暮らしてわかった!年収100万円生活術

【読書を毎日の習慣にしており、本は出会いです】
そんな中で★4以上の、とても良かったものを紹介致します。

◎年収が100万円になっても心配なし!
◆年収100万円、税金は安く恩恵は大きく
・日本は高額所得者にとって税金が高い国です。
 累進課税制度がたおられているためです。
 反対に収入の低い人にとっては有利な税制です。
 年間給与額が65万円未満の場合、所得税がかかりません。
 さらに基礎控除

もっとみる
スキをありがとうございます。励みになります。
5

5年後の年収の決まり方/独学でも5年後に本を出版する方法

おはようございます。佐藤大朗(ひろお)です。会社を休んで、三国志の研究をしています。今日は、5年後の自分の年収を求める公式(方程式)についてお話をします。
これを転用して、ぼくのように独学で研究をやっている人間でも、5年以内に本を出版する方法をお伝えします。

年収を求める公式は、昔どこかで読んだものの受け売りですが、
親しく交わっている5人の平均値です!! #これが結論 その1
例えば、同じ仲間

もっとみる
嬉しいです。これからも宜しくお願いいたします。
4

退職して

先月末で退職した。定年まで10年残して、早期退職。

今、次の収入は何も決まっていない。

それでも、何の悔いもない。辞めて良かったと本当に思う。

とにかくストレスが大きかったんだなあと、改めて実感する。

週末も平日も関係なく、毎日のように、次の仕事のために準備しているけれど、疲れるとか焦るとかはない。

それよりも夜眠る前に感じていた翌日への不安がなくなり、朝起きたときの出勤に対する憂鬱さも

もっとみる

美容師が独立すると年収はいくら?独立の形式別に比較してみた!

こんにちは!

『GO TODAY SHAiRE SALON』広島店CM(コミュニケーションマネージャー)の川端真史です。

今日は美容師の皆さんが気になると思う、独立後の美容師の年収の話をしたいと思います。

そもそも美容師の平均年収はいくら?

美容師の平均年収は302万円と言われています。

月収に換算すると25万円ですね。

月収25万円の美容師さんの手取りは、社会保険料や税金が源泉徴収さ

もっとみる

社会人! 第19回「社会保険料」-その3-

外資系企業人事部と、国内老舗企業営業部。社会人10年目の2人

00:00 | 00:30

消費税増税の影響は通勤費、そして標準報酬月額にも影響が出るという話。十分に稼いでいる人は、遠いところに住んで通う(=通勤費が増える)と不利になる。厚生年金は上限に達するのに、そこから健康保険料はだいぶ上がり続けるので・・・。

お時間いただきありがとうございます!

会計人材がチェックすべき16のサイトをまとめてみた

みなさんこんにちは!今回は経理・会計に携わるビジネスマンがチェックすべき16のサイトをまとめてみました。会計知識が勉強できる・時事ネタがわかる・キャリアを考えるきっかけになるの3つの軸で、普段筆者がチェックしているサイトのうちいくつかをピックアップしていますので、是非参照してみてください。

なお、今回は国税局などの政府機関やBig4系の情報サイトは除外しています。各サイトの情報の正確性については

もっとみる
ありがとうございます!これからもご贔屓お願いします!
3

「チーム男」と戦っていることに気づいた話

こんばんは。なっちです。今日はつぶやきです。

35年生きてきて、最近、ふと気づきました。

自分、唐突ですが、すっごく男の人(全般)に対抗意識を燃やしているなと…(笑)

例えば、

・学歴
・年収
・仕事をまわすスキル

とかです。

若い頃は、楽器の腕とか、テストの点数とかも。

負けないぞ、バカにされないぞ!と思って頑張ってきた節があります。

いま、自分はぶっちゃけ学歴が高めで、男性の平

もっとみる
嬉しいです!
1

統計

統計はいろいろあるが、身近なものは
気温や物価指数、労働賃金だろう。

物価や賃金はお金に関するものなので、
関心が高いのではないか。

特に年収や貯金などの統計は、平均値や
中央値を見て不安になったり、転職活動等の
目安にするのではないでしょうか。

例えば、5人の貯金がそれぞれ
200万円
300万円
400万円
700万円
1000万円であれば、
中央値は、400万円
平均値は、520万円

もっとみる

webデザイナーの収入アップのスキルを6つのステップで解説します。【ロードマップ】

今日は、Webデザイナーの収入アップに必要なスキルを6つのステップでお話ししていきたいと思います。

Webデザイナーに限らずどの職業でも、
稼いでいる人と稼げてない人っていうのはいると思いますが、

Webデザインの仕事って領域がとても広いので、
幅広いスキルや知識を持った人か、
何か一つでも飛び抜けたスキルがある人でないと、

Webデザイナーは収入を上げていくことは難しいのが現状です。

もっとみる

【無料記事】経歴15年以上のベテランFPが教える日本の大半の年収300万円代以下の人が無理なく年間100万貯金できる方法とは

日本の半分が手取り年収300万円代以下と言う現実

みなさん、日本人が今、どのくらい年収があるかご存知ですか?

※参照:厚生労働省 Ⅱ 各種世帯の所得等の状況

2019年時点で、所得の中央値が437万円、400万以下の世帯が45.4%いて、日本人の半数ぐらいが、年収400万以下で生活をしています。

年間400万以下というのは、月28.5万以下で、税金などを引くと手元に残るのは月22~3万以下

もっとみる
この記事が貴方のお役に立つことを心よりお祈り申し上げます。