犬部

11月28日

5時に目覚める。畳ベッドの上でストレッチ。両脚を尻の下に敷いての海老反り仰臥ポーズ。かつて井上靖が〝若さの証明〝とばかりに文藝春秋のグラビアかなにかでこのポーズを披露していたのを思い出す。 今朝も「8月6日のバット」(仮題)を手直し。ついでに最後まで通しで見直してみることにする。 今日は天気良く午前中は畑仕事。そのあと、きのう持ち帰った移動書斎のステップワゴンを通常使用バージョンにシートを組み直す。 NHK将棋講座、丸山忠久九段対豊島将之九段の対局観てから読書。「世界は広島を

スキ
2

犬や猫は人間にとって「最後の友達」〜山田あかねさん

”犬のためにできることを何かしたい” そんな思いでつながった出演者・スタッフが集結して生まれた 名前のない犬たちと、彼らを救い出す人々を描いたドキュメンタリードラマ。 「犬に名前をつける日」 動物愛護センターに収容されている犬たちや、2011年の東日本大震災で福島の原発20キロ圏内に取り残された動物たち、なんとか動物をレスキューしようと奮闘する人間たちのリアルな映像が、明日にはもう消えてしまうかもしれないギリギリの命とともに緊迫感として胸に迫ってきました。 この映画の

スキ
46

犬と飼い主さんの関係

【犬と飼い主さんの関係】 犬は言葉を話すことができません。 犬は自分の気持ちを 言葉で伝えることができません。 犬の思いは 人とよく似ています。 例えば 口うるさく言われたくないとか 必要以上に干渉して欲しくないとか 自分でできることはするとか そして 犬は人が思っているより とても賢くて 多くのことを観察したことは 記憶にとどめていきます。 家族の人たちそれぞれが 毎日どんなサイクルで生活しているのか それぞれの家族の中での役割はなんなのか 毎日ちゃんと様子を見

スキ
8

愛護ワールド今と昔

 先日、朝日新聞記者の太田匡彦さんと対談しました。太田さんは大手マスコミの中で最もペット動物問題に詳しい記者として知られ、各地のシンポジウムで顔を合わせたり、私の新刊本インタビュー記事を書いてくれたりと、以前から何かとご縁のある方です。前回の「コロナが我が家にやって来た!」でも書きましたが、7月に拙著原案の映画「犬部!」が公開になり、舞台挨拶とトークイベントが行われ、太田さんにもご登壇頂きました。

有料
200

ビッケと十和田とりんご娘

青森のご当地アイドルRINGOMUSUME(りんご娘)は、弘前市を拠点に活動している。 彼女たちのファンをfarmerと呼ぶのだが、farmerならば一度は弘前に行って普段の姿に遭遇できたらいいなと思うのではないか。 きっと弘前市民は(他所に比べれば)高確率で遭遇の経験があるんだろうけど。 ラジオでりんご娘のジョナゴールド(J)ちゃんが自分で言ってたけど街の中を結構なスピードで自転車で走っていたとか、いないとか。。。 羨ましいぞ、弘前市民。 自分の街に、推しの娘達が

スキ
39

犬も人もおなじ

この勝手口から いつもこうして 外を見ている子達。 ところが夜になると 外から丸見えなので 不用心ということもあり 残念ながら 目隠しシートを貼りました。 0.5cmくらいの隙間から 頑張って覗いてたリリー。 どうやら諦めたようです。 そろそろ17時。 散歩に行かないですか? というサリーの視線をよそに お空は暗くなり 雷がゴロゴロいい始めました。 もうしばらく 待つことにしましょうか。 【犬も人も同じ】 人間の子育てが難しい。 子供たちを2人育てて来て

スキ
5

年々増えているJリーグチーム。最新邦画の舞台にはどんなチームが…?【2021年7・8月公開編】

話題の最新邦画の舞台になっている都道府県にはどのJリーグチームがあるのか、サッカー映画祭ならではの視点で紹介していきます…! 皆さんこんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第23回、担当は坂野由依(20/大学3年生)です。よろしくお願いします。 今回は、今年7月・8月に公開される映画の中から、ある特定の都道府県が舞台になっている映画を厳選し、その都道府県で活動するJリーグチームも併せて紹介します! 実は、Jリーグチームは毎年数を増やしているんですよ😊(

スキ
22

北里大学の獣医学部志望者は必見!最新映画「犬部」から目が離せない!

こんにちは。獣医専門予備校VETの永目です。 今回は最新映画の「犬部」について紹介したいと思います。 そもそも全然この映画のことを知らなかったのですが、ある日授業前にある生徒がこの映画のことを教えてくれました。 かなり感動したらしく、熱く語ってくれたのですが 映画おわりのそのまんまの感情をぶつられすぎて 正直、熱量についていけませんでした。笑 でも、話を聞いているとどうやら ・実話を元にした作品だということ ・北里大学の獣医学部の学生の話だということ ・動物を守る

スキ
6

北里大学獣医学部 犬部!

以前から気になり、観に行かなきゃ!と思っていた映画「犬部」。 十和田キャンパスの、北里大学獣医学部の学生が創設したサークル「犬部」(現在は「北里しっぽの会」と名称を変更しています)の実話にもとづいた映画です。 動物たちの「いのち」の利用をテーマに、それぞれの方法で「いのち」に向き合う若き獣医師たちの物語。 動物の映画だという先入観から、いくら実話がもとになっていると言っても、きっと、キレイな青春感動ものの映画に脚色されているに違いない、 鑑賞前はそう思っていました。

スキ
61

犬がひたすらに愛しくなる映画「犬部!」

TOPの写真はパンフレットなんですけど、肉球がエンボス加工になってて、色合いもパステルで可愛い💛 観る時間なかったら、これだけでも買ってみてください。ほんと可愛いから! 犬や猫を飼ったことが無い人にも見てほしいモデルになった太田快作先生をドキュメンタリー番組で知ってる方も多いですし、脚本の山田あかねさんも動物愛護に力を入れている方ですし、ちょっと敷居が高いと思ったり「自分には関係ない話」と思ってしまう方も多いようです。 しかーし! 本作に、説教くさい話は一切ないです。

スキ
11