映画を観てきました。

1976年10月
中学二年生の秋、二子玉の
新星堂で南十字星のLPを
購入して以来、僕にとって
ベストバンドはザ・バンド
です。

毎日、繰り返し繰り返し
南十字星を聴いている
さなか、ミュージック
ライフを見てたら(・_・;
ラストワルツで解散…

一年後、3枚組のLP
が出て、出演者等の
いわゆるルーツ遡りが
始まって、渋谷公会堂
でRCOオールスターズ、
中野サンプラザでリック
ダンコを観た

もっとみる
スキありがとうございます。とても嬉しいです!
7

無名人インタビュー えいきら編!

水曜につぶやきでは書きましたが、qbcさんの無名人インタビューで受けたインタ記事が公開されました!!!

いきなり"無名人インタビュー"っても、ん?って人もいると思うんで、ご本人の言葉で説明(勝手な引用ともいう…)させてもらうと、

有名人だから面白いんじゃない。人は誰でも素晴らしく面白い。
*カバー写真内のコピーより。

一言で言うと、私qbcが有名人ではない無名の方にインタビューしてnoteの

もっとみる
こんなノートですみません!
25

石野卓球の神対応

2019年3月
電気グルーヴのメンバー、ピエール瀧がコカイン所持で逮捕された。

その直後からTwitterではピエール瀧やコカイン、電気グルーヴに興味が無いあるいは全く知らなかったような輩が、ピエール瀧に対してダメ絶対論を押し付け始めた。

あろうことか石野卓球にまで押し付ける輩まで現れた。

この事態に石野卓球は正面からぶつかっていく。

渦中にわざわざエゴサして、おかしな事を言っている輩一人

もっとみる
あら?楽しんだのね?チップよろしく💋
4

改めてきちんと記事で書きますが、qbcさんの"無名人インタビュー"でインタして頂いた記事が公開されました。qbcさんのインタ記事が今朝公開。そして、インタで話した内容の一部を書いた俺の記事も今日の17時半UPという偶然。ご縁を感じます。https://note.com/qbcqbc/n/n33f3210d520c

よければ、フォローもお願いします!
24

【無名人インタビュー】クーロン黒沢大好き! 薬物逮捕歴ありタイ移住40代

「無名人インタビュー」マガジンで過去インタビューも読めますよ!

今回ご参加いただいたのはえいきらさんです!
Twitter

▷イントロ

※※無名人インタビューは薬物乱用を推進していません※※

無名人インタビューて選考あるんですか? ないですよ。
ということで来るもの拒まず開かれた門の無名人インタビューですが、あこの人完全にアウトデラックスだわーと思った、えいきらさん回です。
すみません、が

もっとみる
無名人インタビュー受付まってまーす
102

医師とドラッグディーラーは同業者?笑 マリファナもCBDも自然界のもの〜笑

ある、ぶっ飛んだ医師が興味深いことを言うてた。

医者とドラッグディーラーは同業者だ!笑

「医者とドラッグディーラーの違いなんて、紙切れ(処方箋)を書くか書かないか?感謝されるか逮捕されるか?の違いだけで、やってることはほぼ一緒!もしかすると収入も同じくらいかもね? 医者は患者のために・・・みたいな偽善心を白衣で隠してるけど、ドラッグディーラーの方が、自分の欲望に忠実で正直な分、清々しい!」

もっとみる

先出) '95 till Infinity 089

90年代西オーストラリア州パースを舞台とする3人の少年の物語、" '95 till Infinity " 第6章・"World Skaters Day"の先出有料マガジン内の記事です。

マガジンをご購入頂ければ読めますが、第5章の全エピソードの無料投稿が終わり、第6章の無料投稿が始まる段階で、無料開放されます。

↓ 以下、"'95 till Infinity 089"です。

こっぷんかっぷ!
16

'95 till Infinity 086

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第5章: Buried in the Closet 007 】

ブラインドの隙間から射す朝日に起こされた俺は軽い二日酔いを引きずりながらキッチンへもそもそと歩く。

キッチンカウンターに全体重を任せ、電気湯沸かし器の口から上がる細い湯気を眺めながらお湯が沸くのをじっと待つ。

マグカップの中で待つリプトンティーバッグにお湯を注ぎ、ティースプーン山盛り2杯の

もっとみる
ぜひぜひフォローも…!
21

'95 till Infinity 第5章終了

90年代後半西オーストラリア・パースのパーティー・スケートシーンが舞台の連載小説・" '95 till Infinity "

第5章も昨日で終了。

一旦、現代の"俺"の家庭の中に話が戻ったので、つまらないと思った人も多かったと思いますが、次章から話が大きく動き出します。

今、"大きく動きます"なんてカッコよく書いちゃいましたが、展開が非常にスローなこの小説、"おいおい、吹いてんじゃねーよ"と

もっとみる
頑張ります!
15