特別支援学校

【#508】誰かがそれを言わせない(200707)

どんな人の中にも言葉はたくさんあるのに誰かがそれを言わせないようにしてる。
青山ゆみこ「ほんのちょっと当事者」(p75)

教師は子どもより力をもちやすい。
強者が弱者を抑え込むように、僕は子どもの言葉を奪う立場になってしまっていないか。
後ろを向いても答えは出ない。もし自分の力が強くて、子どもの言葉を奪ったことに悔やむなら、前を向いて、取り戻すしかない。取り戻せなくても、気をつける。

今日はチーズケーキにしよう!ヤッホーイ!ありがとうございます。
1

夏休みを削り学習時間を確保することが、子どもたちに与える影響を冷静かつ熱を帯びて考えてみている件について

所属先とは一切関係のないことを最初に記しておきます。

表題の件について、昨日、今日と自分の子どもたちと海を見ながら考えていました。幸か不幸か、例年であれば土日にいくつかのセミナーやらなんやらが予定されていて家庭で過ごす時間を削っている私自身が、今年度はセミナーの多くがなくなったり、オンラインになったりして、その移動や参加に関わる時間を他のことに費やすことが可能となっている状態です。この状態を、う

もっとみる
嬉しいです。
22

【#507】「ありがとう」からくる心地良さを感じてくれたら(200703)

「ありがとう」と言うのが難しい、疑問に思う生徒は、「ありがとう」と言われた経験が少ないのかもしれない。
「ありがとう」と言われて気持ちいいとは思えないのかもしれない。
「ありがとう」と言われて、不気味に思っているのかもしれない。

返事は期待していない。
返事が当然とも思わない。
だけど、生徒の行動を見ていたら、「ありがとう」とは思わずにはいられない。

僕は「ありがとう」と言ってしまう。

言わ

もっとみる
力になります。励みなります。ヤッホーイ。ありがとうございます!
4

コロナ禍下での知的障害特別支援学校における教育活動に対する事前ニーズと事後評価の1事例

はじめに

このコロナ禍の中、先進的な学校は、子どもの学びを止めないために、「オンライン授業」や「動画配信」など、それこそ熊本市教育長さんのことばを借りれば、「できることからやる。できる範囲で工夫する。」で取り組んでこられました。

感染拡大が収束しつつあり、全国の緊急事態レベルも下がってきつつある今、そうした休校下の取り組みを振り返る試みも見られつつあります。コロナ禍においてもすばらしい取り組み

もっとみる
「スキ」ありがとうございます! 他の記事もよろしくお願いします!
4

いいおっさんが一人でぼちぼちやるプログラミング講座的な。

今日も隙間時間を見つけては、
テキストとにらめっこしながら
コードを打ち、実際の動きを確認する繰り返し。
おっさんがやるから時間はかかるし、
テキストの小さい文字は見づらいし、
コードごとによって色分けされてて目がチカチカするし、
まぁ、予想していたとは言えなかなか進まないですね。

でも、ちょっとおもしろくなってはきました。
子どもと一緒で自分が打ったコードで、実際のアプリ(シミュレーター)が動

もっとみる
シェアお願いします
17

お弁当にまつわるエトセトラ

長男は特別支援教諭をしている
口先では「金に教育を売っている男」を自称しているが
100人中98人が「ああ、やはりね」と納得しそうなほど
彼には適職のオーラがある

今は知的な障害の無い高校生を教えているのだが
以前自宅から通勤圏内の養護学校に勤務していたことがある
職員の給食には数に限りがあるので
給食にあり付けない先生もいる
長男が自宅から通勤していた一年間は
給食がなくお弁当持参だった

もっとみる
幸福であれ なのだ
24

たった2日ではマスターできず。マスターの道は一歩から。

「たった2日でマスターできる」
 「たった2日でマスターできるiPhoneアプリ開発集中講座」 藤 治仁他著、ソシム株式会社、2019.11
という一冊を手に昨日、今日の隙間時間で、一人で自学自習してみました。開発などはもちろんできませんが、一度体験してみたかったのです。
「2日でできる」とは当初から思っていませんでしたが、やっぱり40半ばの脳みそではなかなか進まないのが現実の悲しさ。まぁ、普段使

もっとみる
サンキュー
21

【特別連載】企業を活用した社会変革Ⅰ

*Special Olympicsとの出会い

2012年9月 私はシンガポール赴任になった。当時シンガポールの店舗数は7店舗、その内売上が大きい4店舗を任されることになっていた。見知らぬ国で不慣れな地下鉄とバスを乗り継ぎ、ようやく本部に到着した。既に他国への異動が決まっている営業責任者が引継ぎの為に出社していた。海外事業では良くある事だと思うが、1名の駐在員が複数部署を兼任することなど2000年

もっとみる

こだわりが強く、切り替え行動に時間がかかるダウン症の女の子の実例

ダウン症の性格行動特性として「こだわり」がある

我が園に通っている子供たちの中で、もっとも高い比率で多いのが「ダウン症」の子供たちです。ダウン症の子供たちは、皆、特徴的な顔つきをしていますね。くるんとした目、ぷくっとしたほっぺ、表情豊かでニコっと笑うと本当に可愛らしいですよね!今回は、園に通園しているダウン症の女の子Aちゃんの「こだわり」についてちょっとお話しようと思います。「こだわり」は自閉症

もっとみる
スキありがとうございます。
1

毎日の「見送り」に思うこと。

今週から勤務先は完全登校(そんな言葉あるのかしら?)、つまり、分散登校が終わり、登校を希望する生徒全員が登校している、という状態になった。

 先週に比べて、人数が倍になったので、朝の登下校・・・保護者の送迎、スクールバス、自力登校と、子ども達によってさまざまだが、もう、昇降口は小一時間、カオスになる。

 周りの先生方の見よう見まねで子どもたちを迎え、送り出し、そんな生活に少しずつ慣れてきた。名

もっとみる
読んでいただきありがとうございます
6