デ○スやばい

この半年〜1年で、デパスの危険性を伝える記事が増えた気がする。
依存性のある薬物は多数あれど、特にデパスが名指しされるのは
製薬会社などと出版社の力関係にも拠るのもかもしれない。
主な記事は以下に示します。

概要を簡単に記すと、抗不安薬、睡眠導入剤などは
作用が強く、効き目が短い薬剤の方が依存しやすい。
その中でも、特にデパス(ハルシオン、ワイパックなども)は
依存する度合いが高く、その理由の一

もっとみる
スキをありがとうございます!とても嬉しいです(・∀・)
4

楽しいこと ワクワクが大好きな人限定 究極に成功する方法

今回は楽しいことワクワクが大好きな人限定です。いつもワクワクすることや楽しいことを探し、行動が早く、すぐ決断するが結果詰めが甘いとこがあったり趣味は複数持っていて、あまり細かいことを気にしない人限定です。下記の行動パターンが当てはまる人を限定とさせていただきます。

行動パターン

人生は明るく楽しくがモットー。

計画を立てることが大好き。

手帳は予定でいっぱいにしたい。旅行とか、イベントとか

もっとみる
スキをしてくれて今後の活力になります。
42
朝、インスタントでもいいから、味噌汁を飲もう🎃
12

発達障害と依存性

最近よく耳にする発達障害

我が家のビルもその1人。

約20年前、

『僕はADHDなんだ』と告げられました。

当時そんな言葉聞いたことは

ありませんでした。

当初からオーストラリアでは

すでにADDやADHDの診断を受けて

発達障害だと判断されれば薬を処方されていたので、

彼もその1人でした。

ビルは、ADHDとアスペルガーを併存しています。

では、

発達障害とは?簡単に説明

もっとみる

依存症と精神科の薬

福祉の仕事に、特に精神保健福祉士の分野に関わってからは、依存症(addiction)の方と接する機会は途切れなくあります。

社会にはアルコール・お酒など依存症になりうるものは多く存在しています。

もちろん適量飲むこと、節制できれば好きに飲んで構わないことなのですが、それができない状態になっている・周りの環境がそうさせていると、「やめたくてもやめられない」という状態になります。

最近は、性依存

もっとみる

依存について

市販薬依存の僕は、最近心臓に違和感を感じた。このままodし続ければ心筋梗塞などの心臓の病気になると思った。でもメジコンを20錠入れた。メジコンはNMDA受容体拮抗薬なので、抗うつ薬になりうる存在だ。僕は依存性だし、鬱がひどかったのでメジコンを飲んだ。ただそれだけだ。今のところは心臓は大丈夫そうだ…。ただ近いうちに俺は死ぬと思う。本当は生きたいのだが。
今はメジコン飲んで4時間経ったくらいか…鬱が晴

もっとみる

真っ白の闇を観て

🎬 👀 🎥

「真っ白の闇」

薬物依存をテーマにした映画。
監督は覚せい剤に溺れた弟さんにマリファナを教えたお兄さん。
マリファナがキッカケで留置所での出逢いから覚せい剤のビジネスを誘われ、最初は断ってたのに失恋が原因で覚せい剤を始めてしまう。
そこから幻聴や幻覚の世界でしか生きられなくなり、友達も家族にも見放された先に「今日一日ハウス」という薬物依存者が共同生活する場所と出逢って社

もっとみる

ひまわりの自己紹介。

はじめまして🌸このノートは私が約30年間生きてたうち半分が薬物によって地獄や天国を見てきたお話です。売人や精神病、逮捕、自殺未遂。裏切りや利用。今生きてる事に驚かれるくらい薬に狂った最悪な学生時代から立ち直るまでの書き綴って行ければと思います。

【覚醒剤辞めますか?人間やめますか?⠀】

私は人間を辞めることにして生きてきました。

それなのに今では結婚もして間もなく母親になります。薬と断ち切

もっとみる

「ジャッジする前に背景を考える」想像力ある社会を目指す、精神科医 松本俊彦先生

精神科医師の立場から、日本の薬物依存症の問題を、犯罪としてではなく病気の回復プロセスへと方向転換させるために活動されている国立精神神経医療研究センター病院・薬物依存研究部部長の松本俊彦医師。リアルな医療現場の話をお聞きするためnClinicの岩田千佳医師にもご同席いただき、お話をうかがいました。

松本俊彦(まつもと としひこ)さんプロフィール
出身地:神奈川県
活動地域:日本
職業:精神科医、

もっとみる

アルコール依存症にならないためには

2012年12月13日公開:MBAデザイナーnakayanさんのアメブロ

先日、12月8日(土)に地元の保健センターにてメンタルヘルスに関する講演を拝聴する機会がありました。講演内容としては、伊奈町にある埼玉県立精神医療センター副院長、成瀬暢也先生による「アルコール問題を抱える人への対応」というものでした。私自身のアルコールに対する接し方は、2011年1月10日に『新成人へ向けてのメッセージ』(

もっとみる
この記事の良さに気付くとは流石です!!ありがとうございます!!
11