輝ける場所

あなたの短所は
誰かの長所

あなたの長所は
誰かの短所

一緒じゃないから
輝く場所がある💝

今日もHappy₍*•ɞ•₎
5

時の残照

もうあの物語は
紡ぎ直すことはできない。

長く続いた
時の影

もっとみる
ありがとうございます! ウチのうさぎも喜んでます!
1

春悔 (季節を詠う1/4)

青く、月が沈んでゆく
ひどく透明な湖

開け放った窓には翼の影
何かに怯えて明日を待つ、私たちの心を映す

消えかかったろうそくの灯りをそっと手のひらで消し、
きみが飛び立ったあの春の音を思い出していた。

煌々と照る月にはなみだ

うたかたの幻、つゆと消えにし

罪深き私の過去を振り返れば、何者にも許されるはずの無い己が身を愁いて

遠ざかる幻想、届かぬ指の先

未だ微かにすら見えぬ、私の行く先

もっとみる
ありがとうございます!
8

「裏地」

言葉を着ます

流行っているので
もしくは見てほしくて

結局のところ
顔が言葉から飛び出して
意味への勘ぐりによって窒息します

く、くれるの?
9

深夜ミルク

フラワーカンパニーズの「深夜高速」を脳内再生しながらミルクを飲んでいる。
ライブの後って眠れなくなるのよね

人前で朗読したのは半年ぶりじゃなかったかな。ウイルス云々だけでなく、新しい時代にもう突入した、ほんとの始まりはこういうものなんだなと感じたりしていた。どうせだったら戻れなさを味わって乗っかって楽しみたい。


某家電ショップのフィットネス器具売り場で、パンチングおきあがりこぼし(?)、ポ

もっとみる
あたたかさが広がります
1

#26 秋になると果物はなにもかも忘れてしまって(八木重吉)/いちじくの赤ワインコンポート

秋の果物がたくさん並ぶようになった。
いちじく、梨、巨峰にピオーネ…。
たっぷりと果汁をたたえ、ぽってりと、たわわに熟れた果物たち。

秋になると果物はなにもかも忘れてしまって
うっとりと実のってゆくらしい
―八木重吉

秋の果物を見ると、明治期の詩人・八木重吉(やぎ・じゅうきち)の詩を思い出す。
「うっとりと実ってゆく」…これは秋の果物ならではの表現。
たとえば春のいちごやスモモ、夏のキウイやグ

もっとみる
ありがとうございます!わいわい!
15

浅ましい私は想いを隠して

柔らかい言葉と
残像だけを残して
夜は更けゆく

大切な想いを言えなくて

気づかないフリをしているのを
気づかないフリをした

終わるかも
始まるかも

期待通りの言葉を欲しがる浅ましさに
震える心を押さえつけて
大切な気持ちは言わずに

夜は更けゆく

https://www.instagram.com/p/CFZeH3lAdW4/?igshid=1uipfrhxu9n8z

もっとみる
ありがとうございます🙏
32

筆者が 30-DAY SONG CHALLENGE DAY4 忘れたい人を思い出させる曲について語ろうとしたら案の定中学時代の黒歴… いやいや甘酸っぱい思い出がこんにちはした件

はい。どうもこんにちは筆者です。
という訳で早速筆者の黒歴…いやいや
忘れたい人を思い出せる曲に
ついて語りたいと思います。

サスケ / 青いベンチ

まぁこの曲を選んだと言う事は
何が言いたいか大体の人は
察しがつくと思います…笑
この曲が流行ったのが筆者が
中学3年生の時で凄く好きな人が
居たんですが告白できなかったんです。
付き合いたいし好きではあったけど
毎日近くの席にいるだけで
たまに

もっとみる
とても嬉しいです…!! お時間ある時に是非読んで下さい…!(*´▽`*
13

あの季節に

別れを抱いた あの季節に

僕は君に最後に

手を振った

このままで暖かな春が来るだろう

穏やかな日差しに そう感じた

もっとみる
ありがとうございます! ウチのうさぎも喜んでます!
4
これからもよろしくお願いいたします
7