自己紹介

東京生まれ、東京育ちの30代、女性。職業はデザイナー。猫と食べる事が好き。モットーは『自分で決めた事には後悔しない!』後悔はするんですが(笑)、辞めたり諦めたりしないようにしてます。

noteを始めようと思ったのは、以下の事を書き留めておきたい&もし誰かの参考になれば良いな〜と思ったからです。
・軽度知的障害の夫と結婚
・子宮体ガン発症
・不妊治療の末に第一子を授かる
・障害のある夫とコロナの妊

もっとみる
スキありがとうございます!フォローして頂けると嬉しいです♪
19

遅れてきた新年度 コロナが息子に残した爪痕

6月になりました。

世間の流れに沿って、息子の通う幼稚園も、6月から休園が解除されました。

休園解除といってもいきなりもとのようには戻りません。
分散登園で、決められた日に、決められた時間、少人数のお友達との園生活を始めることになりました。

ちなみに息子は療育にも通っています。

療育の方は一足早く5月から、分散登園が始まっていました。

今日は、2月末の緊急事態宣言からはじまった、コロナ渦

もっとみる
私もスキ!!
11

自分だけが頼り ①

子どもが特別支援学校の高等部のとき、地震などの災害が起こったときのために、防災リュックなるものを準備して持っていくことになった。

着替え、食料、水、落ち着けるようなグッズなど一般的なもので、家の防災用品の中から彼の分だけを出して持っていった。

そのときに説明会があって、万が一災害が起こったとき、学校としてはどこまで生徒を守れるのかという話もあった。

当然だが、学校の先生だって家庭があるし自分

もっとみる
ありがとうございます!
8

自閉症児の妹に参っているというだけの話

ただの愚痴を書きたいように書いただけです。どうか少しだけ吐き出させてください。

私には三人の妹がいる。その中の一番下の妹は、軽度から中度辺りをふらふらしている知的レベルの障害を持った自閉症児だ。今年で支援学校の五年生になる。

我が家の裏は線路が通っていて、電車や貨物列車好きの妹にはたまらない作りだ。道路に面しているわけでもなく、よじ登ってしまえる高さの金網があるわけでもなく、妹は安心安全にそこ

もっとみる
これもきっと、なにかの縁かもしれませんね。あなたの心に彩りを。
1

感染症はコロナだけではない いつも危険はあなたのそばに

昨日は東京アラートが発動され、新型コロナウイルス感染予防に対する意識が、より一層深まる一日となりました。

新型コロナウイルスへの危機感は、日本ではもう3か月以上も高まっている状態です。
でも私はこれについて、ずっとひとつのモヤモヤを抱えていました。

危ない感染症はコロナだけではない

それは、危険な感染症は他にもいっぱいあるのに、なぜコロナにはみんなこんなに神経使って対策するのに、他の感染症に

もっとみる
うれしい!大好き!!
4

グループホームに求めすぎですか?

今回は、私が妹の入所しているグループホームでアルバイトをしていたことろのお話をしたいと思います。
自閉症の妹が入所しているグループホームは知的障害者専用のものです。私の勤務内容は夜間に女子棟の共有スペースに控えその都度異常があったら対処するという仕事でした。
グループホームの利用者の大半が妹より軽い症状の人ばかりだったので私は特に負担に感じたことはなかったのですが、日頃から他の職員に対しての不満が

もっとみる

継続は力なり

おはようございます。

早朝 5:00 に起床し 掃除 やら お洗濯 

を終わらせた今日、よい一日のスタートになりそう

だ、よっしよ〜し と ガッツポーズ。

毎朝、 こうやって ご機嫌に 活動ができ

やるべきことに取り組むことができれば

スキップしながら 仕事も ちゃちゃと

取り組むことができるはず。

と、朝日を浴びながら 強く思う、今朝

のーもんだい な アンジェ です。

私は

もっとみる
嬉しいなぁ〜ありがとうございます!
14

潜入!支援学校①できる子にも、できない子にも、なる。

全国的に学校が始まりました。
ムスメちゃんの支援学校も。今のところ楽しそうに通ってくれて嬉しいです。

突然ですが、
特別支援学校って、どんなイメージですか?

大変そう?

もしかして、かわいそう?

入学を考えるまでは、漠然と「障害のある子が行く学校」と思っていただけで、特にはっきりしたイメージもありませんでした。支援学校のバザーに行ったことはあるけど、要するに、大して考えたこともなかった。た

もっとみる
ありがとうございます!
14

自閉症の子どもを育てる ⑮

(注)
この文章を読もうと思われた方へ。
「自閉症の子どもを育てる」は私個人の過去の振り返りなので、何かを得てもらおうとか伝えたいとか考えていません。読む人の気持ちに配慮はしておりませんので、嫌な気持ちになられる方もあるかもしれません。
悪しからずご了承ください。(過去分はマガジンにまとめてあります)

二十歳になります

今年の秋、彼は二十歳の誕生日を迎える。

コミュニケーション能力は3歳、生

もっとみる
ありがとうございます!
5

人生に残された時間と睡眠薬で眠る親友の話

みなさんは、死を意識したことってありますか?

私はあります。

生活が一変した「あの日」

私は以前、交通事故にあったことがありました。

家族で近所の道を歩いていたら、突然飲酒運転の車にはねられました。

当時、今よりもっと幼かった息子は、目の前で母親が車にはねられ、夜の道路に横たわる一部始終を目撃しました。

そして、息子が少し前まで乗っていたベビーカーは、息子の目の前で宙を舞い、遠くへ飛ば

もっとみる
私もスキ!!
27