要件定義

【SwiftUI】(要件定義)iOSアプリ「優たいマー」開発PJ

企画フェーズが終わりまして、要件定義をしていきます。
今回の成果物は「要件定義書」と「WBS」になります。
では早速初めていきましょう。

1.要件定義

「要件定義書」としてますが、ドキュメントにまとめるのはめんどくさいので、noteにつらつら書く方式にします。
企画フェーズで決めましたが

株主優待リマインダー・株主優待タイマー

を作ろうと思っていますので、どのような要件・機能が必要なのかを

もっとみる
スキありがとうございます!!
18

【番外編 タイ駐在日記6:サムイ島旅行】

駐在日記として、先日プライベートで行ったサムイ島旅行(2泊3日)について投稿します。タイのコロナの状況は6月から国内感染者ほぼゼロといっていいほどで、マスク着用、病院、商業施設、会社での検温は続いていますが、そのほかの生活はコロナ前とほぼ同じ状態と言っていい状況です。旅行や宴会は何の気兼ねなくいくというのが実情です。

そんな中、タイでも日本と同じようにGo To キャンペーン(タイティアオタイと

もっとみる
スキありがとうございます!
25

【見える化編12(終):マガジンまとめ】

本マガジンのテーマは「見える化」です。私も12年ほど、工場管理行っていますが、何度も何度も聞くキーワードが見える化です。ただ、これは工場の管理だけでなくすべての仕事、ビジネスにとって重要な考え方であり、活動であると思います。経験がある方が多いと思いますが、問題や状況が正しく見えるということができれば解決策や必要なアクションは自然と出てくるものです。そんな見える化について、体系的にかつ実例も入れて解

もっとみる
スキありがとうございます!
26

【見える化編11:効果的な見える化とは】

本マガジンのテーマは「見える化」です。私も12年ほど、工場管理行っていますが、何度も何度も聞くキーワードが見える化です。ただ、これは工場の管理だけでなくすべての仕事、ビジネスにとって重要な考え方であり、活動であると思います。経験がある方が多いと思いますが、問題や状況が正しく見えるということができれば解決策や必要なアクションは自然と出てくるものです。そんな見える化について、体系的にかつ実例も入れて解

もっとみる
スキありがとうございます!
31

【見える化編10:経営の見える化】

本マガジンのテーマは「見える化」です。私も12年ほど、工場管理行っていますが、何度も何度も聞くキーワードが見える化です。ただ、これは工場の管理だけでなくすべての仕事、ビジネスにとって重要な考え方であり、活動であると思います。経験がある方が多いと思いますが、問題や状況が正しく見えるということができれば解決策や必要なアクションは自然と出てくるものです。そんな見える化について、体系的にかつ実例も入れて解

もっとみる
スキありがとうございます!
38

【見える化編9:知恵の見える化】

本マガジンのテーマは「見える化」です。私も12年ほど、工場管理行っていますが、何度も何度も聞くキーワードが見える化です。ただ、これは工場の管理だけでなくすべての仕事、ビジネスにとって重要な考え方であり、活動であると思います。経験がある方が多いと思いますが、問題や状況が正しく見えるということができれば解決策や必要なアクションは自然と出てくるものです。そんな見える化について、体系的にかつ実例も入れて解

もっとみる
スキありがとうございます!
24

【見える化編8:顧客の見える化】

本マガジンのテーマは「見える化」です。私も12年ほど、工場管理行っていますが、何度も何度も聞くキーワードが見える化です。ただ、これは工場の管理だけでなくすべての仕事、ビジネスにとって重要な考え方であり、活動であると思います。経験がある方が多いと思いますが、問題や状況が正しく見えるということができれば解決策や必要なアクションは自然と出てくるものです。そんな見える化について、体系的にかつ実例も入れて解

もっとみる
スキありがとうございます!
45

【見える化編7:状況の見える化】

本マガジンのテーマは「見える化」です。私も12年ほど、工場管理行っていますが、何度も何度も聞くキーワードが見える化です。ただ、これは工場の管理だけでなくすべての仕事、ビジネスにとって重要な考え方であり、活動であると思います。経験がある方が多いと思いますが、問題や状況が正しく見えるということができれば解決策や必要なアクションは自然と出てくるものです。そんな見える化について、体系的にかつ実例も入れて解

もっとみる
スキありがとうございます!
40

【記事備忘録】
150人でスクラム開発、プロジェクトを阻む3つの壁

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01365/072000001/

■スクラムガイド
プロダクトオーナー、スクラムマスター、開発チームの8人前後のチーム

そこでは、物理的な距離、コミュニケーションパスの増大、役割分担が課題…

スキありがとうございます!引き続きよろしくお願いします!
3

【見える化編6:中核「問題の見える化」(後半)】

本マガジンのテーマは「見える化」です。私も12年ほど、工場管理行っていますが、何度も何度も聞くキーワードが見える化です。ただ、これは工場の管理だけでなくすべての仕事、ビジネスにとって重要な考え方であり、活動であると思います。経験がある方が多いと思いますが、問題や状況が正しく見えるということができれば解決策や必要なアクションは自然と出てくるものです。そんな見える化について、体系的にかつ実例も入れて解

もっとみる
スキありがとうございます!
29