合法ドラッグ

田口〇之介が土下座したり、〇エール瀧が深々と頭を下げたり、〇原和博が電撃逮捕されたりと、最近は薬物の問題が目立つような気がする。

薬物=やってはいけないもの、という共通認識の下で、酒やたばこは合法というのは矛盾というものである。人体への有害さの程度ということであれば、大麻所持はなぜ違法なのか。また、ベンゾ系の睡眠薬はなぜ合法なのだろうか。

そうした観点でいえば、日本国内での賭博は競馬や競艇、競

もっとみる

事例研究:アオテアロア・ニュージーランド 大麻合法化規制法案への手引き

先住民族マオリの言葉でアオテアロア(長く白い雲)とも呼ばれるニュージーランドでは、2020年9月19日の総選挙に合わせて、個人使用目的の大麻合法化規制法案への国民投票が行われる予定です。ニュージーランドは2020年3月に公表された「世界幸福度調査」(ワールドハピネスレポート、World Happiness Report)で世界第8位(日本は62位)[1]にランクインしている幸せの国です。もしもニュ

もっとみる
ありがとうございます!良い事が起こりますように🌟
5

遊戯王デュエルリンクス 海外版イラスト比較 【酒・たばこ・薬物 編】

遊戯王デュエルリンクスで、日本版と海外版で異なるイラストのカードをGIFアニメで比較します。
今回のテーマは 酒・たばこ・薬物のイラスト です。ローカライズによる差し替え対象としては定番の事項ですね。

《アクアアクトレス・アロワナ》
たばこです。水中だから厳密にはたばこではない気がしますが、形状は完全に煙管のそれです。

《六武衆-カモン》
たばこです。日本版は導火線の火で煙管に点火するというち

もっとみる

ついに手を出してしまった!

年齢的な悩みというか年齢を重ねることによって、

確実に衰えていくことが男にはいくつかある。

そのひとつが男性力とでも言っておこうか、

素敵な女子とベッドインできても、

肝心な息子が戦闘不能なんてことに・・・

実は俺も最近その傾向がみられてきていた。

前回、女子と絡んだ時にかなり苦労した。

その相手の女子は初めての相手ではないのだが、

いろいろと彼女側から奉仕されても、

反応が悪い

もっとみる
ありがとうございます。
1

【たわごと#229】清原にはまた復帰してもらいたい

今の若い人にとっては清原と言うと清原翔を思い浮かべるのかもしれない。この前、脳梗塞で緊急手術が行われたと報道があってから1ヶ月半ぐらい経つけど、その後容態はどうなんだろう。期待の若手役者の一人なので、何とか元気に復帰してもらいたい。

清原翔さんも気になるけど、今回書きたいのは清原和博さんの方だ。中年以上の人にとっては本当に誰でも知っている元野球選手だ。高校野球では甲子園で大活躍し、その後もプロ野

もっとみる
ありがとうございます!頑張ります!
6

孤独と依存性

多くの人は違法であれ合法であれ依存性のある薬物があるということを知っているでしょう。メタンフェタミンやアンフェタミンのような覚せい剤、モルヒネやヘロイン、酒やタバコ、ブロンやパブロンなどの風邪薬などです。

これらの依存性薬物によって「人生を狂わされた」人間は数多くいます。私もその一人でしょう。反対に、薬物をやっていても早々に足を洗い、まっとうな仕事をし、子供を持つ人々もいます。

今の日本の教育

もっとみる
嬉しいです!
3

薬物事情を理解する

この前の東京都知事選で、ホリエモン政党が「大麻の合法化」を公約に掲げてたのがずっと引っかかってて、いつか調べようと思ってた薬物事情。

ということで今日のテーマは「違法薬物」

今日は、有名な薬物3つについてのあれこれを調べていきます。

①マリファナ(大麻)

日本では、大麻の不法所持は、大麻取締法で5年以下の懲役。医療用大麻もだめ。

でも意外と、
大麻は日本に昔からある植物で、歴史や文化にも

もっとみる

音楽はいいね

人にとって音楽の役割とは何だろうか。最近では音楽にはmv(=ミュージックビデオ)が付いている。そしてもちろんmvと音楽はリンクして動いている。資格と聴覚で同時に情報を受けることになるのだ。それは違う精神性世界に連れていくことと同義である。mvが付いていなかったとしても音だけの情報でそれはまた違った世界に連れてってくれるのである。

 これは薬物の効果と似てはいないだろうか。特にLSDの効果とよく似

もっとみる

裏ハローワーク「ぼったくり」編part1

2000年代初頭、東京都でとある法律が新たに施行された。

性風俗営業等に係る不当な勧誘、料金の取立て等及び性関連禁止営業への場所の提供に関する条例

所謂、「ぼったくり条例」だ。

条例が施行され20年がたったが、未だその被害は後を絶たないという。

警察とのいたちごっこを繰り返しながらも、消えては現れる。

今回はそんな「ぼったくり」で過去に働いていたというMさんにその内情を聞いてみた。

もっとみる

ER –Overdose–

みなさん、こんにちは! Moe です。

こちらにお越しくださり、ありがとうございます。

今回も海外の医療ドラマのERからの学びをシェアします。

最初にERの学びをシェアした時に伝え忘れてしまい、ご存知の方も多いかと思いますが、念のため ERとは、なんの略でしょうか?

Emergency Roomの略で,救急室,あるいは救急外来を意味します。

余談ですが、オーストラリアではイギリス英語が主

もっとみる
嬉しいです😊
7