麻痺に対するリハビリテーション

脳梗塞や脳出血、脊髄損傷などで体に麻痺を患った人へのリハビリについて語ります。

私は急性期病棟、回復期病棟、リハビリ特化型デイサービス、入所リハビリ、通所リハビリでリハビリを提供してきました。一応一通りの分野で働いてきた経験があります。

麻痺に対するリハビリテーションには様々な方法や様々な手技があります。

私もなんとか担当患者の麻痺を治したくて、色々と勉強し、高いお金を払って研修会にも多く参

もっとみる

「穏やか」の考察その3

娘達の本番は…よかった。
よかったが、一人一人、まるで自分が演者になたように、1音1音ドキドキしてしまうのでかなり疲れる。でも行ってよかったとは思う。

土曜日のレッスンは朝から晩まで続いているのでそれは前もって休んでいた。

その間に部屋を片付け、自分に合う食事や作り置きを作りたかった。
「薄味で美味しく」「〇〇で代用!」情報氾濫私の頭は混乱。

ここにきて「なんでこうなったのか?」と落ち込み自

もっとみる

「穏やか」の考察その2

診断受けて以来、
物を口にするのがこわくて、
火を入れた野菜、塩気のない野菜スープ

それしか口にできなかった。
知らなければ、そんなことは全くなかったのに。

ホンマに食べられないの?
本当にあかんの?

晩に娘達大学のオケ定期演奏会

これ観に行ってみよう。
いつもより歩くの遅いし、
段取り悪いし、辿り着けないかも!
なので…

その時にふと

食べれるんちゃう?
飲めるかも?

そんな誘惑が

もっとみる

穏やか。

そう、まさか。
でも、確かに。

確かにここ数年は仕事の幅が
確実に…お陰様で増えた。

日曜日も、
朝レッスン、昼音響オペ、晩ライブ出演
例えばこんな感じ。

だけど、音楽の中だしやっている事が
バラバラとは思ってなかった。

しんどくて起きれないのは
更年期と思ってた。
病院行っても「仕事疲れやね」だし。

めまいが突然押し寄せた。
本番の次の日かかりつけに行った。

血圧が高いのは気になって

もっとみる

記憶を辿る ~what can we do?~

さて、今日は早めの夜の記事を書くことにしました。

実は書き始めてから、普段ただ考えて、そしてそのタイミングを過ぎ去ってしまえば、まったく脳内から消えてしまうようなことは今までの流れであったが、中学生の時のように日記形式の記事を始めることによって、一日起きたことに対しての記憶はより鮮明的になったといっても良いだろう。

昔はさほど、自分のことを記憶力がいいと思ったことがなく、寧ろ学校で暗記といわれ

もっとみる
ありがとうございます。フォローやコメントもお待ちしております。
11

闘病生活と家族への感謝

【おっさんたちの往復書簡】
↑高校の友人とやってる往復書簡です。

さてさて妙加谷、4往復目いってみましょうか!

「不安は過去や未来にあり、今にフォーカスすれば不安は消える」ですか。これはいいね。意識したことなかったわ。
俺にとって今に集中できる瞬間は、工場の現場に出てるとき。お客様から届いた図面を確認し、機械をセットし、納入された材の性質を確かめ機械に投入する。ブィーンと大きな音をたてながら木

もっとみる

医療事務が脳梗塞で入院した話・その9

話は数日戻りますが、何もかもほったらかして即入院になってしまったので、職場においてきたあれやこれやがどうなったかが、それなりに気になります。

それに週末に予約を入れていたカイロプラクティクにお断りの電話をしないといけないし、毎週土曜日にしか通ってなかったけど10日以上休むときは連絡くださいねっていうカーブスっていうサーキットトレーニングのジムにも電話しないといけないし、と思って、ナースに訊いてみ

もっとみる