すべての汗よ報われろ。

昨日の記憶が部分的にない。

それくらいきつい稽古だったのだ。

でも、実際トップ選手の練習量の半分以下。

同じ人間とは思えないよ。

心臓が爆発しそうなくらい動いて
ゾンビのような状態で水を飲む

少し休んで、心臓を爆発させにいく。

「心臓を捧げよ!」

心の中で叫んでみた。

心の叫びは虚しくこだまするだけで
横隔膜の痛みは激しさを増す。

「自分に甘えるなぁー!!」

親友兼師範の明るい

もっとみる
わっひゃっひゃ!ありがありがありがとおおおおおおおおお!
1

ビジネスパーソンのための「肚・丹田」についての「学びと実践」の軌跡シリーズ〜その1〜

はじめに

昨日で全3回のオンラインプログラムが終了しました。
どんな内容かというと、「肚の叡智」を学ぶというもの。
 
こちらです。

いや、そんな突然「肚」と言われましても・・・。
という声が聴こえてきそうなので補足をしますと、
 
肚は、「はら」と呼びます。
 
腹と読みは同じですが、腹が胃のあたりを指すのに対して
肚は、特定の部位だけではなくその周辺も含んだ範囲のことを指しているイメージを

もっとみる
励みになります!!
2

忍者と戦ってみた話

その昔、 古武道(忍術)を使う人と 一緒に練習をしていたことがあります。

忍者とは、強いのか?

私が一緒に練習していた、「武神館」の 忍者は、体術がすごく洗練されていて強かったです。

キックボクシングの試合に出ている現役の選手でありブラジリアン柔術もやっている 私の攻撃を、難なくかわして簡単に投げ飛ばしてしまうぐらいの技術がありました。

そして、その忍術をやってる人が言うには、

「忍者は

もっとみる
嬉しいです☆
65

自宅で空手の稽古!の疑問点

初回の記事で

「一緒に稽古をし、同時に空手の基本的な知識まで身に付けられる内容をお届けしていきます。」

とお伝えしました。

そこで疑問も出てきますよね?

自分でテキストや画像を見ながら稽古をするって、空手の本を買って自分で練習するのと同じでしょ!と。

安心してください。画像やテキストだけでは良くわからない。自分で稽古を続けているけど、うまく出来ているのか否かの判断が出来ない。

初心者な

もっとみる
ご興味を持って頂きありがとうございます!
1

沖縄空手の基本講座を始める前に

この度は私の記事をお読み頂き、誠にありがとうございます。
簡単ではありますが最初に自己紹介をさせて下さい。

佐野一郎と申します。
沖縄県出身で11歳から空手を習い始めました。当時、「ジャッキー・チェン」ブームで、私が空手を始めたのはジャッキー・チェンへの憧れもありました。

実際に習い始めるきっかけとなったのは、自宅の近所の空手道場に弟が通い始めた事でした。
当時私は野球をやっていましたが、弟は

もっとみる
宜しくお願いします。
2

天才小次郎の唯一の汚点

「恐ろしい」

武蔵は、全身が強張って身動きが出来なくなってしまった。

小次郎は、目の前で見た「つばめ返し」の技を私との試合に使うに違いない。

彼は、私の太刀よりはるかに長い太刀で、遠い間合いから攻撃をしかけてくる。

相手が、遠い距離から仕掛けてこられると、こちらでは、明らかに届かないと分かっていても、今までに経験したことのない長さの太刀であることが頭に刷り込まれているので体が勝手に反応して

もっとみる
本当に嬉しいです!ありがとうございます。
13

「スクワット」と「四股踏み」の違い

岡山太極拳会ではスクワットは推奨していません。私達が練習している伝統武術とスクワットは、相性が悪いように感じているからです。

私の武術は、主に「座る」練習を行います。心身を脱力させ、身体内部の重心を落とし、立ったまま「座ったリラックス状態」を作りだしていきます。

この状態を作り出せると、地面(地球)と重力を味方につけ、自分の筋力以上の力を発揮できるようになります。(スピリチュアル的な意味ではな

もっとみる
スキありがとうございます!宜しければシェアもして頂けたら嬉しいです。
9

【薩摩忍者エッセイ】知らない手裏剣と海外で会う忍者【リアル忍者系Vtuber】

おはようございます。

 コロナ禍と2020年9月7日に起きた10号台風の影響で実入りの良い仕事がさらに少なくなってきた鹿児島です。(かなりヤバい状況です。正社員も含めて絶賛お仕事募集中です。)

 今まではYouTubeに【薩摩忍者ラジオ】として投稿してきた部類の内容を、余りにも余りにも(強調!)見られないことからしばらく【薩摩忍者エッセイ】としてこちらに書いてみる事にしました。
       

もっとみる
スキありがとうございます!イクラとしらすのパスタをどうぞ♡
9

「狂武蔵」はすごかった。

少し前になるのですが、「狂武蔵」という映画を観てきました。

映画「キングダム」で異彩を放っていた坂口拓主演というだけで観ない理由がないのですが、この作品は「77分間ワンカメラの殺陣」という前代未聞の企画で作られています。ちなみにこの映画、上映時間91分です。つまり殺陣のカット以外は14分しかありません。ということは、ずっと同じ様なチャンバラシーンを観せられるという、完全に観る人を選ぶ作品というこ

もっとみる