この先も今の僕を好きでいるために、僕はこの先を進まなきゃ行けない気がした。



地元でちょっと死にかけた話。

No one can kill free will.

この先も今の僕を好きでいるために、僕はこの先を進まなきゃ行けない気がした。

なんでそれをやるのか?
そのときは面白いと思ったからやった。
それを続けたのは、続けた方がさらに面白くなると思ったからやった。
続けてみたら、自分がゴールだと思った場所はどんどん遠ざかっていって、いつの間にか続ける理由も考えなくな

もっとみる

「Joy at Work」を読了。
この本の目的は、デジタルデータや時間など、物理的にも非物理的などを片付けて、ときめく働き方を手に入れることである。なぜ片づけをすることで変わるのかを科学的データを基に徹底解説! #瞬読アウトプット #河出書房新社 #こんまり

嬉しいです!

いつかモルヒネが星に帰れますように

高校二年生の作者が書いた『星に帰れよ』を読んだ。

自分が高校二年生のときに考えていたことなんて、どうやったら肌がきれいになるかとかだったり、どうやったら楽して脚痩せが叶うかみたいなどうしようもないことしかなかった。

同じ高校二年生でも、ここまでの解像度で人を見て、そして言葉に落とし込んでいる筆者。純粋にこの頭と視点で高校生になりたかったなと思わされた。

もともと河出文庫が好きだった。他のどの

もっとみる

「ヒロシマ・モナムール」マルグリット・デュラス

詩的、あまりにも詩的な。

通常、映画の脚本には、見えるものが、書かれている。あるいは、目には見えない感情や意志が、行動や仕草、表情によって、可視化されている。段落が、区切られていれば、それはカットを変えることを示唆し、ト書きには、時と場所、見せたいものを書く。

そう思っていた。

「ヒロシマ・モナムール」は、どうか。

独白。
人は、こんなにも自己に対して、饒舌なのだろうかという疑問を愚問化す

もっとみる
良い一日になりますように!
6

さらに面白い小説を書くコツが分かる記事6選|小説の書き方/コツがわかる記事まとめ【2020年版】|monokaki編集部

「monokaki」では小説の書き方、おもしろい小説を書くコツなど、頭の中でくしゃくしゃになった原稿用紙をふたたび開き、物語の「つづき」に取り組みたくなる記事を提供してきました。特別編として全六回に渡って小説を書く際のコツやテクニックがわかる記事をまとめたものを公開します。

前回の記事はこちら。

最終回は小説をおもしろくする方法がわかる記事をお届けします。

オリジナリティとはなにか? ヒット

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「新人賞の懐」です。
42

『田渕由美子ベストセレクション』を推す。

田渕由美子さん。

陸奥A子さんと並んで
【りぼん乙女ちっく】
を象徴する漫画家さん。

わたしと同時期に少女だった
ある種の人たちにとっては
【神】と言っても過言ではない存在。

そんな田渕由美子さんの
【ベストセレクション】なるものを
今日書店さんの棚で見つけた。

3冊にまとまっている。

🔶おとめちっくラブストーリー編🔶
『クロッカス咲いたら』など収録。
385ページ。

🔶憧れのキ

もっとみる
ありがとうございます😆💕✨
1

書評|『浅草迄』北野武(河出書房新社)

俺の一番古い記憶といえば、母親におんぶされてネンネコ半纏から顔を覗かせ、洟を垂らしたほっぺたを近所のおばさんに撫ぜられ、「たけちゃんは誰の子?」と訊かれると、必ず「アメリカ人の!」と答えていたことだ。

河出書房新社の季刊文芸誌『文藝』2019年冬季号で発表され、文芸誌デビュー作となった「足立区島根町」で描かれているのは、幼少時から高校を卒業するまで。表題作「浅草迄」も『文藝』2020年夏季号が初

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。よろしければフォローお願いします
5

#読書の秋2020 河出書房新社様より優秀賞を頂きました!

一昨年より、別の場所も含め、自分の大好きな作品(本・映画・ドラマ・マンガ・音楽等)について書くということをしてきました。

自分の思っていることを書くのはとても楽しく、達成感もありました。
しかし、思ったことを本当にそのまま熱く書いているため、気恥ずかしさなどもあり、このような文章を書いていることを周囲の人には話していません。
そのため、自分の書いていることが文章的に理解されるものになっているか、

もっとみる

#読書の秋2020で2つの賞をいただきました!

こんにちは。先程発表があった通り、#読書の秋2020で2つの賞をいただきました....!大変嬉しいです。ありがとうございました。

1つはKADOKAWA様から

もう1つは河出書房新社様から

実はこの本の感想は2回書いていて

メールがきたときには、受賞した喜び以上に「どの本の感想文が入賞したのか」というドキドキが大きかったです。(複数の作品の感想を書いたので)
URLをクリックする瞬間になぜ

もっとみる
ニューノーマルとは
76