西脇健三郎(ニーケン)

精神科医/食べ歩き、読書、映画鑑賞/好き本:ちょっとピンぼけ(ロバート・キャパ)、黄昏流星群/最悪を覚悟して最善を尽くす/2009年~2014年までブログやっていましたが、古希を過ぎてまた始めます。

新型コロナ感染症ワクチン接種とIT化、そして若者・・・

医療従事者から始まった2021年4月19日のこのブログで「~新型コロナ感染症対策の見えてきた光~」とふれ、「~精神科医、精神科医療従事者は感染症治療現場での役割はほと…

依存症治療版「学問のすすめ」

讀賣新聞で2021年6月8日~6月11日の間、シリーズで「依存/社会」が掲載された。その記事の冒頭は“国内で最も多い病気の一つが依存症・・・”で始まっていた。 私の立場から…

人の振り見て、我が振り直せ!

アルコール依存症に限らず、依存症者の治療、回復の難しさは、自らの病を認めないところにある。つまり、「否認」が最大の治療、回復の上でのテーマであることは、これまで…

「説得より納得」と「安全と安心」について

数日前、オンラインで東京の大学病院精神科教室の先生方を対象に依存症について持論を語る機会を与えていただいた。タイトルは「普通の精神科病院が片手間に行える依存症回…

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種 と「ギャンブル等依存症問題啓発週間」

今日は2021年5月14日だ。前日13日に長崎県は「医療危機事態宣言」が発令されていた。 そして、本日から「ギャンブル等依存症問題啓発週間」が始まるらしい。新聞報道による…

『習うより慣れろ』再考

長崎県の行政当局、今は新型コロナウイルス感染症対策に専念いただきたい。何故5月、6月この時期に精神科医療従事者に中身のないギャンブル依存症研修会を行うんですか?何…