、成長のためには有効だと言われています。最近では多くの企業で副業が解禁されるようになってきましたが、個人的にはこの流れはとても良いと思っています。これまで一般的には、一つのことを極めることに価値があると信じられていましたが、これも理解する一方で、業種や職種を超えて多くの学びを得ることも、また別の価値があるように思います。

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです:)
2

"Today is the beginning!"MILEパイロットプログラム終了に合わせ、リユニオンワークショップを開催

株式会社An-Nahalでは、外国⼈材へのメンタリングを通したリーダー育成プログラム「MILE」を開始するにあたり、2020年10月から4カ月に渡り、パイロットプログラムを実施しました。

2021年春に提供開始予定のMILEプログラムは、日本で働くことを希望する外国人材と、⽇本企業で働く日本人ビジネスパーソンが3⼈チームを組み、⽇本で働くことを⽬標にしたメンタリングプログラムを通じて、異⽂化のチ

もっとみる
今日も良い1日になりますように
9

なぜ、地域でワーケーションを行うのか。

TETAUというチームでワーケーション推進を行なっている。リゾートワークとか、いつもとは違う環境で仕事するとか、ワーケーションにはそういう文脈もあるけど、TETAUが考えるワーケーションは、それはそれでいいけど、それじゃない。

地域のサイズ感が理解を深める

SDG‘sなど、地球規模で課題を考えなければいけないと思わされる機会は多い。地球あっての人間。理屈では理解できるけど、自分の仕事や行動にリ

もっとみる

非営利のボードで活躍するビジネスパーソンインタビュー ~ ベネッセこども基金 青木智宏さん(後編)

 インタビュー前編では、青木さんが本業で得た問いや気づきをもとに行動し、非営利組織と出会っていった様子をお伝えしました。後編では、実際にどう関わり、本業へはどのようなメリットがあるのか、伺っていきます。

団体と、自分の得意分野や人脈とを「つなげる」

<理事として団体にどのように関わっていますか?>

 団体の代表とは、以前から友人関係があることが多いので、理事会ではフラットな立場で発言させてい

もっとみる

非営利のボードで活躍するビジネスパーソンインタビュー ~ ベネッセこども基金 青木智宏さん(前編)

ボード&ガバナンスについて学んでゆくインタビュー第5弾

~これまでの経緯~
WITでは2016年から、ボード&ガバナンス研修を開始、非営利組織の代表・理事・スタッフ・ボランティアの方や、社会貢献に興味がある/関わっているビジネスパーソンの方に受けていただいております。その中で、日本の事例をもっと学び蓄積していきたいね、という声が多く上がり、この記事のシリーズを始めることにしました。

 株式会社

もっとみる

調査記事まとめ:越境学習の促進方法

このnoteでは、私がNPO法人・二枚目の名刺(https://nimaime.or.jp/)で調査・発信してきた記事をまとめています。

昨今、次第に広がりつつあるパラレルキャリアの醍醐味の一つは「職場外の活動で学んだことを、職場の活動で活かす」というように、複数の活動の間で学びのシナジーが起こることです。しかしこのシナジーを起こすことは、実は簡単なことではなく、多くのパラレルキャリアの実践者が

もっとみる
嬉しいっ \(^u^)/
6

社会人こそインターン?越境することで得られるもの(後編)

「オンラインインターン」と聞くと、なんとなく学生のもので、社会人には無縁なイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、越境学習という言葉があるように、普段いる組織から一歩外へ出る体験は、社会人学生関わらず効果的だといわれています。

社会人経験があるからこそ、自分の常識が通用しなかったときに、大きな葛藤があったようです。

それでは、気になる後半に行きましょう!

<登壇者>

・才田さん:

もっとみる

社会人こそインターン?越境することで得られるもの(前編)

オンラインインターン

この言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
インターンと聞くと、なんとなく就活生を思い浮かべる人もいるかと思いますが、タイモブのインターンは、高校生から社会人まで様々な年代の方が挑戦しています。

2020年になり、オンラインでも海外インターンができるようになったことにより、実はひそかに社会人の参加者が増えています。

本業をこなしながらのインターンとなるので、社会人

もっとみる
ありがとうございます🐯
10