人事制度づくりで大切にしたいこと(その4)

前回までの記事で、「社員制度」、「報酬制度」、「評価制度」、「人材育成」の関係性について紹介しました。この4つが人事制度の根幹になると弊社では考えています。

では、この4つを整えればそれで終わりかというと、そんなことはありません。

社員をどのように採用するのか?
配置や異動をどのように行うのか?
労働日や労働時間などの勤務の体系をどのようにするのか?
どのような福利厚生を行うのか?
安全衛生や

もっとみる

人事制度づくりで大切なこと(その3)

前回の記事で、「社員制度、報酬制度、評価制度の整合性が取れていること」が大切だと書きました。

さて、ここで質問です。

評価って、何のために行うのでしょうか?

おそらく、多くの方は「昇進や昇格を決定するため」とか「給与や賞与を決定するため」と答えられると思います。

もちろん、それも大切なのですが、弊社ではちょっと異なる考え方を持っています。

「評価の目的は、人材育成」、と考えています。

もっとみる

人事制度づくりで大切なこと(その2)

前回に引き続き、人事制度作りで大切なことをお伝えします。

みなさんは、「人事制度」という言葉からどんなことを思い浮かべますか?

たいていの方は、給料、ボーナス、評価、昇進・昇格などを思い浮かべるのではないでしょうか?

そうなんです。人事制度の柱は、以下の3つです。
1 社員制度(「○○職**級」などのような、社員の格付け制度)
2 報酬制度(給料、ボーナス、退職金など、社員に対する報酬のあり

もっとみる

UberEats配達員 今週の収入を報告(7月27日〜8月3日)

先週の稼働と収入は以下の通りです。

配達件数:95件

稼働時間:30時間45分 

売上:56,702円 時給換算:約1,830円

時給2,000円を超えることはできませんでした。。副収入としてはまずまずです。ジムに行っていませんが、いい感じに体重キープもできています。以下の記事をご確認いただけると幸いです。UberEats配達員はジムの費用を抑えて、ちょうどいい運動ができます。この時期は夜

もっとみる
ありがとうございます。少しでも有益な情報となれば幸いです。
4

新入社員必見!給与明細から見るお金の話(番外編①)

こんにちは!wajiです。

前回の記事では「給料天引きでは何を引かれてるの?」ということを大まかに扱いました。

上の質問の答えは「4種類の社会保険料」と「所得税・住民税」でしたね。それぞれについて詳細な説明は前回の記事ではしていなかったため、今回から2回に分けてそれぞれの内容を見ていきたいと思います!

前回の記事も併せてご覧ください(ぜひいいね!もよろしくお願いします)⬇️

今回は給料から

もっとみる

リモートワーク生産性研究費

最近リモートワーク手当というような手当を増やしている会社が多いように見える。この手当というものがくせ者で、何かの既得権益になってしまう事が多いように見える。

リモートワーク生産性研究費

 私がリードをする会社では、リモートワーク生産性研究費として、ご自身の生産性を変えていくR&D費用として手当を支給することにした。
 本来なら費用精算で支援と考えたが、モノなどが会社備品となり、管理が難しくなる

もっとみる
ありがとうございます! 仲間を増やしたいですねっ(^^)
1

従業員に対する価値観

おんせん(@onsen_shiro_jp)です。

知り合いのナースと話をしていて、東京女子医大の看護師退職希望について話をしていたのだが、「昇給ゼロ、ボーナスカットじゃやってらんないっすよね」と問いかけたら
『入職して4年目ですけど昇給ゼロですよ?』とのこと。

給料悪いことで有名?な訪問看護事業所なのですが、これは人の入れ替わり激しいわ…
創業10年近いのに、常勤の最長勤務年数が4年目という現

もっとみる
読んでいただいてありがとうございます!
4

フリーランス7ヶ月目の月収公開【収入を上げた3つの方法を無料公開】

フリーランスになってから、7ヶ月経ちました!

独立する時に僕は「6ヶ月分だけ」の貯金をしてましたが、この6ヶ月はまだ生活費分を稼ぐことができてませんでした。

平たく言えばそろそろ生活できない状態になってきております。はい。

そして7月に突入し、稼ぎも貯金も少ない中でとりあえず7月は「月収20万円」を目標にYouTubeの更新もSTOPして仕事に集中してましたがその月収を公開します。

月収公

もっとみる
励みになります!ありがとうございます!
11

育休旦那と年俸制優位

「月給制ではなく年俸制を」それが今回の単純明快な論旨である。まだまだ日本では月給制が主流であるものの、年俸制が広まることを願い本記事を世に送り出したい。それでは早速、年俸制は雇用主と従業員の両方にとって優位に働くと三つのポイントから説明していこう。

①時間制約解除の利

 年俸制の第一の優位は雇用主にも従業員にも時間制約解除の利を届けられるというところである。
 まず従業員側の立場で考えてみよう

もっとみる
本当に本当に嬉しいです!
64

新入社員必見!給与明細から見るお金の話③

こんにちは!wajiです。

今回は【第3弾】となっています。

【第1弾】【第2弾】をまだ見られていない方はこちらも併せてご覧ください⬇️

第2回では皆様が会社から「もらえるお金」について見てきました。

ただ第1弾で説明したようにこの支給された「額面」がそのまま入ってくるのではなく、「天引き」という工程を経て、皆様のもとへは「手取り」として入ってきます。

ここで気になるのが「天引きで何を引

もっとみる