「REGENERATION 銃弾のスラム 再生の記録」 (NHKスペシャル ドキュメンタリー)

「REGENERATION 銃弾のスラム 再生の記録」 (NHKスペシャル ドキュメンタリー)

世界でも殺人事件が多発するエリア、危険なギャングの縄張りにカメラが潜入する。南アフリカ・ケープタウン。数十ものギャングが抗争を繰り返すスラムに一人通い続ける、牧師のアンディ・スティールスミス。極度の貧困から犯罪に手を染めるギャングたちの更生を模索してきた。パンデミックを逆手に取り、ある巨大ギャングの幹部の更生に乗り出すが、抗争の激化で幹部の男の身に危険が迫っていた。知られざる人間再生の物語。 (公式HPより引用) 興味本位で録画して見たが、非常に興味深いドキュメンタリーだっ

僕が実名や組織名を公表する理由

僕が実名や組織名を公表する理由

僕が実名や組織名を公表するのは被害者の権利だと思うからです 公表された人達は僕の動きを予想してなかったと思います 何故かって僕が孤独で孤立して精神障害者という弱者だと思い込んでいるからです 僕からの攻撃はないと思ってたはずです 実名や組織名の公表は精神障害者である弱者を苦しめれば苦しむのを理解して僕に暴力を振るい、パワハラを行ったからです 確信犯なのです 僕が苦しむ事を知ってて苦しめるは確信犯です だから僕は実名も組織名を公表したのです 被害者である僕は実名を

スキ
1
9月15日:非行少年の学び舎づくりを検討中。

9月15日:非行少年の学び舎づくりを検討中。

おはようございます。 4月にAmazonで買ったワイヤレスイヤホンが壊れて困っている安部です。 #Amazonchoiceだったのに  #所詮3000円台  #ちゃんとしたの買え  さて今日は昨日のこの↓ツイートについて。 1)へいなかの現状退職以来、少しずつ相談が来ます。 少年院出身の子やその保護者から。 それはまだまだ件数としては少ないし、そもそもお金を取れる状況でもない。要するに、仕事と呼べるものではない。 でも Twitterでの実名公表以後その傾向は強

スキ
10
少年法 無知にならざるを得ない青少年 全能感を放置する教育 未成年の暴走

少年法 無知にならざるを得ない青少年 全能感を放置する教育 未成年の暴走

『イジメ』という形で、子供から大人まで競争という名の暴力が横行している現代社会。 手本になるべき立場の大人まで生き方を見失い、未成年者の果てなき暴走は続きます。 一定年齢以内の未成年者が、犯罪を起こした場合に関係してくる法律が、『少年法』です。 昭和23年7月15日に定められた少年法は、本来、戦後の貧困にあえぐ国民が、飢えをしのぐために行う犯罪から、青少年を保護・更生させることを目的として、定められたものです。 空爆に巻き込まれ、孤児になった青少年は、善悪の基準がまだ

人を選んで付き合うというのがよくわからないけど。

人を選んで付き合うというのがよくわからないけど。

※あくまで個人の見解です。 モラハラ元カノが私に言いたかったのは、『人を選んで付き合え』と言うことだけど。 人を選んで付き合うというのが私にはよくわからん。 が、 犯罪歴が何度もあり、きちんと更生して生きるどころか、犯罪自慢したりだとか 自分の言うことを聞かせようとしてきたりだとか 一方的にしつこく攻撃してくる人は、もう治らないから、自分を守るために関わらないようにしようと思った。 こちらに非がないのに攻撃されて、本当に解せない。 貧乏で問題のある家庭環境で育ったり、中

スキ
15
今は、恐怖支配から抜け出して、
本当の自分を取り戻して、更に、生きていく時代です。

逃げることや離れること、自分が嫌なら、
そして何も悪いことをしていないのなら、
堂々と逃げて離れれば良いのです。

今は、恐怖支配から抜け出して、 本当の自分を取り戻して、更に、生きていく時代です。 逃げることや離れること、自分が嫌なら、 そして何も悪いことをしていないのなら、 堂々と逃げて離れれば良いのです。

スキ
1
リード文100本ノック#22―Chikirinの日記

リード文100本ノック#22―Chikirinの日記

リード文をすらすら書けたらいいなあという思いではじめた、リード文を模写してみる週1企画。もはや最初の企図からは脱線してただの写経に戻っています。 今日は社会派ブロガー、ちきりんさんのブログです。ちきりんさんの存在は知っていたものの、最初によく知る入り口となったのはvoicyでした。有料課金はまだしてないのですが(すみません)、比較的最初の頃から聞いていたのと、無料のものは9割くらい聞いています。 今回ブログを読んでみたのですが、ブログもおもしろいですね。特に1つ目の記事は

スキ
1
8月19日:けじめをつけないと先に進めない性分

8月19日:けじめをつけないと先に進めない性分

おはようございます。 ただいま8月20日です。これから1日分だけ時を戻して昨日の自分として記事を書きます。 1)嬉しい報告をもらいました。昨晩、Twitterで1件のメッセージリクエストが届きました。 名字しかないアカウント名、写真もなしの送り主。でも…その名字を見ただけでそれが誰なのか、僕には一瞬で分かりました。 そのメッセージの送り主は、僕の元教え子。法務教官としてまだまだ駆け出しの頃に担任した生徒の一人。出院後、残念ながらもう一度少年院に入ってしまったけれど、指

スキ
26
'95 till Infinity 159

'95 till Infinity 159

⇒ '95 till Infinity 目次は こちら 。

スキ
11
自己紹介

自己紹介

皆さん初めまして^_^ 私の事を軽く紹介します。 関東の、田んぼに囲まれた田舎で生まれ育ち現在25歳です。 少年時代 逮捕4回 鑑別所3回 少年院2回という10代後半は捕まってばかりの人生でした。 そんな私も起業してから3年目を迎え、年商1億円の会社を2年目で達成しました。 薬物、監禁、暴走、恐喝、ヤクザ、家庭崩壊、かなり壮絶な人生を送ってきました。 社会から干されても当然の私が更生し、ここまで成長する事ができたストーリーを幼少期から振り返って記事にしたいと思いま

スキ
8