消費税軽減税率

簡易課税制度が全然簡易ではない件

コロナによる影響を最も受けているといっても過言ではない業種、飲食店。

今回はその飲食店を経営されている方向けに、消費税についてのお話しです。

昨年10月にスタートした複数税率により、事業者の方は少なからず経理処理が今までよりも煩雑になったことと思います。

その中でも飲食店の経理処理は、より煩雑になってしまいました。

それはなぜか!?

売上10%(店内飲食)

仕入8%(食材)、10%(お

もっとみる
ありがとうございます!!!

スーパーマーケットで全品10%引きのインパクトの大きさと言ったら凄いものがある。特売の日に限っては何処から人が湧いてくるのかというほど人がうじゃっぴき・・・私もその中の一人でもあるのだが皆好きだね。

スキありがとうございます
スキありがとうございます!

元大蔵省官僚(財務官僚)が語る財務省闇支配の内幕

ぜひ見ていただきたい動画があります。
元大蔵省官僚の高橋洋一氏が財務省の闇と権限の強大さを解説しています。

【DHC】2020/8/4(火) 百田尚樹×髙橋洋一×居島一平【虎ノ門ニュース】https://youtu.be/O4IsxneF5rI?t=4706

財務省の大きな権限①
予算編成権
→各省庁の概算要求に対して財務省が予算案の第一次原案を作る
→予算が欲しいために各省庁が言いなりに

もっとみる
スキありがとうございます!
1

居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算および繰越控除

所有期間が5年を超える居住用財産を譲渡し、別に、一定の居住用財産を取得した場合で、その譲渡について損失が生じているときは、その損失が生じた年の損益通算及び翌年以降3年間について譲渡損失の繰り越し控除が認められる。

<この特例を受けるための主な要件は下記のとおりである>

①譲渡する居住用財産は譲渡の年の1月1日時点での所有期間が5年を超えていること

②新たに居住用財産を取得すること

③新たに

もっとみる
♡ありがとうございます!

コロナ問題収束後に消費税15%に増税に向かう。IMF「消費税20%に引き上げ」提言

消費税率を2030年までに15%に、2050年には20%へ引き上げよ。IMF(国際通貨基金)が加盟各国の政府と毎年1回、経済の現状や経済政策などについて話し合う「4条協議」の報告書が2月に公表された。

国際通貨基金(IMF)は、日本経済に関する年次審査報告書に関し、新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大は「新たな景気へのリスク」と警戒感を示した。そして、高齢化による社会保障費の増大で、財政悪化が

もっとみる

今の日本政府の経済政策とは

トランプ大統領が新たな減税政策に踏み切るようでこれでまたNYダウが上がる気配がしてきました。

そうすると、東京市場にも+の効果が出てきますね。必然的に

ところ変わって政権与党の自民党の経済政策と言うと政策と言うのも恥ずかしいものなので+に働きかけないで大臣の失言や増税で−の作用しかしない事ばかりやっているのが実情である。

真似をしろとは言わないが、最低でも経済の事を考えて政策を立てる以上『減

もっとみる
スキボタンを押して頂き有難うございます。励みになります。
15

コロナで口紅やボトムスの売り上げ苦戦 消費は“見える部分”に

🔵コロナで口紅やボトムスの売り上げ苦戦 消費は“見える部分”に

⬛️テレワークの普及でビジネスフォーマルはどう変わるのか

新規感染者数は落ち着きはじめ、解放ムードが漂っている。

コロナ前の暮らしに戻りつつあるかといわれたら、答えはノー。

⏹️「元通りの暮らしができている」という人はいない

オフィス街に以前ほどの人は戻らず、少ない通行人はひとり残らずマスク姿。

すし詰めだった大都市の通

もっとみる

#統計データ No.5

前回の「統計データ No.4」に引き続き、「金融中央委員会」が運営している「知るぽると」というWebページを紹介します。(最終閲覧日2020/05/19)

前回を知らない方はこちらからどうぞ。('ω')ノ

今回は、刊行物について書きたいと思います。

というか、その前に「なぜ官公庁の資料紹介をしようと思ったのか?」ですが、理由は「せっかく税金払っていても、還元を受けない人が多い」気がしているか

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます
16

今さら軽減税率対象商品について解説

おはようございます。こんにちは。こんばんは。ゆいるーむのゆいです。

 事業者向けになっちゃうかも。ただ、一般の方が見てもわかるような内容になっていると思います。

 初ノートです。よろしくお願いします。

 軽減税率が適用されてから約半年が経ちましたが、会社の経理の方はどのように経理処理しているでしょうか。各税務署や税理士会、法人会が主催した説明会に参加した方も多いのではないでしょうか。軽減税率

もっとみる