田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋

#cluster → @waon2007 VR内の「はっちメタバース店」と大阪にあるリアル店舗「はっち」にてフリペーパー専門店の代表としてフリペの無料配布、古書販売、選書、読書会をしています。/京都市美術館協議会委員/京都を彩る建物や庭園審査会委員/大阪市男女共同参画審議会委員/

田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋

#cluster → @waon2007 VR内の「はっちメタバース店」と大阪にあるリアル店舗「はっち」にてフリペーパー専門店の代表としてフリペの無料配布、古書販売、選書、読書会をしています。/京都市美術館協議会委員/京都を彩る建物や庭園審査会委員/大阪市男女共同参画審議会委員/

    マガジン

    • 1日1冊オススメ本レビュー

      ブックコーディネーターが毎日1冊、サクッと読めるオススメ本ブックレビューを公開していきます。

    • 京都ヨル会議

      再開発の進む「京都駅周辺の記録保存」そして「広く京都魅力の発信」を、京都在住の有無や、京都への関わり度合いに関係なく行なっていく「京都ヨル会議」のマガジンです。こちらではイベントの事前告知やアーカイブをまとめる他、京都本に関しても紹介していきます。

    • 大阪ヨル会議

      再開発の進む「大阪駅周辺の記録保存」そして「広く大阪魅力の発信」を、大阪在住の有無や、大阪への関わり度合いに関係なく行なっていく「大阪ヨル会議」のマガジンです。こちらではイベントの事前告知やアーカイブをまとめる他、大阪本に関しても紹介していきます。

    • メタバース(ソーシャルVR)備忘録

      個人的に2022年から学び出したVRについての備忘録、読書感想他。

    • 伊丹朝活読書会

      兵庫県、伊丹市で開催している「伊丹朝活読書会」の告知、アーカイブマガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    自己紹介

    日本のブック・コーディネーター、自主制作映画監督、アート・プロデューサー、コミュニティプロデューサー。一般社団法人ワオンプロジェクト代表理事。ファイナンシャルプランナー/准認定ファンドレイザー/終活カウンセラー 同志社大学経済学部卒。大学卒業後に金融業界に就職するも、ふとした偶然から「暗黙知を可視化してくれる」文化芸術に魅力を感じて前衛芸術家集団、元具体美術協会の嶋本昭三氏がひきいるAUに参加。国内外の様々な文化芸術活動に裏方的に関わった後に、2007年に自身が代表をつとめ

    スキ
    55
      • 戦争は女の顔をしていない 2

        "いつもわたしは驚かされた もっとも人間的な素朴なことに対する不信感と 現実を理想や実物大の模型に ありふれた暖かみを冷たい輝きにすりかえたいという願望に"2020年発刊の本書はノーベル文学賞受賞者デビュー作、独ソ戦従軍の女性たちへの聞き取りをコミカライズした良作。第二弾。 ⁡ 個人的には前作が面白かったので、引き続き手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は引き続きジャーナリストとして活動。聞き書きを通して、大事件や社会問題を描く著者、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ。チェ

        スキ
        1
        • 丘の屋敷

          "自分がいた部屋の窓を眺め、自分を静かに見守る屋敷の、どこか面白そうな"表情"を見つめ返した。そして、やはり待っているんだ、と思った。"1959年発刊の本書は幽霊屋敷テーマの怪奇小説古典。キングの『シャイニング』にも影響を与えた傑作。 ⁡ 個人的には著者の『ずっとお城で暮らしてる』がとても面白かったので、本書も手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は80年前に資産家ヒュー・クレインによって建てられたという<丘の屋敷>。クレインの妻の死を始めとして、不幸が続いた屋敷に心霊学の研

          • モンテ・クリスト伯爵

            "神の善行はこれで終わりだ....情けも人道も恩義も 人の心ももういらない....ああ やっとこれで悪魔になれる"2015年発刊の本書はデュマの壮大な復讐劇、世界的ベストセラーを一冊にまとめたコミカライズ良書。 ⁡ 個人的には、主宰する読書会で参加者にすすめられて手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は実在の事件から着想を得て、1844年から1846年にかけて、フランスの当時の大手新聞に連載されたアレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』。友人達に裏切られ、無実の罪で獄中へ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 1日1冊オススメ本レビュー
            田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋
          • 京都ヨル会議
            田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋
          • 大阪ヨル会議
            田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋
          • メタバース(ソーシャルVR)備忘録
            田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋
          • 伊丹朝活読書会
            田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋
          • はっちの作り方
            田中冬一郎/スナ@VR &リアル本屋

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            京洛の森のアリス

            "はっきりと分かったのだ。ここは違う世界だと(中略)『京都じゃなくて....京洛の森』"2018年発刊の本書は『京都寺町三条のホームズ』著者によるジブリの"千と千尋の神隠し"を彷彿とさせる書き下ろしファンタジー。 ⁡ 個人的には京都好き、そして『不思議の国のアリス』好きということもあって手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は幼いころに両親を亡くし、引き取られた東北の叔母の家でも身の置き所のない少女ありすが、京都に戻って舞妓での独り立ちを決意するのですが。彼女のもとに迎えにき

            スキ
            3

            グレイスイヤー 少女たちの聖域

            "わたしは自分がなにを見たかわかっている。なにを感じたかわかっている。みんながそれを魔力と呼ぶならかまわない。わたしはそれを狂気と呼ぶ。ただ、ひとつだけ確かなことがある。ここには恩寵なんか存在しない"2019年発刊の本書は映像化も決定したフェミニスト・ディストピア小説。 ⁡ 個人的にはディストピア小説好きというのもあって手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は外界と隔てられたコミュニティ"ガーナー郡"。女には男を惑わせる"魔力がある"と、強い女性嫌悪が根付き、16歳を迎えた全

            スキ
            2

            戦争は女の顔をしていない

            "戦争で一番恐ろしいのは『死』だって答えると思っているんだろ?(中略)戦争で一番恐ろしかったのは.....男物のパンツを穿いていることだよ"2020年発刊の本書はノーベル文学賞受賞者デビュー作、独ソ戦従軍の女性たちへの聞き取りをコミカライズした良作。 ⁡ 個人的には未読の原作を読むか迷ったのですが。漫画化への興味から手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書はジャーナリストとして活動。聞き書きを通して、大事件や社会問題を描く著者、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ。チェルノブイリ

            スキ
            3

            バッタを倒しにアフリカへ

            "全身バッタまみれになったら、あまりの痒さで命を落としかねない。それでも自主的にバッタの群れに突撃したがるのは、自暴自棄になったらからではない。子供の頃からの夢『バッタに食べられたい』を叶えるためなのだ"2017年発刊の本書はバッタ博士による傑作科学冒険(就職)ノンフィクション。 ⁡ 個人的には表紙のインパクトに前から興味を持っていたので手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は昆虫の行動研究の先駆者『ファーブル昆虫記』のファーブルに憧れて、昆虫学者になることを目指していた著者

            スキ
            2

            東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙~

            "流れであの頃の事を考えてるうちに おめーにこの手紙を書いておこうと思った"2022年発刊の本書は作中の人気キャラ、松野千冬と場地圭介の出会いと別れを描く公式スピンオフシリーズ第一弾。 ⁡ 個人的にはアニメ派なんですが。原作がめでたく完結したと知り、手にとってみました。 ⁡ そんな本書は本編『東京卍リベンジャーズ』に登場する東京卍會の漢気溢れる"ペヤング好きな"壱番隊隊長、場地 圭介。そんな彼に憧れた松野千冬の場地との出会い、そして千冬が壱番隊副隊長になるまでの過去が丁寧に描

            スキ
            1

            となりのしかたさん

            "移住者の目で見た『綾部あるある』を4コマ漫画にしてみたら面白いかも、という思いつきから始まった連鎖が『となりのしかたさん』です"2022年発刊の本書は京都のローカルメディア『あやべ市民新聞』連載4コマ50話に雑談風解説を加えてまとめた一冊。 ⁡ 個人的には綾部市を訪れたことがあることから興味を持って手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は綾部市では"20人に1人以上はいると思われる"一番多い姓"『四方』家族。中でもずっと綾部在住の農家『しかた・たかし』その妻の『しかた・みそ

            スキ
            1

            貧困と飢饉

            "飢餓とは、十分な食べ物を持っていない人々を特徴づける言葉である。十分な食べ物がそこにないという状況を特徴づける言葉ではない"1982年発表の本書はアジア初のノーヘル経済学賞受賞者が途上国の購買力と飢餓の関係を説明、貧困は『生産力ではなく市場の失敗』であることを明らかにした古典的名著。 ⁡ 個人的には主宰する読書会の課題図書として手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は引用した冒頭から始まり、ある社会において正当な方法で【ある財の集まりを手に入れ、もしくは自由に用いることので

            スキ
            3

            ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語

            "『今日は神聖なる神様たちに勝手に変なキャラ付けしてふざけても怒りません。なんなら盛っちゃってください』"2017年発刊の本書は、まさかの言葉遣いが難しい『日本最古の歴史書』古事記から物語だけを抜粋、ラノベ風にまとめた良書。 ⁡ 個人的には主宰する読書会で参加者にすすめられて手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は『古事記が好き過ぎて』な著者が2014年に古事記を現代的に口語訳して開設したWEBサイト『古事記を現代訳っていうかラノベ風にしてみた』が大人気になって書籍化されたも

            スキ
            3

            若き詩人への手紙 若き女性への手紙

            "例えば閉ざされた部屋のように、あるいは非常に未知な言葉で書かれた書物のように、愛されることを。今すぐ答えを探さないで下さい。"本書は苦悩する青年、苦境に立つ女性へ。詩人が、深い共感にみちた助言を送りつづけた書簡集。現代人にも励ましと力を与えてくれる普遍的良書。 ⁡ 個人的には主宰する読書会で紹介されたのを機に手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書はオーギュスト・ロダンからの影響で言語を通じて手探りで対象に迫ろうとする「事物詩」で知られる詩人にして【よく手紙を書いたことでも知

            スキ
            3

            変な家

            "あなたは、この家の異常さが分かるだろうか。おそらく一見しただけでは、ごくありふれた民家に見えるだろう。しかし、注意深くすみずみまで見ると、家中そこかしこに、奇妙な違和感が存在することに気づく"2021年発刊の本書はホラー作家がおくる不動産ミステリー。 ⁡ 個人的にはSNSで紹介されているのを見て手にとりました。 ⁡ そんな本書は、とある1軒の家の間取り図話から始まる。その家は一見すると『ごくありふれた一軒家』。ただ設計士に見せると少しばかり変わった間取りをしている事に気づく

            スキ
            5

            推し、燃ゆ

            "推しを取り込むことは自分を呼び覚ますことだ。諦めて手放した何か。普段は生活のためにやりすごしている何か、押しつぶした何かを、推しが引きずり出す。"2020年発刊の本書は芥川賞受賞作にして、巧みに依存することの危うさを描いた良作。 ⁡ 個人的に、著者の作品を読んだことがなかったので手にとりました。 ⁡ さて、そんな本書は学校でも家族ともうまくいっていない女子高生、あかりが『唯一の生きがい』アイドルグループ『まざま座』の上野真幸の推し活に身を削って全てを注ぎ込むも、ある日、真幸

            スキ
            4

            ジュリーの世界

            "浮浪者であって、浮浪者でない。河原町のジュリーは、やはり、この街の中で特別なのだ。いや、もしかしたら、それを受け入れている京都の人々が特別なのか。"2021年発刊、京都本大賞受賞の本書は実在のホームレスにして今や伝説的な人物を題材に70年〜80年代の京都を描いた良作。 個人的には京都本大賞受賞を機に手にとってみました。 ⁡ さて、そんな本書は1960年代から1980年代に四条河原町付近を徘徊していた実在のホームレスにして、いつしか地元出身の当時大人気だった沢田研二のニック

            スキ
            3