芸術教育

「良い声は天性のもの」という誤解!

どうも、くさまゆうきです!

僕は大学・大学院時代にオペラの勉強をして、実際にオペラのソリストとして活動してプロになりました。
他にも紅白にコーラスで出たり、モンハンなどのCMに出たり、コンサートをやったり、アマチュア合唱団の人をリードするエキストラという仕事をしたり、ひたすら声を生業にしています。

そんな僕はよく「良い声だよね〜」と言われることがあります。
そして、「声は親からの賜り物だか

もっとみる

音楽は創造的な“遊び”。音楽エデュケーションから学ぶたくさんのこと

音楽を通して、子どもたちに深い学びを提供する。かつてロンドン交響楽団のヴァイオリン奏者だったマイケル・スペンサーさんは、ある時、音楽の持つ本質的な魅力に気がつき、エデュケーターとしての道を歩むようになりました。スペンサーさんが実践する、学校教育にとどまらない、音楽エデュケーションのかたち、そして子どもたちの教育において音楽が果たす重要な役割とは?

マイケル・スペンサー
日本フィルハーモニー交響楽

もっとみる

Reflection Journal 2019年11月10日 昼

今日は、朝起きてジョギングに出かけた。少し体を鍛えようと思っている。朝、玄関を開けると、心地よい風が吹いており、都会でもこんな澄んだ風が吹くのかと驚いた。軽くジョギングして、散歩していると、夫婦で走っている人、子供たちを遊んでいるお父さん、車いすでジョギングしている人、夫婦で朝の日を楽しんでいる人など、心が休まる空間があった。

1.身体を動かして感じたこと
この時間は、100%身体に集中できるの

もっとみる

学校なくしてみるのはどう?〜芸術教育に物申す〜(おまけ:いじめについて)

芸術の教育を考える時にまずは、「芸術とはなんぞや?」ということを明らかにしなくてはなりません。
自分が何を教えてるのかわからない教師なんてたまったもんじゃないからです!

では、
くさまは、芸術という抽象性の高い観念について、誰かに教えることができるのか?
ってことになりますが…

答えは、

できる!
と、できない!

です。

あは。

※何言ってんだこいつ!うざー!!と思ってもまだ読むのをや

もっとみる

道具はたのしい<動機>

道具はすごい。
「やってみたい」という動機になる。
「つくってみたい」というきっかけになる。
やってみようかな?を実現してくれるためのはじめの一歩。

はじめの一歩がとても難しい時、背中を押してくれる。それが道具。

はじめの一歩の背中を押してくれる道具。でも逆にそれが困難な時もある。
道具を使いこなせないから門を抜けることができない時。
でも、それは道具を克服すれば門も抜けられちゃうってこと。

もっとみる
ありがとうございます一日救われた
3

道の先は

お仕事のお話が来た。
それはとても大事な芸術教育のお話だ。
レッジョエミリアを取り入れた方針の場所。
私もとても興味がある。

だが、いざとばると、
パニックになってしまう。

私は弱い人間だ。
パッションがあるはずなのに
パニックと不安が先に私を支配する。

主治医と話して
やっぱりまだ時期じゃないと
お断りするしかないようだ。

今は

自分のペースで
絵を描いて
アクセサリーを作って売ってい

もっとみる

星から星へ<先っぽの人と子供達とのあいだ>

専門職って、先っぽをやっているようで教育と距離がある。
昔は、高校の先生や小学校の先生も時間があったから専門研究をしたり論文書いてたり研究してたものだから子ども達にとって物理的にも専門との距離は近かったと思う。
 
 しだいに、気がついたら教科教育についての理解は失せて事務業務ばかりが求められ、すっかり専門をしていることは悪いことみたくなっちゃった。
音楽の先生が実際に歌を練習することさえ疑問しさ

もっとみる
とても嬉しいです本当にまぢで
5

人生の豊かさと言葉の教育

原題:(無題)
初出:Facebook(近況),2016年10月3日,走り書き

 「人生の意味は何か」ではなくて,人生に深い意味を与えて生きることができた者が勝ちなのだと思う。そして人生に深い意味を与えるものは,深い経験と,その経験の深さを魂に刻むための言葉とである。この2つのうち,少なくとも後者は教えうるものである。だから,人生の深い意味をとらえるような豊かな言葉を生み出したり研究したり教えた

もっとみる

企画当日は、きっと私もアドレナリンが出て、感性の扉がばっこんばっこん開くんだと思う。

今日はumumアトリエ特別編。
展覧会をつくろう!
でした。

あした、展覧会をつくります。|umum たなかれい|note(ノート) https://note.mu/frogizm03/n/n1d8bfef30c12

一言で振り返ると
あっぱれ!!

完成した空間は
参加者のみなさんのアイディアや試行錯誤
丁寧な手作業のおかげで
しっかり作りこまれた見事なものになりました。

実は今回の企画

もっとみる
っしゃー!
2

あした、展覧会をつくります。

久しぶりの投稿になってしまいました。
umumの田中令です。

振り返ってみるといろんなドラマがあって
めまぐるしかった9月。
一つの節目がありました。

2018年6月から立川の工芸カフェさんで
3ヶ月間にわたって開催したumumアトリエ
全6プログラムが終了しました!!

思い返せば大学の頃から
ワークショップやイベントを始めて12年。
ずーっとなんやかんやで続けてきて
行き着いたひとつの信念

もっとみる
やったー!
3